トイ・ストーリー4の作品情報・感想・評価

上映館(373館)

トイ・ストーリー42019年製作の映画)

Toy Story 4

上映日:2019年07月12日

製作国:

あらすじ

「トイ・ストーリー4」に投稿された感想・評価

en

enの感想・評価

4.0
おもちゃのウッディたちの持ち主ボニーの手作りで新たなおもちゃフォーキーがひょんなことから彼女のもとから離れてしまう。ウッディと仲間たちはフォーキーを無事、ボニーの元へ帰すことができるのか?って話

前作までとは違った視点だけど、共通しておもちゃの存在意義を問うテーマと、自我を持つおもちゃ自身の幸せとは何なのかを掘り下げる哲学的な面を持ち、時代に合わせたアップデートがされていたな。4に限ったことではないけども、もしおもちゃが人格を持っていることを人間が知っているとしたら、軽々しくおもちゃを扱えないし、自分の理解を超えたところで恐ろしいことが起こるんじゃないかとゾッとしてしまうな。単純に、物は大切にしようということに帰結します...
ただ3が良すぎて...4を観られる嬉しさの反面、続編があればいいもんじゃないのかもしれないなという複雑さもあるなと

おもちゃが自身を客観視しながらも、特性に従った性格がもたらすユーモアはやっぱりトイ・ストーリーの醍醐味で楽しい。最大限の可能性を発揮したおもちゃたちの活躍は夢があって良きですね。
Dmovie

Dmovieの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

毎度面白いことが決まってる作品なので、安心してみることができた。そしてオモチャならではの掛け合いはハイクオリティCGも相まって迫真だった。

新キャラのフォーキーもギャビーも面白く深みのあるキャラで良かったのだが、その2キャラの掛け合いや、掘り下げがもう少し欲しかったかも。。
またボニーがフォーキーがいないと嘆くだけで、何事もなかったかのように遊園地で遊んでいたりしたので、もう少し成長を感じられるような出来事があってもよかったのかな。

あと人間の登場人物名が多くて途中混乱してしまうかも笑。

ラストが意外だった。

モヤモヤしたので過去作を見返すと、
意外にもウッディたちは一貫してオモチャであることのアイデンティティについて考えていたので驚いた。

またウッディは割と毎度周りに振り回されやすいが反面バズは一貫してることもわかり笑った。

色々書いたが本当に面白かったのでもし、5があるならこれからウッディがどうなっていくのかを見届けたい。
(チョコプラのお二人は声優の才能あるなと思った。ぜひ次回も笑)
サリー

サリーの感想・評価

3.0
映像がさらに綺麗になっていた!!
新しいキャラクターも可愛くて良い!!
恋愛要素強目でした!!
ラストは賛否両論ありますが面白かったです👍
たけ

たけの感想・評価

-
きみのため
EMI

EMIの感想・評価

4.5
感動作!
maas

maasの感想・評価

2.5
トイストーリーにラブ要素は
なくてもよかったかなー…

子どもはいずれおもちゃを捨てる現実より
友情とか絆とかで
もうちょいキラキラしててほしかった
zy

zyの感想・評価

3.9
ボーピープめっちゃかっこいい
フォーキーかわいかった
笑えるし良い話だったけどちょっと怖くて軽くホラーだった(笑)
ウッディにはこれからの人生を自由に楽しんでほしいね!
Maohao

Maohaoの感想・評価

3.1
それぞれの能力や環境の仕掛けを活かしたピタゴラスイッチ的な絡繰は前作までのほうがすごかったな。。ボーが男前で惚れる。おもちゃにもフリーエージェントのような生き方があるのな。

このレビューはネタバレを含みます

ウッディの自立の物語。
ウッディはトイストーリーシリーズにおいて、常に持ち主を幸せにするのがおもちゃの役目という信念を持っていたし、今作でも冒頭では新持ち主のボニーを心配して幼稚園にまでついていく。しかしボニーはウッディをないがしろにし、ゴミからフォーキーをつくりだしそちらに夢中になる。
ウッディはフォーキーをボニーのもとへ送り届ける途中で持ち主のいない自由な人生を楽しんでいるたくましくなったボーピープと再会し、一方で持ち主に愛される生活をアンティークショップで夢見るギャビーと出会う。
ウッディは自身の内なる声を聞くようになり、ボニーに仕えることにこだわるのをやめ、最終的には仲間たちやボニーと別れる。ボーピープとともに、持ち主のいないおもちゃを子どもとマッチングさせることに生きがいを見いだすようになる。
ウッディが持ち主と決別して自分の人生を歩む選択をしたラストに日本人の多くは納得がいっていないようだが、アメリカでは高評価なのだという。過去や仲間を切り捨ててでも個人の幸せを選択するということがアメリカでは肯定的にとらえられたのだろう。
>|