PKの作品情報・感想・評価

PK2014年製作の映画)

P.K.

上映日:2016年10月29日

製作国:

上映時間:153分

4.1

あらすじ

留学先のベルギーで大失恋し、今は母国インドのTV報道局で働くジャグー(アヌシュカ・シャルマ)は、ある日地下鉄で黄色いヘルメットを被り、大きなラジカセを持ち、あらゆる宗教の飾りをつけてチラシを配る奇妙な男(アーミル・カーン)を見かける。チラシには神様の絵に「行方不明」の文字。興味を持ったジャグーは、「PK」と呼ばれるその男を取材することに。「この男はいったい何者?なぜ神様を捜しているの?」しかし、…

留学先のベルギーで大失恋し、今は母国インドのTV報道局で働くジャグー(アヌシュカ・シャルマ)は、ある日地下鉄で黄色いヘルメットを被り、大きなラジカセを持ち、あらゆる宗教の飾りをつけてチラシを配る奇妙な男(アーミル・カーン)を見かける。チラシには神様の絵に「行方不明」の文字。興味を持ったジャグーは、「PK」と呼ばれるその男を取材することに。「この男はいったい何者?なぜ神様を捜しているの?」しかし、彼女が男から聞いた話は、にわかには信じられないものだった―。いまだ世界中で巻き起こる社会問題に鋭くメスを入れつつも、自分の人生に迷うすべての現代人のターニングポイントにきっとなる、笑いも涙も詰まった珠玉のドラマ。

「PK」に投稿された感想・評価

そら吉

そら吉の感想・評価

4.8
私は小さい頃の口癖が…

「ね?お願い!一生のお願い(⁎⁍̴̆Ɛ⁍̴̆⁎)」

でしたww


すると、母が

「あんたの一生は、どんだけあるとね!?
神様は、そんなの許さんよ。」


まさしく、その神様=宗教に鋭く突っ込んだ
映画となっている。





留学先のベルギーで大失恋をし、祖国のインドに
戻りテレビ局に勤務するジャグー。

彼女は、ある日、地下鉄で黄色いヘルメットを
被り、大きなラジカセを持ち…

あらゆる宗教の飾りを付けて、チラシを配る…

奇妙な男を見つける。


そのチラシには、「神様が行方不明」の文字が…

何かのネタになると考えたジャグーは
PKと呼ばれるその男を取材することとなる…。





「きっと、うまくいく」も面白かったけど
今作も最高か╭︎( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ !


やっぱりインド映画は、長かだけじゃなかね!

歌って踊って愉快痛快エンタメ٩̋(๑˃́ꇴ˂̀๑)


けど、今作では
人間より車の方が踊ってたかもwww




この映画は、宗教というある意味タブーな
世界によくぞ切り込んでくれたって感じ!


しかも、その切り込み隊長が
宇宙人のPKと来たもんだ(●︎Д●︎)!


だから、人間が宗教のことをどうこう言っても
「え?何言ってるの?」って反撃されそうだが…

宇宙人であるPKが純粋無垢な感じで質問したり
痛いところを突くと…


「うん…確かに、そうだなぁ。」
って変に納得しちゃう。



日本人は、残念ながら宗教とは
遠い存在となっている人種だ。

けど、それ抜きにして、とっても楽しめる
映画となっています(ง •̀_•́)ง‼


ラブ要素もあって…
ジャグーがとにかく可愛か( ⸝⸝•。•⸝⸝ )



ラストの伏線回収は
とても観てて気持ちがよかです‹‹\(´ω` )/››





まろん

まろんの感想・評価

4.2

PKと呼ばれる男は胸から緑のリモコンを盗まれ途方に暮れる……
同じ頃ベルギーでは結婚の約束してたのにジャグーはサルファラーズと別れた……
リモコンを取り戻すために神様にお願いしまくるPK……けど沢山の宗教と神様達がいる……
そんなPKとジャグーとが出会う

