NorihikoTakeda

スノーデンのNorihikoTakedaのレビュー・感想・評価

スノーデン(2016年製作の映画)
4.0
自分の生活を捨て、投獄のリスクを冒してまで、国家の秘密の暴露を実行した勇気に感服する

任務で日本にいたことがあるのも知らなかったが、万が一の時には日本のインフラを破壊するように仕組まれている…とのセリフにはゾクッとした

監視される社会の功罪

自由と安全どっちを取るのか、と訊ねられてもそんな単純に割り切れるものではないが、その「安全」が実は軍需産業を潤し、国家が社会、経済を支配するためだけのものであったなら、そんな国家権力は悪の権化としか言えない

スノーデンをかくまうロシアにも陰謀なり、アメリカ政府の情報を得ようとする打算があるのかもしれないが、それでも笛を吹いた者の身を守っていることには変わりない

国家権力の暴走を止めるには、やはり情報公開が必要だ

それには影響力のあるメディア、多様なメディアの存在は大きい

オリバーストーンが伝えたいのは、そういうことではないか

中国のニュース画面で日本語のアナウンスの音声が流れたのはご愛嬌?