トイレのピエタの作品情報・感想・評価

トイレのピエタ2015年製作の映画)

上映日:2015年06月06日

製作国:

上映時間:120分

3.6

あらすじ

都会のビルに虫のようにしがみついて窓を拭く宏。美大を卒業し、画家を目指したものの、夢が叶うことのないまま無為な日々を過ごしていた。ある日、いつものように窓を拭いていた宏は、突然意識を失い、病院へ運ばれてしまう。精密検査の結果、病名は胃がん。余命は3カ月だと告げられる。その時宏の傍らには、出会ったばかりの女子高生・真衣がいた。宏に妹役を頼まれて、ともに診断結果を聞くことになった真衣。彼女は宏に「一…

都会のビルに虫のようにしがみついて窓を拭く宏。美大を卒業し、画家を目指したものの、夢が叶うことのないまま無為な日々を過ごしていた。ある日、いつものように窓を拭いていた宏は、突然意識を失い、病院へ運ばれてしまう。精密検査の結果、病名は胃がん。余命は3カ月だと告げられる。その時宏の傍らには、出会ったばかりの女子高生・真衣がいた。宏に妹役を頼まれて、ともに診断結果を聞くことになった真衣。彼女は宏に「一緒に死のう」と提案するが、我を失うほど動揺する宏でも、それに従うことはできない。「意気地なし!」。二度と会うことなどないと思われた二人だが、運命は彼らの間に確かなつながりを用意していた。宏にとって人生最期となる夏。目の前には、まだ上手に生きることを知らず、感情をむき出しにする真衣。二人は互いの素性も知らないまま、反発しながらも惹かれ合っていく。ありのままの魂で求め合うその関係は、恋や愛、どんな言葉も及ばないほどピュアなものだ。もうすぐ立ち去ることになるこの世界に、真衣という目映い光を見てしまった宏。彼はどのような「トイレのピエタ」を遺すのか?

「トイレのピエタ」に投稿された感想・評価

きる

きるの感想・評価

3.6
野田さんの初主演映画と知って今更鑑賞。


自分も美大出身なので色々納得してしまうところが御座いました。わぁあって。
小次郎

小次郎の感想・評価

3.2
杉咲 花ちゃんの演技が好きになって、ビデオ探して観ました。
ストーリーはともかく花ちゃんの違う一面もまた面白い。
Nat

Natの感想・評価

2.5
ストーリーは別に好きではなかったけど、プールの水面がキラキラするところ、自転車で走ってる時にビルのキラキラするところ、リリーフランキーが撮っていた映像、杉咲花がずっと歩いてるところ、画が好きなシーンはたくさんあった。
松永大司監督、映画「MATSUMOTO TRIBE」で大暴れさせていた監督力を爆発させて撮ったのだろうと見ていて感じた。

主人公の野田さんが自身の置かれた状況の中で「生きる」と言うことについて希望を抱いていく。

このストーリーの中で、自分と似ているようで対照的な杉咲さんが現れる。
彼女の登場の仕方も映画上のキャラクターと合っていて、非常にはまっていた。

対照的な野田さんと杉咲さんが、お互いの背景を知らせ合わずに(なんと視聴者は二人の背景を踏まえられている)、自分の痛みをぶつけ合い繋がっていく。

↑の話の流れが、じっとりとした倦怠感を伴って進んでいく感じでした。
カットの間合い、二人の間合いの演出がうまく倦怠感を出していたかと。
そう思えば、金魚を放ったプールで泳いで見たり、トイレがばかっと開いて「ピエタ」が現れたりとかなりエモーションなシーンが出てきて僕らを魅了する。

何より、このエモーションなシーンのように時々ストーリーに差し込まれる「生きる」事への喜びや渇望が、我々に「生きる」ことを伝えてくれる。
※塗り絵のシーン
※子供に対して表情が和らいでくる野田さんのシーンの積み重ね参照

集大成の一つとして
「そんな顔して床掃除してんじゃねえよ」終盤のシーンで放ったこの野田さんのセリフに、上で言った「生きる」についてのこの映画の全てが詰まっているのかと思う。それくらい迫力があった。

是非、また見よう。
アヒコ

アヒコの感想・評価

3.7
洋次郎( ; ; )役にはまっていた
satomi

satomiの感想・評価

3.4
杉咲花ちゃんの演技が良いに尽きる。
プールのシーン可愛い最高。
幸せとは
誰かのために生きているって
ちゃんと思えること。
masanori

masanoriの感想・評価

2.5
「生きる」という事について色々と考えさせられる作品でした。
>|