龍三と七人の子分たちの作品情報・感想・評価

龍三と七人の子分たち2015年製作の映画)

上映日:2015年04月25日

製作国:

上映時間:111分

3.3

あらすじ

元ヤクザのジジイがオレオレ詐欺に騙された!?詐欺集団のガキどもよ!ジジイのパワーを思い知れ! 70歳の高橋龍三は、引退した元ヤクザ。“鬼の龍三”と畏れ慕われた時代はもはや過去のもの。現在は家族にも相手にされず、社会にも居場所がなく、息子の家に肩身の狭い思いで身を寄せながら、「義理も人情もありゃしねぇ」と世知辛い世の中を嘆いている。ある日、オレオレ詐欺に引っかかったことをきっかけに、元暴走族の京浜…

元ヤクザのジジイがオレオレ詐欺に騙された!?詐欺集団のガキどもよ!ジジイのパワーを思い知れ! 70歳の高橋龍三は、引退した元ヤクザ。“鬼の龍三”と畏れ慕われた時代はもはや過去のもの。現在は家族にも相手にされず、社会にも居場所がなく、息子の家に肩身の狭い思いで身を寄せながら、「義理も人情もありゃしねぇ」と世知辛い世の中を嘆いている。ある日、オレオレ詐欺に引っかかったことをきっかけに、元暴走族の京浜連合と因縁めいた関係になった龍三は、「若いヤツらに勝手な真似はさせられねぇ」と、昔の仲間に招集をかける。集まったのは、プルプルと震える手で拳銃を構えるジジイ、足下がおぼつかないジジイ、未だに特攻隊気分のジジイなど7人。どうせ先は長くないのだからと盛り上がった龍三たちは勢いで「一龍会」を結成し、京浜連合のやることをことごとく邪魔しまくる。当然、京浜連合のチンピラたちは、調子に乗り始めたジジイたちを疎ましく思うようになる。そして一龍会vs.京浜連合の対立は、龍三や子分の家族を巻き込んだ一大騒動へと発展する……!

「龍三と七人の子分たち」に投稿された感想・評価

Aircon

Airconの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

テンポが異常に悪い。
たぶんボケを挿んでくるわりにそれがつまらないから。

息子の会社から金もらって、
車のはがし忘れて、
会社にばれるくだりとか、
萬田久子の部屋行くくだりとか、
結局なにも無い無駄なシーン多すぎるのも。

特に最後の30分くらい意味不明のタメでイライラ。
中尾彬が殺されてなければボケてウダウダやってるのも良いんだけど、
飛行機突っ込ませるって言ってボケてるのも、
中尾彬に当てて敵には当たらないのも、
いきなり敵がビビりだして逃げてカーチェイスするのも、
これで最後スッキリ終われなかったら酷いと思ってたら、
ラストはメンバーが活躍するわけでもなく、仇も討てず、
警察はいまさら詐欺で逮捕しにくるという。。。
仲間ぼこされて殺されたのにずっとふざけてるのは胸糞悪かった。

そもそもそれまでまったりやってたのに、
中尾彬のところでいきなりバイオレンスでちょっと浮いてるから、
全部まったりでボケながら悪いやつ懲らしめて終わりでいいのに。
HIDESHI

HIDESHIの感想・評価

-
金無し、先無し、怖いモノ無し!
俺たちに明日なんかいらない‼︎
ジジイが最高‼︎
tento64

tento64の感想・評価

-
ジジイが嫌いだから全体的に不快だったな。刺青ちらつかせながら恫喝してくるヤクザジジイとか最悪だよ。龍三の息子夫婦が可哀想。茂七の死体をボコボコにしてるところだけ面白かった。
まり

まりの感想・評価

-
皮肉っぽいのに笑える、物悲しいのに清々しい、絶妙な空気感。都バスのチェイスが迫力満点・スピード感ゼロ・迷惑度MAXで素敵。
シュールであった。笑えたけど、爆笑まではいかず…感動とはちょっと違うし…あまり期待しすぎない方がいいかな。まあまあの映画でした。
ヒルコ

ヒルコの感想・評価

2.9
いやー、揃いも揃ってクソジジイ。元ヤクザが改心もせずそのままジジイになったんだからクソジジイに決まってるといえばそうなんだけど、「老人=温和、優しい」みたいなイメージがみんなどこか持ってるから、ここまで全員クソジジイだとすごく楽しい。この映画に文化庁が補助金出してるのも面白い。北野武が監督、ビートたけしが原案・脚本って感じで、要素がうまくハイブリッドできてるんじゃないのかな。
mayu

mayuの感想・評価

3.4
ジジイ好きにはおもろかった。
なゆか

なゆかの感想・評価

4.0
ヤクザ、コメディ映画

元ヤクザの爺ちゃん達の行動が、めちゃくちゃで面白い!
中尾彬の扱いが雑なのもなんか新鮮で良い。
>|