Ricard

トイ・ストーリー4のRicardのレビュー・感想・評価

トイ・ストーリー4(2019年製作の映画)
4.6
おもちゃは人間の遊び道具。しかし、そんな“単純”なものではない。そう、トイストーリーとは“単純”な物語でもない。






シリーズ4作目。ここまで完璧で愛されまくっている作品は出だしから王者の風格を出していた。雨の中をウッディやボーらが仲間を救出するシーン。ただの回想シーンかと思いきや、雨の当たる具合やハラハラ感をアニメーションの技術でこれでもかと出している。普通ならクライマックスレベルのすごさだが、これを最初に持ってくるあたり、正直余裕を感じた。やっぱすげぇわ。


そしてなんといっても結末がかなり賛否両論分かれているが、自分はもはや意外という感情はこれっぽっちも思い浮かばなかった。もう1、2、3が過去となった今、ウッディという1人のキャラが背負う物や考え方全てに共感できる。“迷子”が1つのテーマでもあったが、そんな言葉で表せないほど彼の思いは“複雑”なんだ。複雑だから故に迫られた決断。涙がこぼれ落ちましたね。



少しというかかなり雑なシーンも見られたりしたけど、好きなシーンの方がかなりあったかなー。何回でも見たいと思わせてくれるこのシリーズはやっぱり最高。てかもはや大人向けなんじゃね。笑