Kurita

ナイトクローラーのKuritaのレビュー・感想・評価

ナイトクローラー(2014年製作の映画)
3.9
公開初期に何回か劇場に向かうも満席ばかりで、会社帰りのレイトショーでようやく。
想像していたよりもかなりコメディでした。

ともかく、最初から最後まで主人公が全く成長していないことに愕然とします。
文字通り、生き死にの問題を何回か通り過ぎているのにも関わらずですよ。
ファーストショットでカメラが彼の眼をとらえた瞬間から解る狂気がずーっと続く。

人生は最終的にはプラマイ0だと信じてるのですが(いや、信じたいのですが)、
彼は世界に狂気をばら撒きながら生き延びて行ってしまうのではないか、という底冷えするような恐怖と
あと、なぜか突き抜けた爽快感を憶えました。

世の中みんな病んでるわけじゃない。
ただ、彼が病んでるってだけなんです。