チャッピーの作品情報・感想・評価

チャッピー2015年製作の映画)

Chappie

上映日:2015年05月23日

製作国:

ジャンル:

3.7

あらすじ

2016年―犯罪多発地区、南アフリカヨハネスブルグに世界でただ一体の"感じ、考え、成長する"AI(人工知能)を搭載したロボットが誕生する。彼の名はチャッピー。開発者のディオン(デーヴ・パテル)は極秘でAIを彼に搭載させていた。起動したばかりのチャッピーはまっさらな、まるで子供のよう。ディオンとともにストリートギャングにさらわれたことで、そのAIにはギャングによって生きるための術が叩き込まれていく…

2016年―犯罪多発地区、南アフリカヨハネスブルグに世界でただ一体の"感じ、考え、成長する"AI(人工知能)を搭載したロボットが誕生する。彼の名はチャッピー。開発者のディオン(デーヴ・パテル)は極秘でAIを彼に搭載させていた。起動したばかりのチャッピーはまっさらな、まるで子供のよう。ディオンとともにストリートギャングにさらわれたことで、そのAIにはギャングによって生きるための術が叩き込まれていくチャッピー、急速なAIの成長は彼自身のバッテリーが残り5日間だと知るとともに、死への恐怖をも感じてしまう。

「チャッピー」に投稿された感想・評価

いにょ

いにょの感想・評価

3.8
2017年88本目。

第9地区と似たテイスト。あっちが好きならこっちも楽しめるはず。中盤からの展開のスピード感がすごい&ラストあたりなんかすげー選択がサクサク進むのに当人のリアクション軽いしなんか色々カルチャーショック感。
記録
DieAntwoordが最高にかっこいい。
彩

彩の感想・評価

3.8
第9地区の監督ってのでずっと観たかった作品。面白かったです…!何をもって人間とするのか。外見はただの一時的なもので心が、魂がその人なんだよってゆうのはよくわかるけど、最終の着地点がすごい。チャッピーが存在して色んなことを感じて学んで行き着いた出来事で。これもひとつの生き方なのかな。ヒトにとっての幸せとか生きる喜びや生きる意味はなんなんだろう?まで考えさせられる。
チャッピーが純粋でかわいかったです。喋り方が機械っぽい棒読みではなくて抑揚とかまで人間らしいのがいいと思った。ほんと一緒にいる人によってどんな風にもなるなぁ。人間の子どももそこは一緒だよなぁ。環境って大事ね。ヨーランディがいてくれてほんと良かった。ママの存在はやっぱり大きい。彼女のはちゃめちゃな見た目と声の可愛いさのギャップ!とても魅力的な存在でした。
あとアジトの雰囲気可愛い〜ラストのニンジャのズボンにちょっと笑ってしまった。
しゃみ

しゃみの感想・評価

3.2
チャッピーが可愛かった。
メッセージ性、ストーリー性共に半端で何だかなぁという感じでした。
チャッピーがCGなんて信じられない。
narigun

narigunの感想・評価

3.5
ヒュージャックマンがすごいいい役してる

このレビューはネタバレを含みます

極限の人工知能ができたとしても、寿命をプログラミングしなけりゃこうなるよな。悪い奴らばっかであんま共感できないし、このままだとこの世界は破滅すると思った。身体は器にしか過ぎないと教えられたチャッピーが選んだラスト。これはバッドエンドかなあ
>|