トイ・ストーリー4のネタバレレビュー・内容・結末 - 3ページ目

上映館(364館)

トイ・ストーリー42019年製作の映画)

Toy Story 4

上映日:2019年07月12日

製作国:

あらすじ

「トイ・ストーリー4」に投稿されたネタバレ・内容・結末

公開日初日に観覧。
賛否あれども面白いと思いました。序盤のボー・ピープとの別れのシーンでいきなりやられました。
前作で完結したものとばかり思っていた中で発表された「トイ・ストーリー4」。
正直3でこれ以上ないほど綺麗に終わったのに、なんで??という疑問もあった。
アンディーからボニーへと持ち主が変わって、おもちゃ達は新たな幸せを見つけた。その先の物語。
衝撃的なラストと聞いていたので、身構えていた分、ほお...という感じで観られたが、最初はウッディまじか??と思った。持ち主に愛されることがおもちゃの幸せという前提を覆すストーリー。
物語内では「迷子のおもちゃ」と言われていたが、流れのおもちゃとなったウッディが見つける新しい幸せってどんなものなんだろう??
ボニーにとってのお気に入りのおもちゃではなくなってしまったウッディ。だからこそボニーと別れ、仲間たちと別れ、新しい道を歩いていくことにしたんだろうけど。。。
移動遊園地とともに広い世界を見て回り、気に入った子供がいればまた一時その子の所有物になるのかな??それとも、流れ者としてずっと子供とは遊ばずに、射的の裏方としての旅を続けるのかな??
ウッディの内なる声はなんて言っている??
3ほど分かりやすく幸せの形が提示されなかった分、色々と想像が膨らむラストだった。
ただ、どんな未来がウッディ達の幸せの形なのか自分には(まだ)見えてこないラストではあった。
面白かったけど!!難しい!!
最近決め台詞残して卒業していく人(おもちゃ)多くないですか??
ウッディー.......寂しいよ........
続編あって欲しいけどないよねきっと
でもやっぱ、ウッディには卒業して欲しくなかったな

そしてフォーキーだーいぶ根暗やな
ベンソンめちゃホラーやな
衝撃のラスト。
芸能界と同じで、いくら昔スターでも年取ったら裏方に回るんだな(タッキー)
シリーズの記憶が飛び飛びなので楽しめるか不安の中鑑賞。

開始5分で全てを悟れる演出がありがたかった。

ボーとひつじ達の陶器の感じ、表情。
ギャビーギャビーのフサフサまつげ。
CGの進化には毎回驚かされてしまう。

大人目線だからか、物を大切にしようとか
仲間を大切にしようとかすごく訴えてきてるなと思った。ギャビーギャビーの愛されたいが故の必死さに泣けたし、最後は持ち主さんが決まるところも泣けた。

結末はあれだけ皆んなに合流しよう!迎えに来い!って呼びつけといて離れちゃうの?!って感じだけど、薄々の限界感じてて、バズの後押しと内なる声に従った素直なウッディがやっぱり好き!
期待通りの感動作。持ち主のおもちゃへの愛情が変わっても、おもちゃはいつもご主人様に愛されたくて待っている。特定のこどもに愛されるのが幸せなのか、必要とされる場所で生きるのが幸せなのか。
シリーズ1からずっと続いてきた仲間との再会と別れ。涙が止まらなかった。
ボニーの手作りおもちゃが動き出した!
隙あらばごみに戻ろうとする、フォーキー。
そんな彼が旅行中、脱走してしまう。ウッディは無事、連れ戻すことができるのか?という出だし。

3までのお話よりも、"人間"への干渉レベルが高くてびっくり。ナビのとことか、ドアのとことか、笑ってしまった。

だけど、最後まで見て今回の主軸がウッディの葛藤「おもちゃの役割と内なる声」だと感じて納得。結末、さみしー気もするけど、彼の選択を応援したい。

「棚の中にいるだけじゃ、何も変わりはしないわ」
「内なる声は、いったい誰の声なんだ?」
「それがおもちゃにとって、一番大切な役割なんだ。」
なんか映像の動きが早すぎておっさんの動体視力ではついていけないシーンがあった。バギーを運転するあたり。
その分、迫力とか躍動感はあるのかもしれないけど、前作くらいの感じがよかった。
前作以上の迫力を求め続けると際限がない気がする。
結論から言うと蛇足以外の何ものでもない。
大きく期待していたわけではないし、また大好きなおもちゃ達の動く姿を見せてくれたのは嬉しいけど、やっぱりガッカリする部分が多かった。3で終わっておけば良かったと思う。

おもちゃを大事にする子だったはずのボニーはウッディをまるで大事にしていない。3のあの感動的なラストシーンは何だったの?
フォーキーやダッキー&バニー、デューク・カブーンは魅力的なキャラだし彼らが活躍するのもいいんだけど、旧キャラが蚊帳の外すぎる。全然出てこない上に、ラストで帰ってきたウッディが外の世界で生きていくという決断をした際、やけにすんなり受け入れたのも納得がいかない。「隣にウッディが愛したボー・ピープがいたから」だとしても、3の保育園で一人アンディの元へ帰ろうとするウッディに「お前もここに残れよ!」と言っていた彼らがこんなにあっさり受け入れるのか?苦難を共にし家族となった彼らの別れがこんなあっさりしたものでいいのか?
バズの「心の声」とやらのくだりも、最終的に心の声とは違う考えを持って成長するのかと思いきや結局最後の最後までその心の声に従ってただけ。バズってそんなアホなキャラだったっけ?

「悪役だと思ってた奴もただ自分の人生を生きたいだけで決して悪い奴ではない」みたいな話も「トイ・ストーリーでやる必要あったのかな?」と考えてしまう。
ピンチに陥る、仲間と助け合う、最後は悪役も倒す、そしてみんなでハッピーエンドを迎える。っていう、ありきたりな王道で良かったのでは…?
ウッディを成長させ自立させる必要なんてなくて、3のまま終わっておけば良かったのでは…?

ウッディがアンディの元へ帰ったらアンディは「おもちゃを大切にする子と聞いたのに無くしてるじゃないか」となるだろうし、やっぱり皆の元に戻るとなってもじゃあ4はなんだったんだとなるし、ウッディのいないトイ・ストーリーも考えられないし、続編やスピンオフ作品を期待できないのがとても悲しい。この作品は作る必要あったのかな…。
色んな視点で観てしまって、悲しかったり感動したり感情が凄く忙しかった
久々に素敵な映画を観た気分になったけど、ウッディが離れちゃうのが腑に落ちないと言うか…あのまま皆と同じ場所へ行って欲しかったなぁ〜と。
トータルでは、個人的にかなり楽しめたけど!
また1から観直したい!