PKの作品情報・感想・評価

PK2014年製作の映画)

P.K.

上映日:2016年10月29日

製作国:

上映時間:153分

4.1

あらすじ

留学先のベルギーで大失恋し、今は母国インドのTV報道局で働くジャグー(アヌシュカ・シャルマ)は、ある日地下鉄で黄色いヘルメットを被り、大きなラジカセを持ち、あらゆる宗教の飾りをつけてチラシを配る奇妙な男(アーミル・カーン)を見かける。チラシには神様の絵に「行方不明」の文字。興味を持ったジャグーは、「PK」と呼ばれるその男を取材することに。「この男はいったい何者?なぜ神様を捜しているの?」しかし、…

留学先のベルギーで大失恋し、今は母国インドのTV報道局で働くジャグー(アヌシュカ・シャルマ)は、ある日地下鉄で黄色いヘルメットを被り、大きなラジカセを持ち、あらゆる宗教の飾りをつけてチラシを配る奇妙な男(アーミル・カーン)を見かける。チラシには神様の絵に「行方不明」の文字。興味を持ったジャグーは、「PK」と呼ばれるその男を取材することに。「この男はいったい何者?なぜ神様を捜しているの?」しかし、彼女が男から聞いた話は、にわかには信じられないものだった―。いまだ世界中で巻き起こる社会問題に鋭くメスを入れつつも、自分の人生に迷うすべての現代人のターニングポイントにきっとなる、笑いも涙も詰まった珠玉のドラマ。

「PK」に投稿された感想・評価

これは2回観ないと噛み締められないくらいギューギュー詰め込まれた映画。SF、恋愛、社会問題、アクション、ミュージカル…全部盛り放題なんだけど全て回収して締まってるのが気持ち良い。監督の頭の良さが発揮されてます。
インド映画特徴のまくし立てるような演出も2時間キツイかなぁ思ったけど、途中からすんなりと慣れてしまった…
koo

kooの感想・評価

3.5
信じるものは沢山あってもダメ。
常に1つ。
音楽◎隣の人が眠りかけていた。
いろんなことがギューッと詰まってて
そして最後にバーッていい終わり方。
おいーってなるところが無いくて良い
MM

MMの感想・評価

3.9
今や巷で謳歌されるフレーズ
“在りのまま” を観る視点、先入観やマインドセット、宗教への依存、思考停止の愚かさや滑稽さや悲劇等々...
テーマは心底共感する内容でございましたが、

映画という表現への落とし込みが時に私にとっては丁寧すぎて、些か冗長に感じられてしまう部分も...。
ダイナミックで新たな視点が今回はあまり見つけることが出来ず、
期待値との差異で勝手に物足りなく感じてしまったのでありましょうか。
和田

和田の感想・評価

4.0
「きっとうまくいく」もそうだったけど、話のたたみ方がとっても上手!

インドには一度仕事で行ったけど、宗教が非常に人々の生活に密接していて、序盤の宗教ギャグは爆笑だったけど、よくインドでやれたなーとも思った
そのための最初の注意書きや終盤のセリフなんだろうね

社会風刺的でギャグも効いていて、それでいて見ている人を不快にさせない傑作です
kanaco

kanacoの感想・評価

-
大好き!
Delpy

Delpyの感想・評価

3.9
「神」「宗教や信仰」がテーマになっているが、それに疎い人(自分)でもとてもわかりやすい内容になっている
「きっと、うまくいく」と同様、鑑賞後これからの生き方についてを考えさせてくれる
あとそれに加え「なんで筋骨隆々」「いつも咀嚼している赤いもの」もテーマになっている
axel

axelの感想・評価

4.0
風刺のきいたユーモア溢れる作品で面白かった。
物語に一本筋が通っていて結末を曖昧にしないのがインド映画の魅力。
でも個人的にはきっとうまくいくの方が好きだった。
SuguruSato

SuguruSatoの感想・評価

4.8
インド映画を見るとしあわせな気分になる
>|