ルイの9番目の人生の作品情報・感想・評価

ルイの9番目の人生2015年製作の映画)

The 9th Life of Louis Drax

上映日:2018年01月20日

製作国:

上映時間:108分

ジャンル:

3.5

あらすじ

愛らしくて賢い少年ルイ・ドラックスの人生は、まるで何かに呪われたようだった。ひどい難産の末にこの世に生を受けたルイは、それから毎年必ず危険な事故に遭い、幾度となく生死の境をさまよってきたのだ。そして9歳の誕生日に海辺の崖から転落した彼は、奇跡的に命を取り留めたものの意識不明の重体に陥ってしまう。担当医のパスカルは昏睡状態のルイを救うためにあらゆる手を尽くすが、父親ピーターは行方不明となり、母親ナ…

愛らしくて賢い少年ルイ・ドラックスの人生は、まるで何かに呪われたようだった。ひどい難産の末にこの世に生を受けたルイは、それから毎年必ず危険な事故に遭い、幾度となく生死の境をさまよってきたのだ。そして9歳の誕生日に海辺の崖から転落した彼は、奇跡的に命を取り留めたものの意識不明の重体に陥ってしまう。担当医のパスカルは昏睡状態のルイを救うためにあらゆる手を尽くすが、父親ピーターは行方不明となり、母親ナタリーのもとには差出人不明の警告文が届く。さらにパスカルも恐ろしい悪夢にうなされ、ルイの身近な人々や関係者に次々と不可解な出来事が降りかかる。

「ルイの9番目の人生」に投稿された感想・評価

父子モノがダメなんでね...面白かった。
ゾンビ

ゾンビの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

ダークファンタジーです。
最後に思うのはただ、ピーターが可愛そう。疑って済まなかった。
前半でナタリーは危険な女だときづきましたが、その通りに騙される男にイライラしました。お堅い先生だと信じていたのに。
ナタリーは本当に危険な女です。虚言癖の精神病を患っているからだけではないと思う。男性に観て学んでほしい。
父の深い愛。
父親の定義ってなんなんだろうなと考えさせられました。
病院のシーツだったり、白衣だったりと白い箇所に字幕が被るので観にくかったです(笑) 予想に反していま一つでした。個人的には特にカウンセリングシーンが退屈に感じました。
moe

moeの感想・評価

4.0
高い岸壁から落ちた9歳の少年、昏睡状態に。。
行方知らずの父親が突き落としたのではないか?母親は必死に息子の看病に。
昏睡状態の間に少年は夢をみる。怪物が出てきたり、優しい父親のことや美しい母親のこと。セラピーの先生とかハムスター。

途中『もう〜先生!しっかりして!』ってなったり、なんだか思わぬ展開に!

子供にとって血の繋がりとか関係なくて、愛なんだ。って。当たり前なんだけど、、、。
心を揺れ動かす強いメッセージみたいなのを感じました。。
涙が溢れて泣きました😭
haru

haruの感想・評価

4.0
家一軒分より、町全体より、海の魚全部よりデカい愛!

ルイは幼い頃から何度も死にかけ、今回は誕生日に崖から落ちて植物状態。ルイの担当医のパスカルは、ルイの事故を不審に思い調べ始める。

ルイに何が起こったか?はわりと序盤で察しがつきますので、本作にミステリー要素はあまり期待しない方が良いです。警察が無能すぎますが、ファンタジーなので問題なし。アジャだけど痛くないし、ホラーではありません。というかコレ、心温まる愛の話です。最後なんかもうやめてくれというくらい、泣かせにきます。私の大好きな「怪物はささやく」に似てますが、パスカル先生がちょっとかわいそうなので-0.5点。
ルイがポスターより可愛く、ママが宇宙一美人です。でもパパがいちばん素敵です。

このレビューはネタバレを含みます

血のつながりのない父と子の愛 的な話がそもそも好きなので高評価
ぎり涙は堪えた
海

海の感想・評価

4.4
単純に簡単に感動したってそりゃあ言いたくはないけれど、ルイは不幸な少年なのかと聞かれたら、絶対にそうじゃないとわたしは答えたい。
この映画はすれ違う家族や上手く愛し愛される事ができない人たちの苦悩や悲しみ、問題を描いているのかもしれない。でもわたしは、9度目に生まれたルイの、その時きっと手にしていたものすべてに、残ったもののすべてに、彼が伝えたかった本当のメッセージを感じる。
わたしたちがどんなにそう感じても、ルイは絶対にルイ自身の人生を、「悲劇」とは呼ばないだろう。

ルイ、いつか君が目を覚ます時も、きっとそばに居る。君はついに、自分を守るために使っていたラッキーを、今度こそ本当のラッキーのために使える。特別な子だから、こんなにも賢くいい子だから、言わなくてもきっと分かっているだろうけど、ママの事もパパの事も、愛していていい。変わらなくていい。これから誰がかけてくるどんな言葉も、君が選んで意味を込めていていい。
脳と魂は別のもの?きっとそう、君の中で、愛がいつも揺るがなかったみたいに。上手く愛してやれなくても、変わらず君は愛してくれていたみたいに。
大好きだよ。家一軒より。町全体より。海の全部の魚よりも。ハッピーバースデー、9歳のルイへ、生まれてきてくれてありがとう。

2018/8/14

ルイの発言や行動から見つけられる、'ルイの見ている独特なリズムをした特別な世界'に、最初からこんなにもたくさんのヒントがあった。わたしは割と序盤から黒幕には気づいてたけど、ルイの心情や彼の紡いできた家族の絆の奥深さにはやっぱりラストまで驚かされた。子供ってすごいし、大人の世界は狭い。高いところから物が見えるようになった分、ルイのように細かく丁寧に色んな事を'知っている'事ができなくなってしまうんだろう。大人大人というけど、ある意味子供より子供のわけで、わたしはこんな大人にだけは変わりたくないなと思った。
ファンタジーかと思えばサスペンスだったりホラーっぽかったり、そして確かな良い余韻が待っていて、新しい感じ。好きだった。想像の50倍良かったな。
MaoKomatsu

MaoKomatsuの感想・評価

3.5
まさかの結末で面白かった
>|