PKの作品情報・感想・評価

PK2014年製作の映画)

P.K.

上映日:2016年10月29日

製作国:

上映時間:153分

4.1

あらすじ

留学先のベルギーで大失恋し、今は母国インドのTV報道局で働くジャグー(アヌシュカ・シャルマ)は、ある日地下鉄で黄色いヘルメットを被り、大きなラジカセを持ち、あらゆる宗教の飾りをつけてチラシを配る奇妙な男(アーミル・カーン)を見かける。チラシには神様の絵に「行方不明」の文字。興味を持ったジャグーは、「PK」と呼ばれるその男を取材することに。「この男はいったい何者?なぜ神様を捜しているの?」しかし、…

留学先のベルギーで大失恋し、今は母国インドのTV報道局で働くジャグー(アヌシュカ・シャルマ)は、ある日地下鉄で黄色いヘルメットを被り、大きなラジカセを持ち、あらゆる宗教の飾りをつけてチラシを配る奇妙な男(アーミル・カーン)を見かける。チラシには神様の絵に「行方不明」の文字。興味を持ったジャグーは、「PK」と呼ばれるその男を取材することに。「この男はいったい何者?なぜ神様を捜しているの?」しかし、彼女が男から聞いた話は、にわかには信じられないものだった―。いまだ世界中で巻き起こる社会問題に鋭くメスを入れつつも、自分の人生に迷うすべての現代人のターニングポイントにきっとなる、笑いも涙も詰まった珠玉のドラマ。

「PK」に投稿された感想・評価

そら吉

そら吉の感想・評価

4.8
私は小さい頃の口癖が…

「ね?お願い!一生のお願い(⁎⁍̴̆Ɛ⁍̴̆⁎)」

でしたww


すると、母が

「あんたの一生は、どんだけあるとね!?
神様は、そんなの許さんよ。」


まさしく、その神様=宗教に鋭く突っ込んだ
映画となっている。





留学先のベルギーで大失恋をし、祖国のインドに
戻りテレビ局に勤務するジャグー。

彼女は、ある日、地下鉄で黄色いヘルメットを
被り、大きなラジカセを持ち…

あらゆる宗教の飾りを付けて、チラシを配る…

奇妙な男を見つける。


そのチラシには、「神様が行方不明」の文字が…

何かのネタになると考えたジャグーは
PKと呼ばれるその男を取材することとなる…。





「きっと、うまくいく」も面白かったけど
今作も最高か╭︎( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ !


やっぱりインド映画は、長かだけじゃなかね!

歌って踊って愉快痛快エンタメ٩̋(๑˃́ꇴ˂̀๑)


けど、今作では
人間より車の方が踊ってたかもwww




この映画は、宗教というある意味タブーな
世界によくぞ切り込んでくれたって感じ!


しかも、その切り込み隊長が
宇宙人のPKと来たもんだ(●︎Д●︎)!


だから、人間が宗教のことをどうこう言っても
「え?何言ってるの?」って反撃されそうだが…

宇宙人であるPKが純粋無垢な感じで質問したり
痛いところを突くと…


「うん…確かに、そうだなぁ。」
って変に納得しちゃう。



日本人は、残念ながら宗教とは
遠い存在となっている人種だ。

けど、それ抜きにして、とっても楽しめる
映画となっています(ง •̀_•́)ง‼


ラブ要素もあって…
ジャグーがとにかく可愛か( ⸝⸝•。•⸝⸝ )



ラストの伏線回収は
とても観てて気持ちがよかです‹‹\(´ω` )/››





ミウ

ミウの感想・評価

4.0
最後こんな切ない気持ちになるとは…。
宗教については自分が無宗教だからかあんまりピンと来なかったけど、映画は面白かった!

彼氏が物凄いイケメンなのと、PKの肉体美が凄かった笑
ユウト

ユウトの感想・評価

5.0
特定の宗教宗派をdisることなく、「宗教あるある」「これがおかしいよ」を表現する秀逸さ。ヒロインの彼氏がイケメン。
ぱんじ

ぱんじの感想・評価

3.6
いや、神様探すよりリモコン探せよ!
けどそこから生まれた疑問の連続が、タブーに切り込みまくるし(これ大丈夫なのかってドキドキしたけど、もっともすぎて考えさせられるし深い、とくにシンドラーのリスト見たばっかだったし)、その延長線で、なんともはっとさせられるラスト!そう繋がると思ってなかったから不意打ち号泣。
文化は違えど、恋のアプローチは愛おしいし、素晴らしいなって、PKすきになるー!!
こんなにすきでも恋愛とちがうのかむずい。
インド映画って覚悟してたから途中の進まない感もまあ許容笑
インターバルは笑ったけど。
ミュージカル調のあれなければスッキリもっと良かった気がするけど、あれがなきゃインド映画じゃないよね!
RIKO

RIKOの感想・評価

3.8
記録

コメディなんだけどいろんなことを訴えてくる映画でした。
なな

ななの感想・評価

3.0
宗教ネタは自分が無神論者なのでよくわからない。きっと上手くいくみたいな感じでは見れなかった。
切ないシーンもあった。
あきほ

あきほの感想・評価

3.8
上手いこと言う。
書きたいことがありすぎるので後回し💦
途中までアーミルカーンの殺す気かってぐらいの目ヂカラと鍛え上げられた肉体を見せつけられる映画かと思ってた。
まさか恋の話だったとは・・・やられた
あと、踊る車多過ぎ
>|