beans045

PKのbeans045のレビュー・感想・評価

PK(2014年製作の映画)
5.0
宗教とは何か?神とは何か?

アーミル・カーン遂に宇宙人になる。
多民族国家にして、隣国パキスタンと宗教問題と国境紛争を抱えるインドの良心と呼ばれるアーミル・カーンが、宗教とは何か?神とは何か?を愚直にぶつけて来た。
インドとパキスタンは、今の日韓関係と同じくらいいやそれ以上に複雑かもしれないけど、さらに宗教問題にも斬り込んでいけるのはアーミル・カーンしか許されないと言っても過言では無いと思った(アーミル・カーン自身はムスリムだそう)。
ダンス、音楽、純愛、宗教問題、インド・パキスタン問題と、まぁよくもこれだけ盛り込んだなと思える内容、150分超えにも納得。
地球に降り立った宇宙人のpk(仮の名)は、宇宙船を呼ぶリモコンを奪われ宇宙に帰れなくなり、リモコンを取り戻す旅に出るという物語。
宇宙人という特異な立場から観た地球人の不思議なところを口にして、周囲からはpk(酔っ払い)と言われるようになる。
人伝に神様にお願いすれば、リモコンを取り返せるかもしれないと知り、神様にお願いするけど、宗教によって神様、習慣が違うことに戸惑いを受け、神様はいないのでは?いるけど人の心を弄んでお金をせしめる神様を宗教者が利用しているのでは?と言い出す。
そんなpkに興味を持ったヒロインのジャグーが自身のテレビ局の番組に出演させたところ、大ヒット。
ジャグーとサルファラージュの導入部の回収に時間が掛かったけど、そういうオチだったのかと。
『バジュランギおじさんと小さな迷子』でもインド・パキスタン問題が題材で、インドから見た問題として描かれていた部分があったと思うけど、この作品は宇宙人を通して、地球人ってこんなに変というタッチで描かれていて、どちらかに肩入れしていないのもいいなと思った。
次に、アーミル・カーンがどんな役をやるのか楽しみ。