PKの作品情報・感想・評価

PK2014年製作の映画)

P.K.

上映日:2016年10月29日

製作国:

上映時間:153分

4.1

あらすじ

留学先のベルギーで大失恋し、今は母国インドのTV報道局で働くジャグー(アヌシュカ・シャルマ)は、ある日地下鉄で黄色いヘルメットを被り、大きなラジカセを持ち、あらゆる宗教の飾りをつけてチラシを配る奇妙な男(アーミル・カーン)を見かける。チラシには神様の絵に「行方不明」の文字。興味を持ったジャグーは、「PK」と呼ばれるその男を取材することに。「この男はいったい何者?なぜ神様を捜しているの?」しかし、…

留学先のベルギーで大失恋し、今は母国インドのTV報道局で働くジャグー(アヌシュカ・シャルマ)は、ある日地下鉄で黄色いヘルメットを被り、大きなラジカセを持ち、あらゆる宗教の飾りをつけてチラシを配る奇妙な男(アーミル・カーン)を見かける。チラシには神様の絵に「行方不明」の文字。興味を持ったジャグーは、「PK」と呼ばれるその男を取材することに。「この男はいったい何者?なぜ神様を捜しているの?」しかし、彼女が男から聞いた話は、にわかには信じられないものだった―。いまだ世界中で巻き起こる社会問題に鋭くメスを入れつつも、自分の人生に迷うすべての現代人のターニングポイントにきっとなる、笑いも涙も詰まった珠玉のドラマ。

「PK」に投稿された感想・評価

これは2回観ないと噛み締められないくらいギューギュー詰め込まれた映画。SF、恋愛、社会問題、アクション、ミュージカル…全部盛り放題なんだけど全て回収して締まってるのが気持ち良い。監督の頭の良さが発揮されてます。
インド映画特徴のまくし立てるような演出も2時間キツイかなぁ思ったけど、途中からすんなりと慣れてしまった…
ほ

ほの感想・評価

3.6

インド映画のヘラヘラしたテンションで社会のイタイところを突いてくる、ブラックコメディ。


"この作品はいかなる宗教団体についても..."的な注があるが、これ書いておいて正解。


酔っ払い宇宙人からしたら人間はおかしなことばっかりするなぁ。




『きっと、うまくいく』の方が個人的には好み。
最後の番組のシーン、アレでいいのか。。
けろ

けろの感想・評価

-
インド映画だなあ〜
こふぐ

こふぐの感想・評価

4.1
すごく面白い!
ちょっと長いけど十分に観る価値あり!
矛盾をバサバサ切り裂く所はほんと面白かったな〜。
あやね

あやねの感想・評価

4.0
アーミルカーン大好きだ〜
宗教観が変わる
エイガ

エイガの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

『きっと、うまくいく』が面白くて気になったのでこちらも視聴

前半は予告で観ていたのと違い内容に物足りなさを感じた。宗教の話にあまり詳しくないのでちょっと置いてきぼりにされた感じ…多分ブラックジョークなのかな?とかも理解出来なかった。
でも中盤過ぎたあたりからは面白かった!ダンスに歌、聞いてると何故か癖になる♪
ラストの導師との直接対決、リモコン持ってこうとして父親に諭された時のあの顔wwサルファラーズ、大使館との電話やり取りはグッときた 前半の話も回収しつつラストは見事(^^)

兄貴は残念だった
藤くん

藤くんの感想・評価

3.7
きっとうまくいく以来
生きることの本質を教えてくれる作品
よかった!
Rin

Rinの感想・評価

4.3
宗教観
いろんな宗教を信仰する人、盲目的に信仰する人がいる国だからこそ作れた作品
信仰とは、を面白おかしく問う作品

歌のシーンで出来事がダイジェストで流れるので、たたでさえ長尺なのにそれ以上に濃密な内容

役柄に必要ないほどのアーミルカーンの筋肉
>|