チャッピーの作品情報・感想・評価

チャッピー2015年製作の映画)

Chappie

上映日:2015年05月23日

製作国:

ジャンル:

3.7

あらすじ

2016年―犯罪多発地区、南アフリカヨハネスブルグに世界でただ一体の"感じ、考え、成長する"AI(人工知能)を搭載したロボットが誕生する。彼の名はチャッピー。開発者のディオン(デーヴ・パテル)は極秘でAIを彼に搭載させていた。起動したばかりのチャッピーはまっさらな、まるで子供のよう。ディオンとともにストリートギャングにさらわれたことで、そのAIにはギャングによって生きるための術が叩き込まれていく…

2016年―犯罪多発地区、南アフリカヨハネスブルグに世界でただ一体の"感じ、考え、成長する"AI(人工知能)を搭載したロボットが誕生する。彼の名はチャッピー。開発者のディオン(デーヴ・パテル)は極秘でAIを彼に搭載させていた。起動したばかりのチャッピーはまっさらな、まるで子供のよう。ディオンとともにストリートギャングにさらわれたことで、そのAIにはギャングによって生きるための術が叩き込まれていくチャッピー、急速なAIの成長は彼自身のバッテリーが残り5日間だと知るとともに、死への恐怖をも感じてしまう。

「チャッピー」に投稿された感想・評価

bouze

bouzeの感想・評価

3.0
第9地区は良かったなー(遠い目)
けん

けんの感想・評価

3.9
おもろい!
オンチ

オンチの感想・評価

3.8
チャッピー普通にかわいい
自分は記憶移植してまで生きたくはないかな
前に見た記憶と全く違う
チャッピーがはちゃめちゃな怒りも痛みへの共感も持っている人間くさいカオスさを持っていて、お行儀のいいロボットじゃないところが説教臭くなくて流石だと思った。人の世は、特にヨハネスブルグは善も悪もごく個人的なレベルにあるカオスな世界だな、と。 主演のダイ・アントワードの2人にはあまり共感はできなかったけど、チャッピーがハッピーならそれでいい。話は粗いがオチは好きだ。パワードスーツは出てこなかったがムースで鉄分補給できてまんぞく。(2016/6/6
緑色

緑色の感想・評価

4.0
人間とは何なのか。

登場人物(人間)が全員エゴの塊、基本クズ。
誰も改心しない。
なのにAI搭載の唯一ロボットがとかく可愛らしい。
環境で無垢はここまで悪くなるのかと。

絶賛子育て中の身としてはなかなかクルものがあった。

最後は少し、都合良すぎな感じがしないでもないが、まとまってるので良しとする。

面白かったよ。
>|