Yoshimasa

ナイトクローラーのYoshimasaのレビュー・感想・評価

ナイトクローラー(2014年製作の映画)
4.1
大作の続編が立て続けに公開、それを受けて久々に洋画が盛り上がった2015年。
その隙間をぬって誕生した快作、いや魔作といってもいい。

ジェイク・ギレンホールの快演、というか魔演が黒く光輝いていた。
どこかイッちゃったような大きな目、淡々と独自の理論を語る歪んだ自己プロデュース力、そして悪魔のような笑顔。サイコパス。

しがないコソドロのクズが目をつけた新しいクズの道。着々とクズの階段をかけ上がっていく。およそ真っ当な人間からは理解できないようなクズっぷりは見ていて清々しく、拍手すら贈りたくなるほど。

音楽も主人公の心情を表すようなものばかり。クズ行為を働くときには、戦争映画でいうところのクライマックスに主人公が一人で敵地に向かって走り出すときに流れるような高揚感のあるような感じのやつとかw

今年最後に劇場で見たのが、これでよかった。