トイレのピエタの作品情報・感想・評価

トイレのピエタ2015年製作の映画)

上映日:2015年06月06日

製作国:

上映時間:120分

3.6

あらすじ

都会のビルに虫のようにしがみついて窓を拭く宏。美大を卒業し、画家を目指したものの、夢が叶うことのないまま無為な日々を過ごしていた。ある日、いつものように窓を拭いていた宏は、突然意識を失い、病院へ運ばれてしまう。精密検査の結果、病名は胃がん。余命は3カ月だと告げられる。その時宏の傍らには、出会ったばかりの女子高生・真衣がいた。宏に妹役を頼まれて、ともに診断結果を聞くことになった真衣。彼女は宏に「一…

都会のビルに虫のようにしがみついて窓を拭く宏。美大を卒業し、画家を目指したものの、夢が叶うことのないまま無為な日々を過ごしていた。ある日、いつものように窓を拭いていた宏は、突然意識を失い、病院へ運ばれてしまう。精密検査の結果、病名は胃がん。余命は3カ月だと告げられる。その時宏の傍らには、出会ったばかりの女子高生・真衣がいた。宏に妹役を頼まれて、ともに診断結果を聞くことになった真衣。彼女は宏に「一緒に死のう」と提案するが、我を失うほど動揺する宏でも、それに従うことはできない。「意気地なし!」。二度と会うことなどないと思われた二人だが、運命は彼らの間に確かなつながりを用意していた。宏にとって人生最期となる夏。目の前には、まだ上手に生きることを知らず、感情をむき出しにする真衣。二人は互いの素性も知らないまま、反発しながらも惹かれ合っていく。ありのままの魂で求め合うその関係は、恋や愛、どんな言葉も及ばないほどピュアなものだ。もうすぐ立ち去ることになるこの世界に、真衣という目映い光を見てしまった宏。彼はどのような「トイレのピエタ」を遺すのか?

「トイレのピエタ」に投稿された感想・評価

nonon

nononの感想・評価

-
洋次郎だった。
最後の歌声は
ほんとに反則
はっぷ

はっぷの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

期待してた以上。
かなりよかった。
洋次郎が大好きだから映画館で見ようとしていたんだけど、見れなくて、そのあとも機会を逃し続けてここまでだらだらと
洋次郎のこと大好きじゃなかったとしても好きだったろうし見るべき映画だったなぁって

杉咲花ちゃん
衝撃を受けた
演技がうますぎる

二人を取り巻く空気感がすごく好きでした。
色も音楽も

ずっと引き込み続ける、独特の力を持った映画。
出演者それぞれがはまり役なんじゃないだろうかと感じた。

洋次郎、すごい温和でおとなしい感じのイメージの人だから、あんなに声を荒げたりしているのが新鮮で、でもすごく上手くて、本当にこの人はすごい人だな、と、アーティストだって思った。
感情をうわっと出した時の洋次郎がグッときた。

劣等感の感じ方とか、それがあっての人との関わり方とか、細部の表現がうまいなって
誰もが感じたことがあると思うし、こういう人いるよなってなるし、悪い人なんかいないし(花ちゃんの親御さんは別な気するけども)

花ちゃん、言葉の抑揚とか、表情とか、本当に魅了される
女優だよね、まさに
まだあどけなさの残る年齢なのにあんな演技ができるなんて。。。
末恐ろしい
大人をからかったりする演技がもう、ずるいなぁって笑
この年齢だからできるんだもんなぁ
中学生とかって本当に大人のこと信用できないよね
家庭環境も相まってなんだろうけどさ、」この話の場合は

リリーフランキーが良い味出してる
あんなすてきな大人になりたいよね
かっこいいわ
洋次郎との掛け合いとかが最高
アドリブありそう笑

花ちゃんの最後の表情が忘れられなさそう

余命を告げられた。。。命の大切さが。。。
うんぬんじゃなくて、それをただ書いてるんじゃなくて
薄っぺらい感じがしなくて
うん、上手く言えない。笑

プールのシーン、ドキドキしちゃう笑

花ちゃんの役がこのあとどうやって生きていくのかとかは全然描かれていないけど、この大人たちに関わった少しの時間はきっと相当大きく影響していくんだろうな
茶

茶の感想・評価

3.2
杉咲花がプールで金魚と泳ぐシーンが綺麗でした
kmoss

kmossの感想・評価

3.5
杉咲華の、生と死に対するエネルギーの強さ。あの年齢だからこその危うさと、どうしようもなさ。
Nia

Niaの感想・評価

4.3
杉咲花😍
Casey

Caseyの感想・評価

3.7
誰かと思ったけど、初出演で初主演で、ぜんぜん違和感無かった。才能あるってすごい。そして脇役が豪華すぎる。
mau

mauの感想・評価

3.0
映画全体の雰囲気は暗くて登場人物に輝きのある人がいない、そして最後まで生きたいのか死にたいのか私には分からなかった。もっと大人になろう宏、真衣が救われないじゃんか。あとキモTシャツの男の人、初対面にそれはないんじゃないかな。失礼過ぎる。

洋次郎さんが出てるから観たけど、なんだかんだ格好いいです。やっぱりアーティスト、ヘタな新人俳優なんかよりずっといい。けどこの映画に野田洋次郎を起用した理由ってなにかあるのかな、洋次郎さん自体は演技も雰囲気も多分監督が作りたかったものの像とは一致してそうだけど、いままでメディアに殆ど出なかったバンドのアーティストが演じる必要性があるのか疑問に思った。でも格好良いよ

って感じの映画。
aya

ayaの感想・評価

3.0
*2018.01.18
ryohei

ryoheiの感想・評価

3.2
洋次郎さんこんな顔だったんやね…
イケメンだと思ってた…なんかすんません…笑

でも良かったです。また映画出演したらきっと観たいってなると思う。
>|