ナイトクローラーの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

ナイトクローラー2014年製作の映画)

Nightcrawler

上映日:2015年08月22日

製作国:

上映時間:117分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「ナイトクローラー」に投稿された感想・評価

GakuOmura

GakuOmuraの感想・評価

3.8
設定はシンプルで、進行にすごくひきこまれる。人を利用して私腹を肥やすのは嫌だと痛感した。目がいっちゃってる。
Ag

Agの感想・評価

3.8
ジェイク・ギレンホールの捉えて離さない不気味な視線に、冷や汗をかく。
まるで間違いを責めるように見つめるその目に圧倒され、観ているこちら側の倫理観が正しいものだと信じられなくなる感覚に陥る。
ストーリーのテンポもよく、その疾走感の中で自分の心の中の何かがどんどん覆われていく焦燥感。
ちょっとトリップしたような感覚が味わえた。

主人公は、口八丁手八丁。普通の人なら訊かれたら焦りそうなことさえ、表情ひとつ変えずに淡々と受け答える。
甘い部分だけをしっかり切り取って、搾れるものは搾り取って美味しく平らげる。
しかし、あまりそこに新鮮さは感じなかった。
きっと、こんな人はその辺に結構いるからなんでしょうね。ナチュラルなサイコパスというか……
私が思い出したのは、前に務めていた会社の先輩でしたww

この主人公が魅力的なのは、ナチュラルなサイコパス性の他に、卓越した才能を持っているということ。
学習能力が高く、相手の欲しがるものを的確に捉え、とれるものは最大限にとり尽くす交渉術。
人を陥れる手口は鮮やかとすら思える。
勤勉で、行動力があり、仕事に対してのプライドが高く、その情熱のようなものは並大抵ではない。
能力の使い方が正しければ、爽やかなサクセスストーリーになったのだろう。
だからこそ、逆をいく下衆なパパラッチがのし上がっていく様に不安や嫌悪感が煽られ、しかし認めざるを得ないビジネスセンスに惹かれてしまう。

きっとあなたも、卑劣な傍観者であるはずの主人公に痺れると思います。


一言で言うと……
こんなクソ野郎、あなたの周りにもきっといると思います。仕事が夜のパパラッチではないというだけです。
hossy

hossyの感想・評価

3.5
想像してたより怖くなかったけど、なんというか倫理的に主人公がヤバい映画。

ジェイク・ギレンホールが頭イッてるやばい人(の演技)そのものでだんだん恐ろしくなってきます。ニーナもルーの撮る過激な映像に引き込まれていってしまうのが、ああ残念だな…と思いました。視聴率にとりつかれてああなるような人は嫌ですね。
あとは最後の刑事さんとのシーン好きです。

ただ、予告編で期待しすぎてしまったので、もうちょっとなんかあるかなと思ってしまいました…よう考えたら相棒を見捨てた時点でだいぶやばいですね、はい。
凄い不気味で深い作品だった。

ジェイク・ジレンホールの演技が凄すぎる。 全然飽きないストーリーだし、エンディング良過ぎた。
Mozu

Mozuの感想・評価

3.0
割と想像通り。
もっとおおごとになると思っていたので少し物足りなかった。
Tari

Tariの感想・評価

3.3
えぇー、怖かったぁ。役と顔付きがマッチし過ぎで、腹立ったー。これ、日本じゃありえないんだろうけど、海外ではありそう。やだー。こんな人近くにいたら本当嫌だー。
akitam

akitamの感想・評価

3.0
ナスDそっくり!
无无无

无无无の感想・評価

5.0
目的の為には手段を選ばない、そんな主人公は絶対サイコパス。
これはサイコパスが社会的に成功する過程を描いた物語?
成功者にサイコパスが多い理由わかった気がするw
pongo007

pongo007の感想・評価

3.4
 何者にもなれない無軌道な若者ジェイク・ギレンホールが、ふとしたきっかけで、事件事故報道のカメラマンを目指すことに。最初は映像機材もボロボロ、カメラワークもひどいものだったが、徐々に一人前に。しかし、もともとジャーナリズムについて教育を受けていない彼は、モラルハザードに陥り、より過激な映像を撮るために手段を選ばなくなっていきます。報道と倫理について考えさせられる映画でした。
ごだ

ごだの感想・評価

3.5
下につきたくない上司1位
しばしばジェイク・ギレンホールの顔が怖すぎて見れない