モーリージュン

ナイトクローラーのモーリージュンのレビュー・感想・評価

ナイトクローラー(2014年製作の映画)
4.1
ナイトクローラーをようやく観る。LAの猥雑な雰囲気に浮かぶジェイク・ギレンホールの白目、もとい三白眼の威圧感。あんな奴に睨まれたらそりゃあイニシアチブ握られるよなあ。そんな意識高い系クズがサクセスしていきそのままピークを迎えて物語は終わる、そのおぞましさ! なんだよラストの陽気な西海岸ソングは! 社会的には胸糞悪い結末なのにポジティブな未来を予見させて終わる。結局キチガイになった奴しか業界では生き残れない、そんな痛烈なメッセージがジーンと沁みる……。

人を利用する、あるいはコキを使うことを器用にできる奴が物事を推し進める力を持っている、そんな偽りのない現実をルイスを始めとした取り巻きの人間達に投影させ、物語で教えてくれたダン・ギルロイをリスペクトしたい。