ちくわ

ズートピアのちくわのレビュー・感想・評価

ズートピア(2016年製作の映画)
5.0
差別に反対という強い信念を持っていても人の心には偏見が潜在する、その偏見が浮き彫りになってしまうあの記者会見のシーンがとにかく恐ろしい。しかも映像だけみると可愛いうさぎさん達がやいのやいのしてるだけというその対比が更に恐ろしさに拍車をかけてきてるという…
差別や偏見をしてしまったジュディに対して手を差し伸べてあげる懐の大きさをもったニックがまぁ素敵な男で、ラストの二人の会話が「差別なんて笑い飛ばせ!」とばかりで、差別される側にもしてしまった側にも優しい粋な映画だった。恐ろしさと優しさの高低差よ。
個人的に、ツイッターでの差別発言を掘られたジェームズ・ガン監督が、一度はディズニーに愛想つかされたものの手を差し伸べたあの一件がこの映画と重なって、作品と経営理念(?)が一致しててやっぱりディズニーだな!と勝手に感心しているところがある。