トイ・ストーリー4の作品情報・感想・評価

上映館(373館)

トイ・ストーリー42019年製作の映画)

Toy Story 4

上映日:2019年07月12日

製作国:

あらすじ

「トイ・ストーリー4」に投稿された感想・評価

3までがあそこまで綺麗に完結してたから、正直大丈夫か不安でしたが、今回もいい出来だったと思います。幼い息子もケラケラ笑ってて子供向けでもあり、大人だとぐっとくるシーンもあり、要は今までのシリーズ同様面白かった、という感じですね。ハイタッチしてもらえなかった兵隊が、ラストのロゴでハイタッチしてもらえたり、と粋な小ネタも満載。

最近のピクサーは、シュガー・ラッシュオンラインでもそうでしたが、多様な価値観というものをテーマにしてる気がしました。
Chana

Chanaの感想・評価

4.9
凄く賛否両論ある映画だと聞いていたけど、そんなことないジャーンやっぱピクサーは最強だなくるみ割り人形こえーなとか思いながら終盤へ。

完全に置いていかれた

わかる、わかるんだけど
わかるんだけどどうしよう、どうしたらいい?

映画の中では、キャラクター達の中では完全に完結してるから素晴らしいエンドだと思うんだけど、1を初めて見たうん年前から長い間私はウッディは"こういう風に行動する、考えるおもちゃ"だと思ってたから、まだ心がついていかない。

またじっくり見たい

むしろここまで心をザワつかせることの出来る映画は他にない
メモ

メモの感想・評価

-
バズ…………………
きょこ

きょこの感想・評価

5.0
今の自分と重なる部分があり、というか重ねてしまい、大号泣。バズにもウッディーにもボーにも他の子達にとっても「内なる声」がキーワードな感がした。毎度のおもちゃのワチャワチャは3で満腹だったところに4の展開はにくい(ToT)これ大人向きなのでは。子供と観たけど字幕でもう一回観たい。
Wakankoooo

Wakankooooの感想・評価

4.0
おもちゃ目線の感情が詰まる物語だった。
最後は切なかったけど、ウディーらしい道を選んだと思う( ´ ` )
笑いのセンスは流石トイストーリー!👍って感じで面白かったです!
Hanako

Hanakoの感想・評価

3.9
トイストーリー見たことなくて4だけ観てみた。
なんとなく今まで感動するらしいと聞いていたが、これは何度も笑った。
海外の笑いのセンスと日本の笑いのセンスって同じなんだな、と思いました🤣
トイストーリーといえば子供に対する絶対の忠誠心がテーマなのかなと思ってたけど、今回の映画ですごいあっさり覆してきたなと感じた。

あのままずっと誰かのおもちゃとして生きていけば、アンディのところに戻れる道もあったかもしれないけど、全く違って歩いて新しい道を選ぶのもそれはそれでいいんじゃない?って思う。

バズとの友情が大好きだったから、その部分だけ残念かな!笑

それにしても年々ホラー色強くなってない??人形の登場の仕方とか。
公開から1ヶ月程経過した時期に、様々な賛否の感想を読んだ上で観たのでかなり冷静に鑑賞できたことは多少幸いしている。とは言え、凄すぎた。超絶大傑作。
『何がジェーンに起ったか?』と『サンセット大通り』のハイブリッドであるギャビー・ギャビーに爆泣き。彼女が勧善懲悪に終始せずに、文字通り"スポットライト"を浴びに一歩を踏み出す姿が全て。
これまでのシリーズがおもちゃを通して"親"というものをメタフォリカルに描いてきたことを考えると、個人的には欺瞞や幻想に感じられて仕方なかった3へのアンチ・メッセージとして強すぎる。シリーズ中で最も強固。無限に見えた幻想としての"有限"から、真の無限の"彼方"へと向かうその選択は、子どもを喜ばすことを仕事にしてきたピクサーのクリエイターたちの最終結論として秀逸且つ希望に溢れている。

雛鳥が巣立った後の空っぽの巣を悲しんで過去に自縛され続けることが、果たして親鳥の人生なのか?
違うだろ、飛び立てよ!無限の彼方に向けて!!

正直、強すぎる結論までの過程としてプロットやキャラクターの配置を強制的に誘導している感は否めず、エピソードもアクションも錯綜していてまとまりはかなり悪い。だからシリーズでは一番嫌いな映画かもしれない。映画として。
ただ、シリーズ4作品を起承転結地味た叙事詩として、あるいは4作品にまたいだ論文として紐解くと、こんなに大納得する結論は無い。ウルトラ名作シリーズだったなと改めて感じた次第。
アンティークショップの名前が「セカンド・チャンス」だったことを忘れない。

余談
・冒頭の雨水のクオリティからして凄すぎる。
・照明演出完璧。
・ボー・ピープが自立したアウトロー女になってて、所々「やろう、ぶっころしてやる!」みたいな剣幕なのも最高。
・今回はフォーキーとバズの行動がいちいちキチガイで可愛かった。でもまあゴミなんだゴミなんだと叫び続けるフォーキーは、50年代のおもちゃであるウッディへの精神的な囁きだよな……(ストーリーにおけるバズの転がした方には作り手も困っている感はめちゃくちゃ否めないけれど……)
・シャイニングやヒッチコックのオマージュ(あのタイミングで『めまい』のオマージュするのには噴いた)があったのは面白かった。
・冒頭のさり気ない所作をラストで回収されるのに弱いので、フツーに高揚した(ここでこう記してもバレないくらにさり気ない所作)

このレビューはネタバレを含みます

最後のらウッディになるのが悲しかった😢
思ってた感じとちがった、、
フォーキーのぼくはごみだ~はかわいかった!!!
>|