トイ・ストーリー4の作品情報・感想・評価

トイ・ストーリー42019年製作の映画)

Toy Story 4

上映日:2019年07月12日

製作国:

上映時間:100分

3.9

あらすじ

「トイ・ストーリー4」に投稿された感想・評価

あおい

あおいの感想・評価

4.0
相変わらずおもちゃの達の
発想が面白いし
新キャラのホーキーがかわいい🍴💕

でも、終わり方に納得がいかない…
RINさん

RINさんの感想・評価

3.3
おもちゃの話。
トイストーリー4には賛否両論あります。
持ち主あってのおもちゃだったが、
遊園地のゲームのおもちゃになるもの、
ボニーところに戻るおもちゃ、
なんか微妙。
いろんな設定が変わりすぎ。
ギャビーギャビーが迷子の子に拾われていくところは好き。
ウッディとボーはアレで良かったのか。
ボニーが作りだすおもちゃも…
トイストーリー3の完結でいい。
おもちゃの在り方ってなんだろう。
procer

procerの感想・評価

3.5
テーマソングはこれから
どうなってしまうのだろうか。。
と感じたラストの展開でありました。
milk

milkの感想・評価

3.2
今までのトイストーリーが素晴らしかったから、ちょっとおちる気がした。
ウッディが幸せならそれでいいんだけど。
mybt

mybtの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

ピクサーは全てにおいて感心させられるぅ〜映像もやし、細かい描写も、、でも、やぱ1が一番好きなんよなぁ


結末え、てなるけどウッディの気持ちになったらそれで良かったんやと思う。エンドロールのシーンもみんなで楽しそうにしてて良かった。フォーキー腹立つけど憎めんやつ。ボーピープカッコよすぎ
2つセットのあのぬいぐるみ達めちゃ好きw

ギャビーギャビーと見張り隊めちゃ怖い、途中ホラーw
moviegoer

moviegoerの感想・評価

3.9
ごみで作られらたホーキーが家に来たことがきっかけに、ウッディが将来について模索する話。
トイストーリー1〜3は常に仲間のための行動をしてきた。
4では、自分のために生きることを決断。
賛否両論あるみたいだけど、個人的にあのラストは良かったと思います。
るな

るなの感想・評価

4.0
トイストーリー初めて見た
面白かった!前作も見てみたくなりました
トイストーリーはどの作品も好きだ。
どの作品もオモチャにしか描けない感情が観ている観客にも伝わってくる。

 1作目は、新しい物の導入に対して薄れていく自分、でも必要なのは自分にしかない個性であって失う物なんてなくて必要であるのは協調性。

 2作目は、自分の価値観。そして選択。必要とされている答えに対して答えられるのは一つ。混乱する気持ちに相手の気持ちに気づけず言い合い。選択は時に人の本性をみせるがそこには真実であって普段言えない愛がある。自分にとって大切な事を教えてくれる物語。

 3作目は、成長。そして家族や仲間。だがこれは行き当たった壁とその答え。本題は「ベストな答え」。なにに対しても全部が上手くいく答えなんてない。じゃあ諦めて不幸な運命に従う、そういうわけにはいかない。行き当たった壁に自分はどんな最善の答えを生み出せるか。

そして長くなったがここから、

 4作目!、自分(本心)。そして愛。愛ってラブストーリー?そういう訳ではなくて、様々な「愛」がある。ウッディはボニーに必要とされたいという想い。ボーはウッディの誰よりも正義感溢れた捨てきれない気持ちに応えたい想い。そして先割れスプーンでもボニーの愛からできた。
 そしてこの愛に敵対してしまうのが本心。様々な愛という名の本心がぶつかり合い両思いにはなかなかたどり着けない。
 だがどれも間違いではなくて、自分にとっての大切な事、本当の声がこの話ではカギになっていく。

トイストーリーは、オモチャだから見えない目線があるが、どこか私達と同じ一面がある。その一面は時おり私達より大きな存在として立ち向かってくる。だがオモチャのサイズでも私達人間のサイズでもそこで出会う感情はどちらも同じ比なんだと教えてくれる素敵な映画でした。

どの作品も大好き✨オモチャは大切にする!
akubi

akubiの感想・評価

3.9
どこまでも優しくてロイヤルティの強いトム・ハンクス、じゃなくてウディの、健気なおもちゃぶり。
バズの愛も変わらずの真っ直ぐさ。
幼い頃のおもちゃを眺めているような懐かしさに思わずホロリとしてしまう。
(こんなに良かったけ、トイ・ストーリー。)

自由になりたいおもちゃがいることも知って子どもたちは哀しくなったりしてしまうのでは、なんて思ったりもしたけれど、クローゼットでホコリにまみれてしまっているおもちゃたちの、これは解放運動なのかもしれない。

おもちゃはどんなカタチであれ、子どもたちのはじめての友だちだから。
そして友だちは、永遠じゃない。哀しいことかもしれないけれど、さようならをしなければならないこともある。
ちいさな子には、まだ考えることが難しいお話なのかもしれないけれど、そんな未来のある寂しい現実を優しく教えてくれる。

大好きだったお友だち。
広がる世界。
また、愛し愛される友だちができる日まで。

。。とにかく細かいところまでキュートで、可笑しくて、素敵だった◎

このレビューはネタバレを含みます

内容は面白かったけど
最後らへんの展開が受け入れ難いし
納得いかない。
仲間との別れを
そんな簡単なものにしないで欲しい。
極端な表現だけど、
ウッディが前の仲間より
女を選んだのかと思うと‥
昔の仲間とそんな簡単に別れられるの?って感じ。
終わってしばらくは喪失感が残る。

アンディが最後まで手放すか悩んでボニーに託したのにって思ってしまう。
ボニーが悪いってわけじゃないし、仕方のないことなんだけど。
ボニーがウッディのことどうでも良い存在に扱ってて辛かった。そう考えると、ウッディにも新しい変化が必要なタイミングだったのかなとも思う。
でも‥これでアンディとのつながりがなくなった。

昔の仲間とのストーリーを思うと辛いけど
未来を考えると幸せに生きる希望があるよね。

新キャラはみんな面白かった。

あと、最後ハイタッチできて良かった🤚
>|