トイ・ストーリー4の作品情報・感想・評価

トイ・ストーリー42019年製作の映画)

Toy Story 4

上映日:2019年07月12日

製作国:

上映時間:100分

3.9

あらすじ

「トイ・ストーリー4」に投稿された感想・評価

おもちゃにはおもちゃの人生があるよね。
マイ

マイの感想・評価

3.0
ベンソーが怖かった、、ウッディー自分勝手すぎて嫌いになりかけたけど、最後は感動ボーピープがかわいい
しゅ

しゅの感想・評価

1.7
酷い出来。小さい頃から大好きな『トイ・ストーリー』にこんなスコアをつけたくなかった。
本作は、完璧なエンディングを迎えた3の蛇足ばかりか1~3の歴代シリーズに泥を塗るような仕上がり。色々言いたいことはあるが特筆したいのはあの終わり方。まず遊園地に残る理由のひとつがウッディがボニーに遊んでもらえないのが不満だからというのが共感できなかった。確かにこれまで人のため、おもちゃたちのために頑張ってきたウッディが最後に自分自身の決断をするというのは情緒があるが、それは、大好きだったアンディが最後にボニーに託した大切な贈り物を裏切ったという印象が強く残ってしまい、前作まででも取り上げられていたおもちゃの使命そのものを真っ向から否定してしまっている。
この作品で周りのおもちゃたちはウッディのわがままに振り回されるしボイスボックスはなくなるしで可哀想な思いをしていないし、最後はバズが苦労してきたウッディを見かねて送り出したようにしか見えなかった。いやいや良い風に「無限の彼方へ、さぁ行くぞ」って言ってるけどそうじゃなくてさ…。それ含めて殺伐としているというか全体的にキャラが以前とズレてる気がした。フォーキーはいつのまにか説得されてるし。
序盤のダイアモンド✡ユカイの「君はともだち」など評価できる点もあった。前作から9年経ったが、あの音楽だけで視聴者に『トイ・ストーリー』の世界観を一気に引き込ませていく演出はとても良い。あと芸能人がアフレコをすると微妙だというイメージがあったのだが、チョコレートプラネットの二人の癖のあるアフレコが良くてダッキー&バニーが終始かわいらしかった。
監督と脚本家を調べたらめざましい経歴があるわけでもなくなぜピクサーは彼らに託したのか理解に苦しむ。長たらしく書いてきたが記憶から消したいという意味では今まで観た映画でワースト1位。
ぼぶ

ぼぶの感想・評価

3.9
3で爆裂に泣かされたので、なんて良い幕引きなんだと思っていたが、4は4で良かった。
常にこのトイストーリーが内包している、子供との在り方を、今回はよりクローズアップしていて、さらに僕らからすれば人気者のウッディが、劇中では全盛期を過ぎた扱いというのも、長く続く人気作のパート4にその話を持ってくるか〜という感じで、シリーズ自体とも重なってみえてくる。

でもボニーもまたフォーキー(とさらにもう1人?)を生み出しては愛し、また迷子の子も1人新しい出会いを果たしていて…出会いと別れ、持ち主と迷子というキーワードが色々なシーンから感じられた。

これまでのものと比べると、少し脚本は薄めで力技なところも散見されるが、それよりも毎回違ったグッとくる内容になっていることが尊敬できる。

いつも通りの遊び心も沢山効いてて安心したし、シリーズずっと観てる人には程よい塩梅の4なのでは。
ponyo

ponyoの感想・評価

4.6
家族で大笑いした!!
大人のトイ・ストーリーだった。

おもちゃの役割が子供を幸せにすることだけだとしたら、おもちゃがその子供にとって必要が無くなる時が必ずくる。代わりはいくらでもいるし、人は成長していくからだ。おもちゃにできることは限られている。だから悩む。

いつの間にか手段の目的化が起こり、本来の目的を忘れてしまう。

おもちゃが作られた目的は明確なのかもしれないが、そのおもちゃ達ですら、どう生きればいいか分からなくなっている。

人間はどうだろう?
生きる目的が決められているわけではないし、そんなこと誰も教えてくれない。たぶん、自分の目で世界を見て、自分の意思で決める必要があるのだろう。内なる声に従って。

トイ・ストーリー4、面白かった。
チカ

チカの感想・評価

-
ホラー回
ウッディはウッディの新しい道を歩んで行きました。
らん

らんの感想・評価

3.3
面白かったけどさいごびっくり
>|