夏来

マイ・ファニー・レディの夏来のレビュー・感想・評価

マイ・ファニー・レディ(2014年製作の映画)
3.4
胸キュン必須♡ロマンチック・ラブコメディを想像してアイドル・ステップで観に来たら、新喜劇だったよっていう。ベッタベタの予定調和すぎるかなっていうくらいの展開の数々に、監督が意図したとおりたくさん笑いました。とってもとっても、黄金時代な映画です。

コール・ガールだった女の子が、ひょんなことから女優デビューするまでのお話。邦題が狙ったのは勿論「マイ・フェア・レディ」なんだろうけど、それよりもずっと、男性任せのシンデレラ・ストーリーではないというか、頑張るヒロイン!という感じでした。
もう百万回言われてることで今更なんですけど、この頑張るヒロインことイモージェン・プーツちゃんがね、とにかく愛くるしい。こんなにハッピーで屈託がなくて、しかも下品ではない女優さんって最近あんまり見ないタイプ。癖強めのアーティストタイプか、影のある超絶美形がここ数年多かったじゃないですか。これは流行っちゃうなー。

何で例えればいいのかな、オー!マイキー!の元ネタみたいな、ベタ過ぎるアメリカン・ホームコメディあるじゃないですか、金曜日の19時とかに教育テレビでやっていたアレ、あの笑わせ方なんですよ。思春期には「ケッ」って思ってたであろう、あの笑い。大人になると、わりと良いもんですね。癒されました。オチのキマリ方も映画好きには嬉しいファン・サービス。
会場全体が割といい大人だったのもあると思うんですけど、打ち合わせしてるのかな?ってくらい皆さんいいとこで笑うんですよね。憚らないね。劇場慣れしてる大人の嗜みってやつですか?痺れちゃうね。
リスを胡桃に!