モアナと伝説の海の作品情報・感想・評価

モアナと伝説の海2016年製作の映画)

Moana

上映日:2017年03月10日

製作国:

上映時間:107分

3.8

あらすじ

数々の伝説が残る南太平洋の大きな島で育ったモアナは、幼い頃に海と “ある出会い” をしたことから、海に選ばれる。そして16歳になったとき、運命に導かれるように “禁じられた” 海へ旅立つが―。

「モアナと伝説の海」に投稿された感想・評価

Hirona

Hironaの感想・評価

4.5
ディズニー!!!!!ってかんじでさいこうだった!
ラプンツェルぶりにサントラ買おうかな!
Ayumi

Ayumiの感想・評価

2.9
結末覚えてないレベル、、、
歌は良かった。
ひつじ

ひつじの感想・評価

3.2
ハワイでみた
水と髪の毛がすごい
u

uの感想・評価

3.5
歌が好き。
COCO

COCOの感想・評価

4.0
テフティをみてたらショートムービーの『南の島のラブソング』を思い出しました。

日の当たる海も、夜の海も光の演出がとっても綺麗!!!

エイの登場シーンは涙が出ます。
テーマは「自分らしく」だろうか。集団規範やしきたりに囚われて自分を押し殺している人、体裁を気にして上部を飾る人、肩書きや所有物に自分らしさを見出そうとする人。誰もに本当の意味で自分らしく生きることを後押ししてくれる映画だと感じた。

主人公のモアナは、外の世界への憧れを捨て切れず冒険を夢見る少女である。同時に、優れたリーダーの素質を持つ村長であり、航海に出れば果敢に物事をこなす。極めて自立心の強い女性として描かれていることが分かる。思えば初期のディズニープリンセスは、シンデレラや「眠れる森の美女」のオーロラ姫のような「王子様迎えに来て…」という待ちのスタイルだった。それが、モアナのような冒険に憧れを抱く自立した女性像が中心に据えられるようになった。ここにジェンダー観の変化の反映が見て取れる。ジェンダーだけでなく、近年は特にダイバーシティなどの社会的なメッセージ性を意識した作品が多い印象だが、時代を反映する鏡としてディズニー映画を見直してみると面白いかもしれない。
けいた

けいたの感想・評価

3.8
ふつうにストーリー好きなやつ
ちょいちょい小ネタ挟んでくるのいい!
MIHO

MIHOの感想・評価

4.0
記録用
海の絵が綺麗!!!!
Lisa

Lisaの感想・評価

4.3
もう王子様なんていらない、新時代のプリンセス。
>|