インドで宇宙人とか……ノリノリのミュージカルで……そんな独特の特徴があるインド映画
shoma

shomaの感想・評価

3.9
インド映画
純粋なP.K.の疑問が社会の様々な問題を明らかにする様子が面白いし、爽快だし、考えさせられる。何よりこの映画を作ったインドという国のエネルギーとチャレンジングな精神が魅力的。日本は宗教って言葉にすると変にオカルト的に捉えがち(宗教的トラウマのせい?)だから、宗教っていったい何だろねって考える機会がもっとあってもいいと思う。
P.K.の証明がこの世の中の難しいこと全部解決してくれたらいいのに。

最後の証明は本当に心温まる。インドの家族も、パレスチナの家族も大使館もみんな祝福しているのが素敵。

最初のCGだけちょっと、うーん。
186本目

レビューがなまら高かったりみなさんの評価が良いのでずっと気になって鑑賞。

きっとうまくいくのアミールカーン!
良き良き。

二時間半でも全然苦じゃない。

ストーリーがしっかりしてるし、引き込まれるよなぁインド映画は。

けど!
きっとうまくいくの方が面白かったです。笑

あとアミールカーン思ったより筋肉が凄い…
神について。繊細(実は素朴)な疑問を映画化してくれて感謝です。全部素晴らしい。
イオタ

イオタの感想・評価

4.4

このレビューはネタバレを含みます

インド映画2作目。「きっと、うまくいく」の監督とアーミル・カーンのタッグが再びということで視聴しました。

やっぱりインド映画なだけあって、最初から最後まで歌と踊りが突然(いっぱい)始まる。お茶目なダンスからしんみり恋愛曲までどれも好きです。
中間までは、やっぱ2時間半長いな〜って所もあるんだけど、後半の伏線回収がスゴい!手紙の届け先の誤り、大使館でサルファラーズからずっと電話がきてたこと、パパとの事…色んな伏線が生放送中に次々と分かっていく時、思わずジャグーの友人みたいに涙が止まらなかった。あと、バイロンの死はマジで信じられなかった。PKとの話を綴った本の朗読会でラスト、パパが昔みたいに口笛をずっと吹き続けた描写ほんと粋だと思う。あとはPKら宇宙人が1年後再びくるとこは笑ったなあ〜、帰ってくるんかい!って。
とにかく「かけ間違い」の話、なるほどと納得する。神は至る所で色んな民族に信仰されているけど、ぜんぶ同じ神とは限らない。電話で例えているの最高。語彙がないので上手く伝えきれないが、ぜひ時間があれは視聴してほしい。見終わったら、「かけ間違い」の意味がストンと腑に落ちると思うから。

外見に惑わされるのではなくて内面を見つめ、人の創り上げた神ではなく想像主を讃える。PKが愛おしくなる作品。
てふの

てふのの感想・評価

4.4
誤解を恐れずに言うと、良い意味で、よくこんなに挑戦的な映画が作れたな、と思った。
日本人はほとんどが無宗教だから、宗教に属している人間が受けたであろうショックを全て感じられなかったのが、本当に残念……。1度インドに行って宗教文化に触れてみたくなる作品だった。インドに行くぞ!
「きっと、うまくいく」の監督と主演の作品ということでずっと観たくてやっと見れた!
ハードルめっちゃ上がった状態で観たけど想像以上!!

ざっくり言うと、地球に来た宇宙人が帰れなくなってしまいいろんなな人と多種多様な宗教に出会いながら神様を探す話。というよく分からないストーリーなんだけど
めちゃくちゃ面白い!!
宗教の概念や当たり前と思っている行動が客観視するとなんて不思議なんだろうと思える作品

もちろんボリウッドならではの踊りはもちろんコメディや恋愛もあり最後でまさか泣くとは思わなかった。。
やっぱボリウッド作品はめちゃくちゃ面白いと確信した。

これはラ・ラ・ランドと同率で今年のトップ映画になった!!
>|