トイ・ストーリー4の作品情報・感想・評価

上映館(373館)

トイ・ストーリー42019年製作の映画)

Toy Story 4

上映日:2019年07月12日

製作国:

あらすじ

「トイ・ストーリー4」に投稿された感想・評価

ケンC

ケンCの感想・評価

5.0
タイトルの意味を、今まで真剣に考えたことなかったからこそ、今回の結末は胸に突き刺さった。
そうだよ。これは「おもちゃたちの物語」だったよ。

シリーズを長く愛してきた人には納得できないという意見もすんごい分かっちゃうよ。
ただ映画単体として、尚且つ個人的な境遇と重ねて見ると、これほど背中を押してくれる映画もないんだよなぁ。

多分、今の自分の置かれてる状況以外の時に、この映画を見たらとんでもなく叩きまくってたかもしれない。あまりにも挑戦的すぎる内容だから。

それでも、おもちゃたちの、特にウッディの決断と行動は、ピクサー初のCG映画としての覚悟とプライドを強く感じることができた。
パイオニアだけに許された「先頭を突っ走る」決意を。

今後いくら多くのアニメーション映画が造られようと、彼らは永遠に「トイストーリー」の背中を追いかけ続けることになるんだろうな。
公開当初、評価が低かったのはみんなの勝手なエゴだったんだ。ウッディはこうあるべき〜とか、なんでその選択をしたんだよとか。アホかよ。
yu0328ki

yu0328kiの感想・評価

4.5
2019: 36本目
1.2.3には敵わない
かえ

かえの感想・評価

3.5
え〜納得いかない
アンディーの文字は消えないでよ〜
ぶぶ

ぶぶの感想・評価

2.8

このレビューはネタバレを含みます

長年のファンとしては、悲しい悲しい物語になってしまったなぁと。

まずボニーが嫌いになった。
ウッディを手放したくないアンディがあんなに大事だってことを伝えて譲ったのに、遊んでもらえない、部屋でも仕切れない、酷い扱いのオンパレード。
それでもボニーのために尽くす!

バズが初めてきた時には、アンディのお気に入りのおもちゃの座がとられるってあんなにバズを毛嫌いしてたのに、ボニーのお気に入りのフォーキーは、自分を省みず守る(成長したなぁ)。
それが使命と信じて。
でもまったく報われないし、いろんなものに見捨てられる。
もうフォーキーなしでは自分の存在価値を見いだせなくなる。

ボーとの再開も、嬉しいけど…頼もしすぎて…女性が強い時代なのはわかるけど…強すぎない?

でもウッディがいろいろいらんことやらかすから、ボーがあなたは黙っててみたいな感じでカブーンに協力を求めてOKもらった時、ウッディ背中の紐ひいて返事してたやつ、あのシーン素敵だなって思った。
なんかおしゃれだなぁって。
でも後にボイスボックスなくなるからだよねぇ…思い出しただけでつらい。

と語りだしたら止まらない。

トイストーリーは友情がテーマだと信じてた。
でもボーと一緒にいるのを選んだのは友情か?

何もかも、大事なもの全て手放して、持ち主のないおもちゃになってまで、ボーのそばにいたい理由ってなんだろうって考えまくった。

ウッディは誰も見捨てない。

でもボーは今までひとりだし、あんなに強くなって、仲間もいるし、大丈夫。
そもそも見捨てるとかの話じゃない。

今までの仲間は、ボニーに変わらず遊んでもらえてるし、まあ今の生活に不満もないだろう。

そうなると、自分ってなんなんだろう?

ウッディはひとりも見捨てない。
でも周りはウッディを必要としない。

疲れちゃったのかな、ウッディは。

あんまり前向きな再出発には思えなかった。
ウッディの決断を仲間がすんなり受け入れるのも、なんだか悲しい。
いくらみんなが、ウッディの決断にはいつも助けられたと言っても、今回のは重みが違いすぎるよね?

感情移入していろいろ考えずにはいられない。
好きすぎるから。

おもしろいのはおもしろい。
でもウッディがただただ悲しいだけの話であったことがひたすら残念。
その後の充実してる姿を見せられても、なんかもやもやしてしまう。
切ない。
Mii

Miiの感想・評価

4.6
1.2作目を見ていないからか、とても良かった。ギャビーギャビーの声も良かった
MaYu

MaYuの感想・評価

-
鑑賞記録
みうら

みうらの感想・評価

3.9
僕にとっての人生の教科書
良かった
an

anの感想・評価

3.3
ウッディはやっぱりアンディと一緒にいて欲しいし、ボーピープはドレスを着てる優しいボーが好き
>|