トイレのピエタ(2015年製作の映画)

上映日:2015年06月06日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:120分
    監督
    松永大司
    脚本
    松永大司
    キャスト
    野田洋次郎
    杉咲花
    リリー・フランキー
    古舘寛治
    森下能幸
    MEGUMI
    岩松了
    大竹しのぶ
    宮沢りえ
    あらすじ
    都会のビルに虫のようにしがみついて窓を拭く宏。美大を卒業し、画家を目指したものの、夢が叶うことのないまま無為な日々を過ごしていた。ある日、いつものように窓を拭いていた宏は、突然意識を失い、病院へ運ばれてしまう。精密検査の結果、病名は胃がん。余命は3カ月だと告げられる。その時宏の傍らには、出会ったばかりの女子高生・真衣がいた。宏に妹役を頼まれて、ともに診断結果を聞くことになった真衣。彼女は宏に「一緒に死のう」と提案するが、我を失うほど動揺する宏でも、それに従うことはできない。「意気地なし!」。二度と会うことなどないと思われた二人だが、運命は彼らの間に確かなつながりを用意していた。宏にとって人生最期となる夏。目の前には、まだ上手に生きることを知らず、感情をむき出しにする真衣。二人は互いの素性も知らないまま、反発しながらも惹かれ合っていく。ありのままの魂で求め合うその関係は、恋や愛、どんな言葉も及ばないほどピュアなものだ。もうすぐ立ち去ることになるこの世界に、真衣という目映い光を見てしまった宏。彼はどのような「トイレのピエタ」を遺すのか?

    「トイレのピエタ」に投稿された感想・評価

    何故か 何故かもう野田さんの歌聞けなくなってる
    どうやったら死ねるんですか、わかりませんすみません
    生きると生きている
    浄化と昇天
    もじゃもじゃ
    思ったよりも主人公の演技は良かったと思う。彼の演技というか監督の演技指導やあまり喋らないことがプラスにはたらいたのだろう。

    ただキャラが全く魅力的でない。特に重要な役どころである杉咲花が好きになれない。演技は頑張ってるけど、純粋にムカつくキャラだ。リリー・フランキーは…まぁリリー・フランキーでしたね。

    あとカメラがすごく気になった。うまく言えないが、映画っぽくない映像だった。気にしない人は気にしないだろうけど。

    さらに言えば、この手の映画で2時間は長い。音楽もないし、セリフもあまりないからテンポが悪く感じた。

    まぁ、演技素人のミュージシャンを主人公とした映画にしてはちゃんと映画にはなってたし、テーマもきっちり追えていたと思う。ただわざわざこの映画を観る意味はあまり感じられなかったなぁ〜
    最後のカットで映る杉咲花の横顔、そしてそこから「ピクニック」への流れが鳥肌モノ。

    このレビューはネタバレを含みます

    静かに、煩く、生きることを教えてくれる映画
    「どうしたら死ねるの?」と輝く目で聞くあの子を抱きしめたくなったし、そういう子供が世の中にはたくさんいるんだろうと思う
    野田さんは才能溢れた方だなぁと、きっと何を通してでも、伝え方がうまいんだと思う。
    洋次郎さんの演技がとても好きです。切なくて素敵な作品でした。
    RADWIMPSファンとして評価は高めです笑でもほんとに歌手の洋次郎のすごさを演技でも発揮してる鼻歌のところがあるんですが、さすがの一言です、
    杉咲花の演技力◎
    RADファンでは無いのでアーティストが俳優やってる点には違和感拭えぬ
    >|