トイ・ストーリー4の作品情報・感想・評価

トイ・ストーリー42019年製作の映画)

Toy Story 4

上映日:2019年07月12日

製作国:

上映時間:100分

3.9

あらすじ

「トイ・ストーリー4」に投稿された感想・評価

Hase

Haseの感想・評価

3.6
吹替鑑賞。というかトイ・ストーリーは吹替でなくては!新キャラの声優ではタレント起用して、失敗する映画が多いなか、こちらはキャラにあっていて、とても良かったと思います。
フォーキーとダッキー&バニー、デューク・カブーンが可愛い(笑)
ラストは感想がわかれそうですが、自分は良かったと思います。
無限の彼方へ!
ま

まの感想・評価

4.5
最初のフォーキーがゴミ箱に入りたがるシーンが多くて、見るのをやめようと思ったくらい退屈になった、かつ、ギャビーギャビーが怖かったけど、最終的にみんなハッピーエンドでよかった〜〜。
ただ、ウッディの最終的な選択にはびっくりした。
にょこ

にょこの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

1.2.3と大好きで。
3の終わり方も自分の中では、完成度も高く終わりに相応しい締め方と思っていた。
なので実は4を楽しみにしつつも、多少抵抗があり、映画館に行く機会を逃し、ようやく視聴。
バカでしたねー行けばよかった。

ディズニーのオープニング、トイストーリーのテーマ曲。
これだけでやっぱりワクワクさせられる。ここで1つ確信。
やっぱり私はトイストーリーが好きなんだな、と。

開始から引き込まれます。
なるほど、そうやって別れてしまったのね。切ない。
ボーピープ、1.2とそんな出番はなかったものの陰で支えてたりウッディの恋人かなーとかそんな印象で。
今作では、キャリアウーマンの如く、自分の人生を切り拓いていて、陶器感も相まってキラキラ輝いてます。
そんなボーに惚れ直しちゃうウッディ。
今作では自分はおもちゃとして役立たずになってきてしまった悲しさを、フォーキーの保護者としての立ち位置を得ることで自分を取り戻そうとしてる。
フォーキー、ゴミ箱に何回もダイブするとことか、言ってることが伝わらない、赤ちゃん感が凄いリアル〜

改めてキャラクターやストーリーの綿密さに驚かされます。
ギャビーギャビーのウッディに対する切ない願いや、フォーキーを人質に取られ、自分の役目の終わりを痛感しパーツを与える悲しいウッディ。

そしてバズー!心?の声に頼りきりだった迷走はあれど、やはりバズ!なんでかうまくいく笑

彼女は大丈夫。ボニーは大丈夫。

この台詞でウッディの背中を押すシーン、最高でした。
保安官の星を、ジェシーに託すのも素敵。

青と黄色のふわふわコンビも、心の闇を感じておもろかったです笑
tai

taiの感想・評価

3.0
ラストこれでええんかな?
hoho

hohoの感想・評価

3.6
かわいい!
いつでもウッディの気持ちは真っ直ぐ
やっぱトイストーリーはいいね
うるっと来た
マイ

マイの感想・評価

3.0
ベンソーが怖かった、、ウッディー自分勝手すぎて嫌いになりかけたけど、最後は感動ボーピープがかわいい
しゅ

しゅの感想・評価

1.7
酷い出来。小さい頃から大好きな『トイ・ストーリー』にこんなスコアをつけたくなかった。
本作は、完璧なエンディングを迎えた3の蛇足ばかりか1~3の歴代シリーズに泥を塗るような仕上がり。色々言いたいことはあるが特筆したいのはあの終わり方。まず遊園地に残る理由のひとつがウッディがボニーに遊んでもらえないのが不満だからというのが共感できなかった。確かにこれまで人のため、おもちゃたちのために頑張ってきたウッディが最後に自分自身の決断をするというのは情緒があるが、それは、大好きだったアンディが最後にボニーに託した大切な贈り物を裏切ったという印象が強く残ってしまい、前作まででも取り上げられていたおもちゃの使命そのものを真っ向から否定してしまっている。
この作品で周りのおもちゃたちはウッディのわがままに振り回されるしボイスボックスはなくなるしで可哀想な思いをしていないし、最後はバズが苦労してきたウッディを見かねて送り出したようにしか見えなかった。いやいや良い風に「無限の彼方へ、さぁ行くぞ」って言ってるけどそうじゃなくてさ…。それ含めて殺伐としているというか全体的にキャラが以前とズレてる気がした。フォーキーはいつのまにか説得されてるし。
序盤のダイアモンド✡ユカイの「君はともだち」など評価できる点もあった。前作から9年経ったが、あの音楽だけで視聴者に『トイ・ストーリー』の世界観を一気に引き込ませていく演出はとても良い。あと芸能人がアフレコをすると微妙だというイメージがあったのだが、チョコレートプラネットの二人の癖のあるアフレコが良くてダッキー&バニーが終始かわいらしかった。
監督と脚本家を調べたらめざましい経歴があるわけでもなくなぜピクサーは彼らに託したのか理解に苦しむ。長たらしく書いてきたが記憶から消したいという意味では今まで観た映画でワースト1位。
>|