トイ・ストーリー4の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

上映館(373館)

トイ・ストーリー42019年製作の映画)

Toy Story 4

上映日:2019年07月12日

製作国:

あらすじ

「トイ・ストーリー4」に投稿された感想・評価

ボーかわいいから、ウッディの選択は正しい。笑

ウッディは、今までは自分が子供と一緒にいることを考えていたが、今回は子供の為に、自分が一緒にいないことを選んだ。

アンディが大人に成長すると同時に、ウッディも心が成長していた。

今までの初代からのキャラクターが今回はあまり絡んでいなかった。

ほとんど、ウッディとフォーキー。
min

minの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

前作は人とおもちゃのお別れ、今作はおもちゃとおもちゃのお別れが描かれていて、なるほどなぁとまさかと、て感じでした。
まさかウッディとバズがサヨナラなんて…ついうるっときてしまいました。
うさぎさんとひよこさんのキャラがよくて、面白いシーンも満載でとても良かったです。
みの

みのの感想・評価

3.1
トイストーリーシリーズは大好きだけど、今回は大人向け?な気がした。ちょっと怖いなぁと。3には勝てないかな、、
楽しく見られた!
けど最終的にウッディは女を取ったんか……笑
とツッコまざるを得なかった。
y

yの感想・評価

3.4
トイ・ストーリーを見て育ったので、アンディと同じ目線で見れてめちゃめちゃエモく感じた。
Y

Yの感想・評価

4.2
女の方が頼もしかったり、なんか新しいっていうか、トイストーリーの中にも社会?がある感じがした。
最後は本当に泣いた。
友情って、愛って、側にいることが全てじゃないんだね
tobi

tobiの感想・評価

3.9
ボニーの作ったおもちゃフォーキーを連れ戻す旅のお話

アンディからボニーに引き継がれたウッディたちはボニーと楽しい時間を過ごしていた。が、少しいつもと違う。アンディ時代の一番の人気者ウッディがベンチウォーマーに。焦るウッディはボニーの初めての学校について行き、手作りのおもちゃフォーキーと出会う。

自分を「ゴミだー」と連呼するフォーキーと、ボニーに必要とされなくなったウッディ=やんわりとゴミだと対比するのが絶妙であり、さびしくもあり。

今回はウッディと新キャラクターにスポットが当たってそれはそれでいい!正義感がありカッコいい女性ボーが正当ヒロイン。脇を固めるミツ首羊さんやチョコプラの軽快なトークが面白い!

反面、今までの功労者スリンキーやポテトヘッドたちの出番がほとんどないのは残念。

ラストは賛否両論と聞いていましたが、その意味が分かりました。苦楽を共にした友たちとあっさり別れちゃうの!?
持ち主がいるということがいかに幸せかと言っていた3を否定しちゃってない!?
と散々言いましたが、あんなラストも悪くない。人もおもちゃも考えは変わるだろうし、その時の大事なものを選んだ(今回は必要とされていない寂しさと、ボーの自由な生き方に惹かれた)ということでしょうか。

そしてウッディとボーの関係性もきになるところ。ウッディとジェシーはそういう関係(設定?)ではなかったんでしたっけか?
あも

あもの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

バズとウッディが離れ離れになってしまったのが辛い。最近のディズニーはこういう終わり方が多い。
snoopy

snoopyの感想・評価

2.8

このレビューはネタバレを含みます

アンディと同じ様に、いつかはボニーもおもちゃで遊ばなくなるだろうけど、こんなに早いとは。ウッディ達がおもちゃとして、安心できる場所は結局ないのかと悲しくなる。
もこす

もこすの感想・評価

3.9
これまでのトイストーリーとは違い、おもちゃが持ち主から自立することをテーマに描かれている。持ち主がボニーに変わったことや、自立したおもちゃに出会ったことでウッディは「おもちゃは持ち主のためにある」という価値観を疑い始める。おもちゃの役割、一生とは。ウッディは自分の役割を考え直す。最後はウッディの選択を尊重したい。トイストーリー5あるよね?