チャッピーの作品情報・感想・評価

チャッピー2015年製作の映画)

Chappie

上映日:2015年05月23日

製作国:

ジャンル:

3.7

あらすじ

2016年―犯罪多発地区、南アフリカヨハネスブルグに世界でただ一体の"感じ、考え、成長する"AI(人工知能)を搭載したロボットが誕生する。彼の名はチャッピー。開発者のディオン(デーヴ・パテル)は極秘でAIを彼に搭載させていた。起動したばかりのチャッピーはまっさらな、まるで子供のよう。ディオンとともにストリートギャングにさらわれたことで、そのAIにはギャングによって生きるための術が叩き込まれていく…

2016年―犯罪多発地区、南アフリカヨハネスブルグに世界でただ一体の"感じ、考え、成長する"AI(人工知能)を搭載したロボットが誕生する。彼の名はチャッピー。開発者のディオン(デーヴ・パテル)は極秘でAIを彼に搭載させていた。起動したばかりのチャッピーはまっさらな、まるで子供のよう。ディオンとともにストリートギャングにさらわれたことで、そのAIにはギャングによって生きるための術が叩き込まれていくチャッピー、急速なAIの成長は彼自身のバッテリーが残り5日間だと知るとともに、死への恐怖をも感じてしまう。

「チャッピー」に投稿された感想・評価

いにょ

いにょの感想・評価

3.8
2017年88本目。

第9地区と似たテイスト。あっちが好きならこっちも楽しめるはず。中盤からの展開のスピード感がすごい&ラストあたりなんかすげー選択がサクサク進むのに当人のリアクション軽いしなんか色々カルチャーショック感。
さえり

さえりの感想・評価

3.4
ものすごくダークでギャングスタなロボットファンタジーです。
(ギャングスタの意味よくわかってない…)

チャッピーの純粋さに心奪われました。
見た目全然かわいくないのに、かわいいと思っちゃうくらいに。
単純に人間VSロボットでもないし、単純に人間とロボットの友情でもないし、新しいロボットと人間の共存だとおもいました。というか、ロボットと人間の境界なんてなかった

第9地区も大好きなんですが、それよりもエロ要素とかなくて、こっちのほうが私は好きです。

まさか、意識をもったロボットの話から、どう"生きる"かの話になるなんて!

ヒュージャックマンが、くっそ悪役っていうのも新鮮だった。
gen

genの感想・評価

4.3
記録
matsu

matsuの感想・評価

3.5
人間のエゴに振り回されるロボット、、ホンマ人間ってこわい。
"意識"を持ったロボットはもはやロボットではない。それを破壊しようとしたり支配しようとしたりすることは、人間に対する殺人や犯罪と一緒のことなのでは?って思いました。
それにしても環境が人を作るってのを改めて実感。

こういう意識の拡充の問題って、もう現代ではVRchatやらVtuberで実現されているわけでこの映画のエンディングのような事態もまぁ無きにしも非ずだと思ったり🤖

ただボコられるヒュージャックマンが新鮮で良い
kay

kayの感想・評価

4.0
2018年222作品目.
想像してた内容とは違ったけど面白かった。個人的には第9地区、エリジウムよりかは好きです。
だー

だーの感想・評価

4.5
チャッピーがヒーロー的な話かと思いきやいい意味で裏切られた。
話が進んでいくにつれて誰が正義なのかわからなくなって行った。
各々の大切なものがあってそこにはそれぞれの思いが感じられた。
チャッピーには少し泣かされました。
>|