トイ・ストーリー4の作品情報・感想・評価 - 7ページ目

上映館(343館)

トイ・ストーリー42019年製作の映画)

Toy Story 4

上映日:2019年07月12日

製作国:

あらすじ

「トイ・ストーリー4」に投稿された感想・評価

Masa

Masaの感想・評価

4.4
完璧な最後を迎えた3の後だったから少し心配だったけど、大満足
ゴミから作られたおもちゃだったり、おもちゃカーストが最下層になったウッディとか新しいおもちゃとしてのあり方とか今までない要素が盛りだくさんでそれをしっかりまとめていてよかった。結末にも満足。
何より小さい頃からの思い入れあるから感動する。でももうこれで終わって欲しい。
ナツ

ナツの感想・評価

3.9

3の終わり方が好きすぎた

そして4が切なすぎた

これ子供が見たらどういう感想を持つのかすごくすごく気になります。

1で近所の悪ガキに木っ端微塵にされてたかもしれないし、2で博物館に展示されて子供とは遊ばなくなってたかもしれないって思うと感慨深くてトイストーリーと共に年を取ってきたんだなって改めてピクサーが好きになりました。
ぬん

ぬんの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

今までおもちゃという人生を全力で生きてきたからこそ、できる決断だと思った。
観たあと、1ヶ月くらいずっと考えた。
kuu

kuuの感想・評価

-
賛否両論分かれる作品だなという印象は受けたけど個人的には納得できる作品だった。今までとは一味違うトイストーリー。
りさ

りさの感想・評価

4.6
フワ光線!!!の破壊的な可愛さが頭からはなれず、事あるごとにこれを連発することでストレス発散をするようになった。
まさかおもちゃたちの強烈なアクションシーンが観れるとは思ってもみなかったのでたまげたのと共に実に爽快であった。
もう一つの好きなセリフは
Go to jail!
かな。(モノポリー♤したくなる)
結末も賛否両論飛んでますが個人的には納得のいく筋であると。ただ、多少のあっけなさは感じたが。総じて映画館で見て楽しい、家のおもちゃを慈しむことが出来る素晴らしい空間であったことは間違いない。
ウッディのトイ・ストーリーを見届けよう☆ミ

『トイ・ストーリー』『トイ・ストーリー2』が公開された時は、まだ小学生で両方親に観に連れて行ってもらい、帰ったらおもちゃたちに「ごめんね」と謝っていた頃が思い出深い…。
字幕も良いけど、トイ・ストーリーはやっぱり吹替で観たいので吹替で観賞。
短編は別として、3で"最高の終わり"を迎えたと思ってたので、続編が観られるだけでも嬉しいのに、本作で思わぬ変化球を投げつけられて、本当これ考えたPixarは素直に凄い‼と改めて深く噛み締めるように思う!
劇場でエンドロールが終わっても号泣が止まらず、とても恥ずかしかったけど、周りもたくさん泣いてて!「そうだよね!」って何だかホッとする一時だった(笑)
こういう事が映画館で観る醍醐味の一つだな~♪

常に一軍で、おもちゃたちのリーダーであり持ち主アンディとボニーに求められてきたウッディ。
ある日ボニーが幼稚園に行く事になり、おもちゃたちは新しい環境に入るボニーが心配で心配で、その中でも、一番世話焼きなウッディは一緒に幼稚園に付いていっちゃう(笑)
すると、幼稚園でボニーが作ったおもちゃフォーキーの面倒をウッディが見るようになる。
そして、ひょんな事から、かつての仲間と再会!かつてとは違い、彼女が自由に伸び伸びと過ごしているのを目の当たりにし、ウッディが初めて自分について考える…。

お馴染みのキャラクターから新キャラクターも個性的で、一時間40分じゃ足りない‼もっともっと観ていたかった!!
本作は、ちょっぴり恐くて(笑)笑えて楽しい~♪
今までウッディはアンディの為、おもちゃたちの為に行動してきた。
ウッディの表情がきめ細かくて、一つ一つ印象的で切ない。
バズも凄く良かった。
作品全体的に素晴らしく、本作も胸をグッと突いてくる台詞が所々散りばめられている。
「子供は毎日おもちゃを無くす」
この言葉は残酷だけれど、ある意味子供が成長していく通過儀礼でもあるな~。

後、やはり時期的に見てもウッディがトイ・ストーリーの生みの親ジョン・ラセターと重なってメタファーに感じる……。
けんご

けんごの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

フォーキー可愛い。
唐沢寿明と所ジョージもまさかのラストと言っていたけど、観に行ったら本当にまさかのラストだった。
3のときももう子供向け映画じゃないな、なんて思ったけど、4はそれ以上。もう明らかに大人向けだな、と思った。
主にも求められず、主の為だと言いながら実際には自分の存在価値ばかりを優先する悲しいウッディがそこにはある笑
子供に遊んでもらう事こそおもちゃの幸せ。そう考えるなら確かに最後の選択はボニーに遊んでもらえないウッディに取っては間違いじゃない答えなのかもしれない。今まで常にアンディや仲間達の為に生きて来れたのは、おもちゃとして恵まれた存在であるという前提があったからなのかな?ずっと一緒にやってきた仲間達と別れてまで自分の幸せを優先するという、今までのウッディらしくない答えも、自分で遊んでくれる誰かに出会おうとするおもちゃの本能なのかもしれない。ゴミの本能でゴミ箱に導かれて行くフォーキーみたいに笑
あとバズ。若干のこいつここまでアホだったっけ感はあったけど、最後のウッディの本心を見抜き、彼女は大丈夫と、ボーの事じゃなくボニーは大丈夫だとウッディの背中を押してあげる姿はカッコイイ相棒だった。
サワワ

サワワの感想・評価

3.2
ウッディの成長感じた。悪くはないが1、2、3でウッディを支えた仲間たちの出番があまりに少なく薄っぺらい友情に感じてしまい残念
pipboy101

pipboy101の感想・評価

3.9
どう考えても蛇足にしかならないだろう、無茶苦茶なプロジェクトを任された側の気持ちになって鑑賞していたけれど、無事に乗り切ってて、そこに感動した、という感じ

あと毎度のことながらディズニーは、その映像のすごさに、それだけで感動させられてしまう
トイ・ストーリーは、初めて観たんですが終わった後もジーンと心が温かくなる感じで良かったです。
持ち主である人間の女の子のボニーのお気に入りに選ばれなくてもボニーのために一生懸命なウッデイが良かったです。
どんなときでも持ち主である子供のために行動してたウッディが自由な世界を知り飛び出そうとする姿に思わず応援したくなりました。
エンドロール後の演出も楽しかったです。