ナイトクローラーの作品情報・感想・評価

ナイトクローラー2014年製作の映画)

Nightcrawler

上映日:2015年08月22日

製作国:

上映時間:117分

ジャンル:

3.8

あらすじ

学歴もコネもなく、仕事にあぶれたルー(ジェイク・ギレンホール)は、ある日事故現場を通りかかり、テレビ局に悲惨な映像を売って稼ぐ<ナイトクローラー>と呼ばれる報道スクープ専門の映像パパラッチの存在を知る。さっそくビデオカメラを手に入れたルーは、警察無線を傍受しながら事件や事故の発生を待ち、猛スピードで車を走らせ、現場に駆け付ける。良心の呵責など1秒たりとも感じない彼の過激な映像は高く売れるが、局の…

学歴もコネもなく、仕事にあぶれたルー(ジェイク・ギレンホール)は、ある日事故現場を通りかかり、テレビ局に悲惨な映像を売って稼ぐ<ナイトクローラー>と呼ばれる報道スクープ専門の映像パパラッチの存在を知る。さっそくビデオカメラを手に入れたルーは、警察無線を傍受しながら事件や事故の発生を待ち、猛スピードで車を走らせ、現場に駆け付ける。良心の呵責など1秒たりとも感じない彼の過激な映像は高く売れるが、局の要求はさらにエスカレートしていく。そして、遂にルーは一線を越える─。

「ナイトクローラー」に投稿された感想・評価

bouze

bouzeの感想・評価

3.0
わかる
2018年31本目。
ジェイク·ギレンホールの怪演が光る作品。
夜の街を疾走していく時の緊迫感とスクープを追うスピード感、ジェイク演じるルーの頭のネジが外れた演技でちょっとしたシーンでも目が離せない。

段々とエスカレートしていくルーの行動とねじ曲げられたスクープ映像が撮られていく様はヤバいの一言。
ヤカワ

ヤカワの感想・評価

3.3
サイコパスすぎる、、
かずま

かずまの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

モラルが欠如してる今のテレビ情勢を皮肉るような映画だった。
主人公の自信や自己愛の強さや自制心のなさは現代の一部の若者に通ずる部分があると思う。
主演のジェイク・ギレンホールの怪演も素晴らしく、サイコパス的な思考・言動・言動・表情の全てを演じきっていて見事と言うほかない。
後味悪いけどおもしろかった。
しんご

しんごの感想・評価

4.5
「ナイトクローラー」とはビデオカメラ片手に事件もしくは事故のショッキング映像を撮ってテレビ局に高値で売る報道パパラッチのことだそうです。

「クイズ・ショウ」(94)では娯楽番組における視聴率獲得のためクイズ番組の「やらせ」というスキャンダルが発生したが、この視聴率争いは報道の世界でも無縁ではない。他局に勝つために「もっと刺激的な映像を!」とナイトクローラー達に要求するレネ・ルッソ演じるプロデューサーが次第に「報道の自由」を履き違えモラルの欠如した人間になっていく過程は怖い。

そのような業界の特性があるからこそナイトクローラー達も飯を食える訳なんだけど、中でも本作の主人公ルーは群を抜いて不快感を催すキャラクターだ。学歴も定職もなく、ネット仕込みの知識で自分を天才だと思い込む自己愛の強さ。それ故に周りから疎まれ犯罪で生計を立てる男がようやく見つけた「天職」。と言っても、人生の裏街道を歩んだサイコパス野郎がジャーナリズム精神に目覚める訳もなく...そんな金と承認欲求の満足のみを追求するハイエナのようなルーをジェイク・ギレンホールが怪演。「ギレンホール自体がこんな奴なのでは?」と錯覚まで感じてしまうのは彼の演技があまりに達者なことの裏返しだろう。

ルーみたいな奴は必ず報いを受けるべきだと観客全てが抱いた感情を見事に裏切るラストはとにかく非情。ただの小悪党に過ぎなかった男が極悪外道へのオフロードをひたすら邁進する本格的な胸糞映画。
じょえ

じょえの感想・評価

3.7
キャラクター描写がとても上手い。

わかりやすすぎる演出が多いのは意図的?
音楽に違和感があるのも、きっと意図的?

エンディングは失速。
ありがち(過激ver)
まーす

まーすの感想・評価

4.0
ゾクゾクさせてくるこの演技、、。
ジェイク・ギレンホールの演技力は本当に凄い。。
フリーカメラマンとしてネタを追い続けるが、才能を開花させ、更に上を追求していく、その中でどんどんエスカレートし、狂気に溢れていく。

ここの演技が本当に気が狂ってるように見える。
目線、目力、話し方すべてにおいて演技が完璧。
ストーリーというよりそういうところを見るとこの映画はもっと引き立つ。
たにし

たにしの感想・評価

3.8
最後に必ず正義が勝つと思いきや悪がどんどん肥大化するとてもいやーな映画。映像が綺麗。BGMが皮肉っぽくて好き。
吸い殻

吸い殻の感想・評価

3.9
面白い!
個人的には爽快な映画だった。
確かに主人公は感情も倫理観も欠如してるが、最後まで思考がブレずに自分のやり方で地位を獲得する。やり方は最低だが、見てて気持ちよかった。
もちろん現実にこんな奴がいたら関わりたくないが。
ジェイク・ギレンホールは「遠い空の向こうに」の頃の可愛い顔は消え、不気味な顔付きに。ハマり役だった。自分がもし役者だったらこういう役を演じてみたいなー。
>|