PK(2014年製作の映画)

P.K.

上映日:2016年10月29日

製作国:
  • インド
  • / 上映時間:153分
    監督
    ラージクマール・ヒラニ
    脚本
    ラージクマール・ヒラニ
    キャスト
    アーミル・カーン
    アヌーシュカ・シャルマ
    スシャント・シン・ラージプート
    サンジャイ・ダット
    ボーマン・イラニ
    あらすじ
    留学先のベルギーで大失恋し、今は母国インドのTV報道局で働くジャグー(アヌシュカ・シャルマ)は、ある日地下鉄で黄色いヘルメットを被り、大きなラジカセを持ち、あらゆる宗教の飾りをつけてチラシを配る奇妙な男(アーミル・カーン)を見かける。チラシには神様の絵に「行方不明」の文字。興味を持ったジャグーは、「PK」と呼ばれるその男を取材することに。「この男はいったい何者?なぜ神様を捜しているの?」しかし、彼女が男から聞いた話は、にわかには信じられないものだった―。いまだ世界中で巻き起こる社会問題に鋭くメスを入れつつも、自分の人生に迷うすべての現代人のターニングポイントにきっとなる、笑いも涙も詰まった珠玉のドラマ。

    「PK」に投稿された感想・評価

    これは2回観ないと噛み締められないくらいギューギュー詰め込まれた映画。SF、恋愛、社会問題、アクション、ミュージカル…全部盛り放題なんだけど全て回収して締まってるのが気持ち良い。監督の頭の良さが発揮されてます。
    インド映画特徴のまくし立てるような演出も2時間キツイかなぁ思ったけど、途中からすんなりと慣れてしまった…
    コテコテのボリウッド!
    でもめっちゃいい、めっちゃ深い。
    インドが舞台だからこそできる宗教がテーマのお話。
    終わり方がさすが、ほんと好きだった!!


    インドで訪れた観光地も出てきてまた行きたくなった☺️🇮🇳
    やっぱインド映画好きだわあ
    マイナス思考⇨プラス思考
    最初はツッコミどころ多すぎてどういうテンションでこの映画に向きあっていいかわからないほど。
    前半は笑いっぱなし。
    後半からめちゃくちゃ深い。

    宗教という最もグレーなトピックを コミカルに描くことで深刻になりすぎず、でも本質をばしっと突いていて、とても考えさせられます。

    電話がつながったシーンは感動。よかったね〜と思う反面、あああPKかわいそう…(TT)

    観終わった後の気持ちはとってもハッピー。
    いろんな人にオススメしたい映画です。
    この映画を教えてくれた友人に感謝!
    同監督・主演の前作「きっとうまくいく」の大ファンでして、嫌でも期待してみてしまいましたが、そんなこと御構いなしでした。素敵。

    最終的に私は泣いて鼻垂らしながら笑って観ました。

    インドの人のつくったものをみてると、頭良すぎて常識(的なこと)とか当たり前になってること破って新しいもの生み出すのが楽しいっちゅうステージにいる感じの波がすごい、楽しい、好き。

    ほんであの何より、まず、
    人間の数が、とにかく多い。
    映画として非常に素晴らしい。
    飽きない展開も引き込まれる終盤もラストの伏線回収も圧巻。
    主人公は地球で宇宙船のリモコンを盗まれてしまい自分の星に帰れなくなってしまう!

    そんな主人公のリモコン探しの旅がインドで始まるのであったが、、、

    笑いあり、涙ありでストーリーもしっかりしてます!
    バルトには衝撃よ
    宗教を崇拝する全ての人に見て欲しい作品
    バルトはちなみに浄土真宗よ
    ”踊る車”の設定が面白すぎた。

    PKがインドの色んな宗教の実践をするシーンで、インドの多様性を思い知った。
    絶対面白いってわかってて観たけどやっぱり面白かったなぁ〜。あと学長が出てて笑っちゃった。「恋は時間の無駄」
    >|