PKの作品情報・感想・評価

PK2014年製作の映画)

P.K.

上映日:2016年10月29日

製作国:

上映時間:153分

4.1

あらすじ

留学先のベルギーで大失恋し、今は母国インドのTV報道局で働くジャグー(アヌシュカ・シャルマ)は、ある日地下鉄で黄色いヘルメットを被り、大きなラジカセを持ち、あらゆる宗教の飾りをつけてチラシを配る奇妙な男(アーミル・カーン)を見かける。チラシには神様の絵に「行方不明」の文字。興味を持ったジャグーは、「PK」と呼ばれるその男を取材することに。「この男はいったい何者?なぜ神様を捜しているの?」しかし、…

留学先のベルギーで大失恋し、今は母国インドのTV報道局で働くジャグー(アヌシュカ・シャルマ)は、ある日地下鉄で黄色いヘルメットを被り、大きなラジカセを持ち、あらゆる宗教の飾りをつけてチラシを配る奇妙な男(アーミル・カーン)を見かける。チラシには神様の絵に「行方不明」の文字。興味を持ったジャグーは、「PK」と呼ばれるその男を取材することに。「この男はいったい何者?なぜ神様を捜しているの?」しかし、彼女が男から聞いた話は、にわかには信じられないものだった―。いまだ世界中で巻き起こる社会問題に鋭くメスを入れつつも、自分の人生に迷うすべての現代人のターニングポイントにきっとなる、笑いも涙も詰まった珠玉のドラマ。

「PK」に投稿された感想・評価

これは2回観ないと噛み締められないくらいギューギュー詰め込まれた映画。SF、恋愛、社会問題、アクション、ミュージカル…全部盛り放題なんだけど全て回収して締まってるのが気持ち良い。監督の頭の良さが発揮されてます。
インド映画特徴のまくし立てるような演出も2時間キツイかなぁ思ったけど、途中からすんなりと慣れてしまった…
インド映画外れなし!
錦裕太

錦裕太の感想・評価

3.8
話の展開の仕方といい、伏線のはりかた、回収の仕方全部好き

この監督の映画は本当に見てて楽しい!
Tomoki

Tomokiの感想・評価

4.1
きっとうまくいく は激烈泣いたけど、それ以上にメッセージ性が強くて面白い。(泣く要素はそんな無い)

作品を通じて主人公が神を捉えていく過程が面白かった。最終的に明確に定義しててちょっとびびる。

悪役(?)の伝道師が最後の対談で言ってた台詞も個人的にはすごく理解できて、個人的にはPK対「純粋に神を信じる伝道師」って構成にして欲しかった。

信じてた上で間違ったんです、ってメッセージならインドは荒廃しすぎてる、または監督斜に構えすぎてる。
深くてすごい語りかけてくるのに、重くならずにコメディさもある映画
長いのに見入ってしまった
きっとうまくいくに引き続きこれもよかった
長い。最高。

普通の映画では舵切りすぎだろって思っても元に戻るまでな時間があるからみてて安心します。

きっとうまくいくのキャストがめちゃくちゃ出てて最高でした。
あいり

あいりの感想・評価

4.4
PK大好き
トンデモ野郎によるトンデモ映画かと思ったら、トンデモなく面白かった✨

よくできた構成で、余計なのでは?と思っていた数々のエピソードが、後から後からキラキラと光り出して、優しい涙になって落ちてきたー

しかし タブーとされてきた題材にこんな形で突っ込んでくるのね…インド映画恐るべし!
まゆ

まゆの感想・評価

5.0
あああーすっごく良かった!!!きっと、うまくいくとはまた違った良さがあって凄く面白かったです!!
日本は無宗教の人が多いし自分自身もそうだから、あまりことの重大さが分からないけど凄い映画だなあ。
pkの恋模様も観てて凄く楽しくて切なくて観てて飽きない作品でした!
>|