まぁ郎

ガガーリン 世界を変えた108分のまぁ郎のレビュー・感想・評価

3.5
人類初の有人宇宙飛行、その宇宙飛行士に選ばれたのはユーリー・ガガーリン
名前は知ってるものの、詳しくその人柄を知る機会がなかった

ということで、よい機会だったのでガガーリンが宇宙飛行するまでを描いた今作を観てみた

率直な感想としては、あの時代によく宇宙に行ったなと
スペースシャトルもまだない時代
ソ連の飛行機ですらオンボロな時代なのに、ロケットに乗ってよく宇宙に行けたなと

ガガーリンが宇宙飛行士に選ばれる過程、それまでのガガーリンの生活を淡々と落ち着いて描いていた
当時のGへの耐久テスト、自分には多分どころか絶対無理だろう
Gに耐えられそうもなく、宇宙に行くことも無さそうだから宇宙に行ったガガーリンがちょっと羨ましく思えた

宇宙から帰還した後、ガガーリンはあまりよい生活を送れなかったということをラストの字幕で知る
どうせなら、そこまで描いても良かったんじゃないかな