daradara

トイ・ストーリー4のdaradaraのレビュー・感想・評価

トイ・ストーリー4(2019年製作の映画)
4.3
〈トイ・ストーリー〉の本当の物語がここに。

ピクサーには「過去作を超えるような “語るべき物語” がある場合以外は続編を作らない」という信念がある。

この言葉どおり、本作ではトイ・ストーリーが今まで深くフィーチャーしてこなかった「トイ・ストーリーとは?オモチャとは?」というところに言及していた。

オモチャとしての存在意義を与えられたフォーキーと、必要とされなくなったウッディの対比

必要とされなくなったウッディには、ギャビーギャビーの気持ちを理解することができた。

自分のボイス・ボックスを渡すという行為に、ウッディのオモチャたる所以、その喪失を意味していて鳥肌が立った。

そして悪役のギャビーギャビーがほんとにもう…めちゃくちゃ感情移入してしまった。
生まれながらに製造不良で一度も遊んでもらったことがなければ、そりゃボイス・ボックスのせいにするだろうし、ボイス・ボックスさえあればって思うよなぁ。なのに気に入られず、棺桶を思わせる箱に投げ捨てられる。そこで終わらないで最後に救われる展開が待っていてほんとに良かったな…。

オモチャ同士のお別れ、新たな旅。
おなじみのオモチャたちをはじめ、ウッディとバズは、言葉ではなく心で通じ合っていた。
だからこそ、あのエンド。
変に引き止めたり、無理に壮大な終わりを迎えなくて良かった。

絆は切れない強固なものに。
離れていても遠く繋がってる。

ビジュアルポスターでウッディとバズは私たちに背を向けている。この意味が映画を見終えてやっと分かりました。

ピクサー製作陣の心意気が凄い!
トイ・ストーリーで1番好きな作品になりました。