あなたとのキスまでの距離の作品情報・感想・評価

あなたとのキスまでの距離2013年製作の映画)

Breathe In

製作国:

上映時間:98分

3.2

あらすじ

チェロ奏者になる夢を捨てきれない音楽教師キースは、妻と娘の3人暮らし。ある日、英国人留学生ソフィーを預かることになり、彼女のピアノの才能に気付き...。

「あなたとのキスまでの距離」に投稿された感想・評価

Chisato

Chisatoの感想・評価

1.4
自分も10年後あーなってしまうのかもという恐怖が...
無計画と言われればそれまでなんだけどね
はる

はるの感想・評価

3.0
レンタル
いがみ合いの中だから
ちょっぴりキレイに見えた恋だったけど
実際問題ただの浮気。。。
娘からすると父の一番見たくない
シーンと言っても過言ではない
気がする。
ひでG

ひでGの感想・評価

3.9
たまに無性に恋愛映画が観たくなる。
オヤジの失った過去へのノスタルジーなのかな😅

ときめくあの感情を恋愛映画は僕たちに思い出させてくれる。→オヤジきもい?すまん☺️

特に本作のようなきちんと作ってある作品は。

いや〜めちゃくちゃドキドキしたよ、
こりゃあ、反則だよ〜
だって、フェリシシティ・ジョーンズがホームスティだよ!
音楽家の元に、ピアノの天才だょ😄

この映画は恋愛の初期の微妙な感情をとても細やかに丁寧に描いている。

視線が合う、微笑む、
ちょっとタメ語が混じる、
視線がまた合い、不自然にずらす、
一緒にいる時間が増える、
ゆっくり会話する、沈黙でも饒舌な瞳、
指先を見つめる、触れる、
その手が髪に、、、

と書くだけで、ドキドキしちゃう〜

こーゆー細かい描写ができずにすぐやっちゃう映画が多い中、
恋愛行為がとてもよく描けていると思う。

さらにこの映画が優れているのは、もう一つのギリギリの感情。
「一つを取ることで残りの全てを失う」という究極の選択を迫られるということ。
そのなんとも言えない無常感。

奥さんに不満がないわけではない、
でも、愛しているし、一人娘は可愛いに決まってる。

でも、それを捨てざる負えない選択に迫られるのだ。
だって、フェリシティ・ジョーンズだよ!

恋愛は切ないね。
どっちを選んでも切ないね。

そーゆー「絶対的な切なさ」が描けているんだな。

結末も、あのやり方が余計に無常感が膨らむ。ここではあえて省略を生かし、描かないことで、悲しみや切なさを十二分に伝えることができている。

スコアはなぜか低いけど、とても優れた恋愛映画だと思いました。
実際の恋愛でありそうな話。

何よりソフィーがエロい。

これ女性が見たら最低とかなるんだろうけど、実際あんな可愛い子来たら悶々とするわ誰でも。
ドレイク・ドレマス監督!スゲェな!
この役者らと極力セリフを抑えた演出、そして素晴らしい脚本!
夢を諦めない男性は、どこにでも居る訳ではないが居て欲しい存在だ。
カイル・マクラクランではないのか、あのBBQ焼いてたの...
evey

eveyの感想・評価

2.0

このレビューはネタバレを含みます

イギリスからアメリカへやって来た交換留学生が、ホームステイ先の家庭を崩壊させた挙句、何事もなかったかのようにその家族が取り繕う作品。
まず日本版のパッケージが嫌。メロドラちっくな邦題とカバー写真が、2人の恋を美しく魅せようとしていて悪意を感じる。いくら可愛いファリシティが演じるとはいえ、ソフィーという女は許せない。あの誘惑するような言動とお涙、悪女でしかない。ヒロインぽくしてるけど全然違うし、被害者は奥さんと娘だから。ガイピアースもコソコソ逃げるような男を演じて残念だが、いくら俳優陣が良くても2人の恋に同情は出来ない。
hb

hbの感想・評価

5.0
凄くいい❣️
ドキドキする。
なつん

なつんの感想・評価

2.1
ガイ・ピアースがこんなにかっこよくてフェリシティ・ジョーンズがあんなにチャーミングなのに、プロットがつまらなすぎて絶句。ただ期待しすぎました。ローレンの悲痛な表情に心が潰れそうになった。
これを純愛映画だとカテゴライズするのは個人的には違うかな。
人の家庭をサクッと自分の私情で潰しておいて、私が悪かったの、消えればいいんだわって涙流してるヒロイン、どんな感情で見たらいいやら。どうしようもなく惹かれてしまったの、ってスジなんだろうけど、強かさしか見えなかった。


留学生の少女と夢を追う男との切ない純愛を描いたラブストーリー。出演は「メメント」「英国王のスピーチ」のガイ・ピアース、「グリーン・ゾーン」「チェンジリング」 のエイミー・ライアン、「今日、キミに会えたら」のフェリシティ・ジョーンズら。
 NY郊外の街、湖畔沿いに広がるウエスチェスターで、高校生の娘ローレンと親子3人で暮らすレイノルズ一家。高校の音楽教師でチェロを弾くキースは、プロ奏者になることを望んでいるのだが、妻のメーガンは現実を考え仕事を辞めないでほしいと思っていた。ある日、イギリスから18歳の交換留学生ソフィーがホームステイで滞在することに。彼女は年齢の割には大人びた印象の持ち主だった。キースはソフィーにピアノの才能があることを知るが、彼女は訳あってピアノを弾かなくなっていた。音楽と孤独という共通項をきっかけに、2人は年の差がありながらも次第に惹かれあってゆくのだが…。
>|