ミッドナイト・アフターの作品情報・感想・評価

「ミッドナイト・アフター」に投稿された感想・評価

伏線全て未回収で終わった。
ラスト呆気にとられて空いた口が塞がらんかった。
meramera

merameraの感想・評価

1.0


意味がわからなすぎる
porikozn

porikoznの感想・評価

1.9
香港のWEB小説が原作だそうです。
多分、小説では面白かったパターンかな?
ミニバスに乗り合わせた17人。トンネルを越えたら、誰もいない世界。
多数のハテナだらけの中、次々と変死していく。
デビッド・ボウイの曲がメインで小説を書いたのかな?
中盤の、デビッド・ボウイの曲を歌ったオタク男が、何だかキモイ。
デビッド・ボウイに謝れ(笑)

とにかく、付箋が多数有り。で、それを全て回収されずに終わった感じだから、モヤモヤMAX。

原作の半分のみの映画化という事なので、続編があるのならそちらで全て回収されるのかな?と思うけど、続編はなさそうな?、、、。
これが韓国映画なら激しくなりそうだけど、台湾映画なんでコミカル部分が目立つ。
青椅子

青椅子の感想・評価

1.7

このレビューはネタバレを含みます

無人の香港の街並み紹介&イメージのみで押し切る強引。
「男だから」「有名人だから」「頭悪そうだから」で役割を押し付けられることに誰も異を唱えない、理屈の通らない責められ方をしても誰も抗議しない、理性より感情が尊い世界。
香港の人にとっての福島原発事故への距離感がなんとなく伝わってくるようなイメージ映像とフクトウ。
日本人役の人の不自然な喋りに、シンゴジラの石原さとみをアメリカ人はこう見てたのかな、なんてちらっと。
これに原作があるってことが驚きなので逆に興味を覚える。
私の好物『シッチェス映画祭 ファンタスティックセレクション』2015年の中の一本。

大埔(タイポー)と言う地へ行く深夜バスに、たまたま乗り合わせた17人が、大埔に到着する頃には街中から誰1人いなくなっている…というストーリー。

オープニングタイトルはイイ感じ。
頑張ってるなと思わせる。

日本人という役柄の人物が1人登場するのだが、同じ(?)日本人としてモヤっとした気分になる。
それは、ネタバレになるから記載はしないでおくが…。

本作品、正直ハッキリ言って何もかもがデタラメと言うか、何でもありだ。
かなりの雰囲気映画で、例えて言うなら
イケメンではなくて、雰囲気がイケメン…みたいな感じと言ったところか。

「で、結局何なのだよ…」といった感想の本作。
人気ベストセラー小説を映画化した作品らしいが、原作が見たくなったのは確かではある。

人気(ひとけ)の無い香港の街並みには美しさを感じたが、エンドロールを観ていたら「何か、もうどーでもいーや」的な感覚に陥ってしまう。

ストーリーやプロットに緻密さをもとめる方にはオススメ出来ないが、雰囲気と なんか解んないけど、ま、こー言うのもアリじゃね?的な方は1度鑑賞してみてはいかがでしょうか。
いやーひどかったw なんかもうひどすぎて笑えてきました。ここまでひどい映画も中々無いですね。クソ映画。

冒頭から展開早過ぎじゃね?と思ってましたが、、、。もうつまんなすぎて後半は早送り。結局何だったんだ。何一つ解明されてないけど一体何がしたかったんだ。

謎のデヴィッドボウイのspace oddity、謎の棒読みの日本人の登場。そして上映前注意としてあったものの原発事故の表現を安易に使ったこと。ちょっとこれにはカチンと来ました。

とりあえず見ないことをおすすめします。
348.
これは酷い(笑)

伏線らしいものが伏線じゃない(笑)

ひどすぎて笑えるレベル。
とも

ともの感想・評価

1.0
何これ、、、伏線も全く回収なしで、
よくこんなの作ったな、、
ただただ時間返せ!ツマンナイ映画や、解らない映画でも何かしら考えさせられる所はあるんだけど、これは正に今までで一番バカ映画。
これ面白いと思う方、皮肉じゃないです、ホント教えてほしい。
>|