Samsara(原題)の作品情報・感想・評価

「Samsara(原題)」に投稿された感想・評価

まさ

まさの感想・評価

5.0
近年、私のオールタイムベストに君臨しているロン・フリック監督の大傑作ドキュメンタリー。

5年をかけ世界25カ国の知られざる世界を全編70mmフィルムにて撮影されており、圧巻の映像美を堪能できる芸術映画となっています。

まずはじめに、この映画はセリフ、ナレーション等一切ありません。また、内容を理解するために必要な文字等も出てきません。よって、映し出される映像と音楽のみで構成されています。

この映画で映し出されるもの…それは世界各国の知られざる風景だったり、あらゆる民族、ときにはハッと驚くような光景です。

まず風景ですが、非常に美しい。普通に暮らしてる上では滅多に出会うことのない映像となっていて、世界奥地の大自然が広がります。例えば、ファンタジー映画の超大作にあるようなCGの映像に近いものも出てきますが、こちらはリアルな現実です。この映画の前半は美しいこのような風景が多数出てきます。

次に、ロン・フリック監督の撮影について少し書きたいと思います。この映画に映し出される映像には、至って普通の場面が多数あります。例えば、ある工場の場面で、従業員がアイロンを組み立てるシーン。普通に一からアイロンを組み立てるだけなんですが、撮影の仕方、編集(映像の早送り)等でとても芸術的な映像に見えるようになってます。物凄いカッコイイ映像で、この映画の中盤等は多数このような映像を占めています。

風景が美しい、映像がカッコイイ、芸術的等と書いてきましたが、この映画では人間という生き物の深い根底の部分(負の部分)も描かれる。言ってみれば光も映すけど闇も映すみたいな感じです。例えば、赤ちゃんが映しだされ、「あ〜、かわいいな〜」っと思った次の瞬間、ゾッとするような驚くシーンがあったりします。また、発展してる大都市の場面と、貧しい生活をしている人達がゴミをあさってたりする場面等の対比もあります。さらに、人間の根底にある欲も映す。あるスーパーマーケットで、人々は大量の肉等の食料をまとめ買いするシーン(日本だと考えられない量のまとめ買い)があるんですが、そのシーンの後にその買い物の結果、大食いした人間は”こうなる”みたいなグロいシーンもあります。その他には生きてるニワトリを人間が”食べる”ために食料に加工するシーンもやばい。豚も同様。極めつけに一番考えさせられたのは、拳銃について。工場で拳銃を作るシーンを映していき、その次に工場で大量の銃弾を作っていく。そして完成した拳銃を持って生活する人達を映していき、その次のシーン……戦争の犠牲者を映すのです。

この映画は監督のメッセージが嫌でも伝わってきます。それには、セリフ等はいらない、映像と音だけで十分なんですよ。たしかに美しいシーンが多数あり惚れ惚れしてしまうが、人間の世界はそれだけじゃない、腐った部分が多数ある。非常に考えさせられましたね。

冒頭でも書いたとおり、世界25カ国で撮影されているので、この映画を観ると世界中を旅している感覚になります。観た人は、”この場所に行ってみたい”と思う人も出てくると思います。なのでこの映画を観ると素晴らしい映像体験ができるんです。

今後もこの映画は私のオールタイムベストに君臨し続けることになるかもしれません。それほど、私にとって傑作です。ただ、国内版のBlu-rayがないのが唯一の残念ですね。しかし、セリフ、ナレーション等一切ないので、海外版Blu-rayで問題なく楽しめるのが救いです。Amazonで安くBlu-rayを購入できるので興味ある人は検討してみてもいいかもしれません。また、YouTubeなどで少し映像が観れます。

いろいろ書きましたが、70mmフィルムで撮影された美しい映画です。素晴らしい映像体験ができると思います。興味ある方は是非ご覧になってみてください。
全人類必見😭💦スーパークラシック😭💦
おそらくこの映画に使われたワンシーンでも他の作品で使われていれば、その作品を決定づけるカットになってしまうと思う。
それだけ撮影が圧倒的。もし「世界を写した映画」があるとすればこの作品になるのかもしれない。
言葉による場面の説明や着色を完全に廃した事によって、目の前に浮かび上がる情景。この映画はきっと観た人によって映るものが変わってくる鏡のような作品なのかもしれない。
本当に凄い作品。
Ramy

Ramyの感想・評価

5.0
これが5.0じゃないなら、飛び降りるわ
地球はなんて不思議な場所なんだと感じさせてくれる映画です。一応ドキュメンタリーで5年かけて25カ国で撮影されたそうですが、よくドキュメンタリーである「語り手」が存在せず映像のみで語る作品で、逆にナレーションが無い事で観る側に考える余地を与えてくれます。日本で劇場公開されなかったのは残念ですが、輸入盤ブルーレイを取り寄せる価値はあると思います。
Ayano

Ayanoの感想・評価

5.0
美しすぎる
ryuji

ryujiの感想・評価

4.8
世界、現代、現実!
25ヶ国の神秘!
兎に角、映像美が凄まじくカメラ割りから構図まで一連の美しさとリアリティ。
とても映画的でドキュメンタリーという言葉だけでは表現に不備がある程の良作!
兎に角、真理でメッセージの塊。
あいう

あいうの感想・評価

4.8
見たことあるものも多かったはずなのに、目が離せなかった
しのの

しののの感想・評価

4.9
これまで観たあらゆる映像の中で一番美しい。
言葉を全く使っていないのに、そのメッセージ性に圧倒される。
>|