meissen

幕が上がるのmeissenのレビュー・感想・評価

幕が上がる(2015年製作の映画)
4.1
 本編の良さは他の方のレビューを見ていただければ。
本当に良かったのは、特典ディスクの劇中劇「銀河鉄道の夜」です。

原作は未完のまま出版されていますが、本演劇はそれを引き継いで物語として完結させています。様々な場面やセリフが最後のシーンに集約していく様はまさに演劇!で素晴らしい。
 本編中では、高2のさおりが宮沢賢治が提示した素材を元に破綻のない物語に数日で書き上げたことになっています。天才の所業です。

川に落ちたザネリのいのちを救うのはカムパネルラですが、本編中にどん底にいて、プールに落ちたさおりをフードコートですくい上げるのはやはりカムパネルラ。素敵な台本です。