PK(2014年製作の映画)

P.K.

上映日:2016年10月29日

製作国:
  • インド
  • / 上映時間:153分
    監督
    ラージクマール・ヒラニ
    脚本
    ラージクマール・ヒラニ
    キャスト
    アーミル・カーン
    アヌーシュカ・シャルマ
    スシャント・シン・ラージプート
    サンジャイ・ダット
    ボーマン・イラニ
    あらすじ
    留学先のベルギーで大失恋し、今は母国インドのTV報道局で働くジャグー(アヌシュカ・シャルマ)は、ある日地下鉄で黄色いヘルメットを被り、大きなラジカセを持ち、あらゆる宗教の飾りをつけてチラシを配る奇妙な男(アーミル・カーン)を見かける。チラシには神様の絵に「行方不明」の文字。興味を持ったジャグーは、「PK」と呼ばれるその男を取材することに。「この男はいったい何者?なぜ神様を捜しているの?」しかし、彼女が男から聞いた話は、にわかには信じられないものだった―。いまだ世界中で巻き起こる社会問題に鋭くメスを入れつつも、自分の人生に迷うすべての現代人のターニングポイントにきっとなる、笑いも涙も詰まった珠玉のドラマ。

    「PK」に投稿された感想・レビュー

    ユキユキ
    ユキユキの感想・レビュー
    2016/11/26
    3.8
    これは2回観ないと噛み締められないくらいギューギュー詰め込まれた映画。SF、恋愛、社会問題、アクション、ミュージカル…全部盛り放題なんだけど全て回収して締まってるのが気持ち良い。監督の頭の良さが発揮されてます。
    インド映画特徴のまくし立てるような演出も2時間キツイかなぁ思ったけど、途中からすんなりと慣れてしまった…
    笑いの殺し屋
    笑いの殺し屋の感想・レビュー
    45分
    4.0
    少し長く感じるけど面白い!
    羞恥心の絶対的エース野久保直樹
    49分
    4.2
    宇宙人が帰るための発信器を地球でなくしてそれを探すお話。
    いっけんSFみたいですがそんなことはなくコメディよりのヒューマンドラマです。
    主人公が宇宙人なだけあって少しずれててお馬鹿だけども時々良いことを言うのが良いですね。
    宗教をかなり偏見でモノを言う主人公なのでそこに抵抗がある人は楽しめないかもです。
    主人公を支えていくヒロインもなかなかキャラが濃く楽しくテンポよく進んで行きますが少しシリアスなところもあり何か心にしみる映画でした。
    なかなか名作感ありました。(宇宙人は嘘をつけないとか冗談を言えないみたいな設定が重要です。)
    ぱんだ
    ぱんだの感想・レビュー
    56分
    5.0
    上映時間がまず2時間半あるので、少しハードルが高いかもしれないですし、前半1時間半は名無しの宇宙人ことpkさんのインド放浪記なので、眠くなる方もいるかもしれない。

    でも、もう1人の主人公である、めちゃくちゃ死ぬほど可愛くて美人なジャグーと一緒に暮らし始めたあたりから、もうグイグイ物語に引き込まれてしまって、最後は涙がポロポロでした。

    1時間半に渡るインド放浪記によって、pkさんは「信仰とはなんなのか」を我々に突きつけます。素朴な疑問、でも口に出してはいけないと思い込んでいる疑問。

    本当に「神様を守る戦い」は神様に失礼だよねって当たり前なこと思い出させてくれます。神様って守らないと消えてしまうものじゃないですからね。

    すごく良い映画でした。
    海田和果
    海田和果の感想・レビュー
    1時間
    4.0
    「神はこの世界にいるのか」というタブーのような題材を娯楽作品に落とし込んだことがまず凄い。「神の存在」を疑うことにより、信じる人たちを傷つけるのではなく、「神との間に入る存在」を疑った観点が配慮であり、秀逸だと感じた。

    宗教間の戦争や国家間の争い、どうしようもなく辛くて、悲しくて、この問題で沢山の人が死んでいる。

    この考え方を全世界で共有できたら平和が訪れるんじゃないかなと本気で思う。それ本当に神様が望んでるのかな。これを一瞬考えるだけで世界が平和になるよ。
    jumbo
    jumboの感想・レビュー
    2時間
    3.8
    本当の話
    ぱんちさん
    ぱんちさんの感想・レビュー
    2時間
    4.6
    神様はどこにいるの?
    三大カーンの一人のアーミルカーンが宇宙人。
    様々な宗教が混在するインドならではのテーマ。
    強烈なメッセージでガツンと響きます。
    無宗教の人が多い日本人には共感できる部分も多いのでは。

    喜怒哀楽が詰まってまとまってる素晴らしい映画でした。
    ゆっこ
    ゆっこの感想・レビュー
    2時間
    4.3
    きっとうまくいくに比肩する面白さだった!

    最初は、インドとパキスタンのロミジュリ的メロドラマ作品かと思ったが、奥が深すぎてびっくりした。
    アミールカーンが出て来てからも、ただの宇宙人の地球放浪記かと思ったが、まさか宗教がテーマになっているとは思わなかった。

    深刻になりすぎず、エンターテイメント作品として見られるのに宗教についてこれほど真理をついた考察をしてくれる作品は他にはない。
    悪いところは、ダンスシーンがちょっと足りないくらい笑。


    大学の宗教学の授業とかでもこれをとりあえず流しておけばいいかなと思う笑。
    mai
    maiの感想・レビュー
    2時間
    -
    面白かった〜!
    インド映画は解釈が難しい。
    添島
    添島の感想・レビュー
    3時間
    4.0
    すごい、この、根本的なとこを、強く批判のメッセージを押すわけでもないのに、なんなんだろうな、こう、すこんと、そもそもの話を考えさせてくれるという。ていうか全然知らないことが多いなぁ、宗教。
    兄貴ほんといい男だもう……。

    アーミル・カーンの目が夢に出る。
    >|