MARUKO

トイ・ストーリー4のMARUKOのレビュー・感想・評価

トイ・ストーリー4(2019年製作の映画)
5.0
パーフェクトだ……。この上ない…。
1・2・3でトイ・ストーリー完成、じゃなかった。これも含めて、これがなきゃトイ・ストーリーにならない。3まででは分かり得ない“トイストーリー”を、ちゃんと見せてくれた。
皆さんの言う、1・2・3を壊しに行ったとは到底思えない。むしろこのベースがあったからこそできた傑作だと思う。

おもちゃの誰もが前を向いてた。前を向けてないのは、過去に執着する観客かも。


ウッディはアンディにとって特別だった。
そしてウッディはアンディしか知らなかった。

でもウッディは誰にとっても特別じゃない。
子供はたくさんいる。子供の数だけ特別がある。

たぶんウッディも気づいてた。ただ、足の裏に刻まれたBONNIEの文字が、"持ち主"であるという忠誠心を抱かせた。

「え!?持ち主がいるの?」迷子のおもちゃたちにしきりに驚かれ、羨ましがられる。
でも、「そうなんだ!今はボニーが俺の相棒なんだ!」って胸を張れない。最近遊ばれてないから。

おもちゃは持ち主がいることが大事なのか、特別であることが大事なのか、遊んでもらうことが大事なのか。

おもちゃは子供の成長と共に離れていくもの。
子供は素直で残酷。いらないおもちゃはいらない。
子供は忘れるのが早い。飽きたおもちゃなんて無くしても気づかないし、探そうとなんてしない。
アンディは最後までおもちゃを愛してくれたけど、彼でさえも次第に遊んでくれなくなっていた。

フォーキーだって、ボニーに″遊ばれること″でおもちゃになっていく。
やっぱり遊んでもらうこと、一緒にいること。
悲しいけどウッディは、もうボニーのためにはなれそうにない。

視野が狭かったウッディに、ボーがメリーゴーラウンドから見せてくれたのは、そんな新しく知るおもちゃの運命だった。

「じゃあ今の俺に、これからの俺に、″″俺として″″できることは何かな。」
ギャビーを送り出した時、彼女達の幸せを願うと同時に「これかもしれない」とも思っただろう。ボーと共に、その街その街の迷子を救い続けると思う。

このままボニーの家でクローゼットに戻るたび、隅に追いやられるウッディが、気丈に振る舞うのを想像してみる。
バズもみんなも、ウッディが次へステップすることを嬉しく思うだろうし、「ウッディらしいや」って笑って見送るよね。仲間だから。
きっとアンディだって、「ウッディがそうしたいなら」って背中を押すよ。相棒だから。
それをわかってるバズの『彼女は大丈夫』
行くんだろ?行ってこいよって。俺たちは気にするななんて、野暮なことは言わない。
ウッディもバズの内なる声をもって返す。

ウッディの決断に、ボーの決断に、ギャビーの決断に、バズとみんなの決断に、全てに背中を押してあげたくてたまらなくなった。

そしてそんな自分が一番背中を押されているのだった。

p.s.オープニングの雲にミッキーいなかった?
ティントイに大興奮!!!!「はあっ!」って息吸いながらの声が出ちゃったよ、思わず。