トイレのピエタの作品情報・感想・評価

トイレのピエタ2015年製作の映画)

上映日:2015年06月06日

製作国:

上映時間:120分

3.6

あらすじ

都会のビルに虫のようにしがみついて窓を拭く宏。美大を卒業し、画家を目指したものの、夢が叶うことのないまま無為な日々を過ごしていた。ある日、いつものように窓を拭いていた宏は、突然意識を失い、病院へ運ばれてしまう。精密検査の結果、病名は胃がん。余命は3カ月だと告げられる。その時宏の傍らには、出会ったばかりの女子高生・真衣がいた。宏に妹役を頼まれて、ともに診断結果を聞くことになった真衣。彼女は宏に「一…

都会のビルに虫のようにしがみついて窓を拭く宏。美大を卒業し、画家を目指したものの、夢が叶うことのないまま無為な日々を過ごしていた。ある日、いつものように窓を拭いていた宏は、突然意識を失い、病院へ運ばれてしまう。精密検査の結果、病名は胃がん。余命は3カ月だと告げられる。その時宏の傍らには、出会ったばかりの女子高生・真衣がいた。宏に妹役を頼まれて、ともに診断結果を聞くことになった真衣。彼女は宏に「一緒に死のう」と提案するが、我を失うほど動揺する宏でも、それに従うことはできない。「意気地なし!」。二度と会うことなどないと思われた二人だが、運命は彼らの間に確かなつながりを用意していた。宏にとって人生最期となる夏。目の前には、まだ上手に生きることを知らず、感情をむき出しにする真衣。二人は互いの素性も知らないまま、反発しながらも惹かれ合っていく。ありのままの魂で求め合うその関係は、恋や愛、どんな言葉も及ばないほどピュアなものだ。もうすぐ立ち去ることになるこの世界に、真衣という目映い光を見てしまった宏。彼はどのような「トイレのピエタ」を遺すのか?

「トイレのピエタ」に投稿された感想・評価

たにし

たにしの感想・評価

3.7
ずっと洋次郎さんが緊張していたような感じがしたのは演技なのかな。病室のシーンでヘッドホンで曲を聴いている時だけとてもリラックスしているような感じがしたのも演技なのかな。
sawa

sawaの感想・評価

4.0
どうして生きているのか
人の感情はどんな時でも死ぬことはない
甘エビ

甘エビの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

生きるとはどういうことかってかんじの映画
内容まぁまぁ普通に普通
洋次郎いけてる
T

Tの感想・評価

3.8
良かった。

演技がみんな上手い。

後半にかけて、蝶々、セミ、鼻歌、プール、苦しさの表現など、生きている、生きたいという描写があったように感じた。

終盤のシーンが特に良くて、時間の経過を感じないくらい引き込まれた。

エンドロールの歌を聞くまでが一本の映画かも...
煮物

煮物の感想・評価

-
汚い海に海月がいるみたいな映画だった
人間臭くて辛い、生きるのがんばる
AK

AKの感想・評価

3.0
好きなもの×好きなものってものすごくテンションが上がるはずなのですが、
今作の野田さん×手塚治虫さんを知った当初、なぜだかとても微妙な気持ちになってしまった記憶が。。

野田さんの演技は想像以上に良かったです!ありのまま赤裸々に。
そして次々登場する名優さんにびっくり。リリーさんとても良かったです。あまりにも美尻過ぎて笑ってしまいましたが(笑)

絵を描くシーンが見所。生き生きと自分を表現してる行為って惹きつけられるものがありますね。

しかし、中盤までは「邦画らしくしっとりしてていいなぁ」とかなりの好印象で観ていたのですが、途中の花ちゃんの発言に「えぇー…無いわぁ…」と気持ちがスルスルと引いていってしまい…
そこから流しめで観てしまったので、二人の気持ちが把握できておらず、最後のあたりで「…あ、お互いそういう思いだったの…?!」と気づく始末でした。。
それを踏まえた視点で観たら、また全然違った印象だろうなと思います。

エンディングの野田さんが歌うピクニック、歌詞が絶妙な表現で(特にサビ)、曲調も作品の雰囲気に合っててとても浸れて良かったです。
mariko

marikoの感想・評価

3.8
野田さんがすきだからいいんです。
>|