モアナと伝説の海の作品情報・感想・評価

モアナと伝説の海2016年製作の映画)

Moana

上映日:2017年03月10日

製作国:

上映時間:107分

3.8

あらすじ

数々の伝説が残る南太平洋の大きな島で育ったモアナは、幼い頃に海と “ある出会い” をしたことから、海に選ばれる。そして16歳になったとき、運命に導かれるように “禁じられた” 海へ旅立つが―。

「モアナと伝説の海」に投稿された感想・評価

リーダーの素質のある強い女性だけど、外見も中身も女性的な可愛らしさがあるのはすごくいいと思う。

内容は可もなく不可もなくという感じであまり残るものはないけど、モアナの歌う曲が耳に心地良くて好き。
海めっちゃ綺麗
めっちゃ海やん……
子供向けだね。
S

Sの感想・評価

4.0
🎬🍿♠️♥️
弦

弦の感想・評価

2.5
南の島と大海原を舞台に描いた長編アニメーション。ロン・クレメンツ&ジョン・マスカーが監督を務め、海を愛する美しい少女モアナが、島の危機を救うために冒険を繰り広げる。かつて世界を生んだ命の女神テ・フィティの心が、伝説の英雄と言われたマウイによって盗まれ、世界に闇が生まれた。それから1000年にわたり、モアナの生まれ育った島モトゥヌイでは、外洋に出ることが禁じられていた。そんなある時、島で作物や魚たちに異変が発生。海の不思議な力に選ばれた少女モアナは、いまもどこかで生きているマウイを探し出し、テ・フィティの心を元あった場所に戻すことができれば世界を救えると知り、父親の反対を押し切り大海原に旅立つ。

内容は、別に好きではなかった。ブィランが微妙でした、ディズニー映画は、ブィランが恐ろしくて、それを主人公が倒すって言うのが良いのに、この作品は、ブィランに恐ろしさがなかったので、倒した時の達成感がなかった。

演技は、ドウェイン・ジョンソンは相変わらず良い。渋い感じは良かったが、マウイに合っていないように感じました。

映像は、流石、進化し続けるディズニー映画だなと思いました。海のCGは、綺麗で、キャラクターもそれほど浮いてなかったのが良かった。
美しい映像だった。手足がポッチャリ太いヒロインは新鮮で可愛らしかった。
タトゥーが動くのが面白い。ディズニーらしく楽しい映画。
>|