トイ・ストーリー4の作品情報・感想・評価

上映館(8館)

トイ・ストーリー42019年製作の映画)

Toy Story 4

上映日:2019年07月12日

製作国:

3.9

あらすじ

「トイ・ストーリー4」に投稿された感想・評価

なつ

なつの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

評価はできない
わたしの中の最高傑作はやっぱりどこまでも3であって、これはアナザーストーリー。
でも、もう一度、ウッディとアンディに会えて、遊んでる姿が見えて、本当に嬉しかった


もう4のレビューでもなんでもないけどそもそも
なんでわたしはこの作品がこんなにこんなにこんなに好きなんだろう?

ママ、2歳だったわたしにたくさんトイストーリーを教えてくれてありがとう
たかがアニメでしかないけれど、私にとっては、今の私を作る大事な大事なシリーズです。

キャラクター一人一人の個性がすごい愛おしくて、愛しかない
人間じゃないのに、こんなにも持ち主の人間を大切に思ってくれて、おもちゃたちに感謝しかない
この作品は、大人にも子供にも一生愛され続けると思う。

たかがオモチャでしかないけれど、人が人を大切にすることと同じように、動物や、モノや植物やオモチャにもきちんと存在する意味は持っていて、人間次第で大事にできないこともあるし、執着することもできる

子供が生まれたら、真っ先にトイストーリーを見せよう。
Natsumi

Natsumiの感想・評価

4.8
二回映画見に行ったけど二回共感動
笑いあり涙ありの素敵な映画でした
トイストーリー最高!
ゆカピ

ゆカピの感想・評価

5.0
いい話じゃないか………
俺は好きあの終わり方
Rilly

Rillyの感想・評価

3.2
正直フォーキーという新キャラの印象が薄れたラストだった。
123とずっと一緒にいた仲間とあんなにあっさりお別れできるの?ボーピープ久しぶりに見たと思ったら2以来19年振りってそんなに経ってたことに驚いた。
玩具も大人になった成長したと思ったらいいのかな…
Yukki

Yukkiの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

ウッディとバズは離れないで!!!!(号泣)
おもちゃも持ち主に縛られず、自分で切り拓いて行く時代なのだろうか
今後どうなるか気になりすぎます
mintdrop

mintdropの感想・評価

3.6
19.09映画館にて。1-3(吹替え派)大好き。なるほど賛否両論。

「僕はおもちゃじゃない。ゴ〜ミだ〜(ダイブ)」「ぅわぁあぁぁあ」
なにこの天丼。

安定のおもしろ冒険活劇だし考えさせられて観て良かったとは思うのに、それでも私は、3で終わってほしかった。
理由は2点、切なさがあること、結論に至るまでの主軸が丁寧に描かれていないこと。
あと、2まで出ていたボーさんはかっこよくなって再登場。キレあるアクションと、それでも陶器だとわかるCGが素晴らしい。お陰で、割れないか毎度冷や冷や。

以降、ネタバレ含む。


1から3までの変遷を経て、ウッディが大切にしてきた願いは、自分が持ち主に遊んでもらうこと、持ち主が幸せなこと、他のおもちゃも幸せなこと、だと思う。本作4でもウッディは、使い捨てフォークに目や手足をつけられたフォーキーに、君は持ち主ボニーが最も大切なおもちゃなのだと懸命に説く。これはいい。
けれどその説明の度に、ウッディ自身は今持ち主から必要にされていないと打ちのめされる姿が、持ち主を語るのに元持ち主のアンディの名前で呼んでしまうことが、悲しすぎる。私が見たいのは盛り上がり助け合うおもちゃたちであって、不要だと打ちひしがれるウッディではないのだ。(役割をバズに取られると焦った1のウッディと比較すると、興味深そうだが。)

ウッディの本当の願望は多分「アンディ少年に皆と遊んでもらうこと」で、これはもはや思い出の中にあり、今はもう叶えられない。しかも新しい持ち主には今おもちゃとして求められていない。その後は、自分の務めではなく、自分の新たな夢を尊重させるというのなら素敵。でも今までやってきた「持ち主と共にあること」はただの務めではなくて生きがいだったと思うし、選択肢がなくてやむない決意に見せないために、新しい想いと決意と別れを丁寧に見せてほしかった。
自由に色々な子どもたちと遊びたい?でもそんなシーンは最後にもない。視野を広げてくれる憧れのボーといたい?何より遊園地でおもちゃと子どもを結びつけてあげたい??でも最後のだったら、あんまり納得したくない。ウッディは人でなくておもちゃだから。
結局私は、「今後も、バズやおもちゃたちと一緒にずっと子どもを見守るウッディ」という世界のままであってほしかった。だから寂しい。

最後に、寂しいと言えば中盤から一つ心残りだったことがあったけど、エンドロール後まで見て安心した。良かったね!✋
子どもの頃から見てきた世界
大人になってからみる子どもの世界

本当に最後なんだなって。
子どもの時を過ごしてきた映画が
一緒に成長して大人に向けたアニメになっていたように感じた。

もちろん子どもも楽しめるアクションいっぱいの面白い映画だったけど、小さい頃から見てきた映画に卒業を感じされられたラストだったなぁ、、、
気をつけろ

なくしたとおもってたおもちゃは

旅に出てるぞ
小太り

小太りの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

今回のテーマは「特定の子供に遊んでもらうorみんなに遊んでもらうか」という異質のものだった。

今までウッディが持っていた信念が崩れていくけど、それは新しい可能性を開くための選択肢だと思った。

爽快感があって、最後は泣いてしまうような素晴らしい映画。
>|