ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたちの作品情報・感想・評価

  • Filmarksトップ
  • ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたちの作品情報・感想・評価

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち2015年製作の映画)

Miss Peregrine's Home for Peculiar Children

上映日:2017年02月03日

製作国:

上映時間:127分

3.7

あらすじ

ジェイクは、幻想と現実が交錯するなか、時を超えた謎の手がかりを見つけ、「奇妙なこどもたち」の秘密の隠れ家“ミス・ペレグリン(はやぶさ)の家”を発見する。そこで暮らす子供たちと知り合い、彼らの不思議な能力を知ったジェイクは、彼らが1940年の9月3日を毎日繰り返していることとその理由を知る。だが、目に見えない危険が迫っていることに気づく。 一方で、ジェイクには解明しなければならない疑問があっ…

ジェイクは、幻想と現実が交錯するなか、時を超えた謎の手がかりを見つけ、「奇妙なこどもたち」の秘密の隠れ家“ミス・ペレグリン(はやぶさ)の家”を発見する。そこで暮らす子供たちと知り合い、彼らの不思議な能力を知ったジェイクは、彼らが1940年の9月3日を毎日繰り返していることとその理由を知る。だが、目に見えない危険が迫っていることに気づく。 一方で、ジェイクには解明しなければならない疑問があった。誰が現実に存在し、誰を信じられるのか、そして自分がこの世界に送り込まれた役割とは何なのか。真実が明らかになったとき、永遠に続く1日と奇妙なこどもたちに大きな変化が訪れる…。

「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」に投稿された感想・評価

ngsm

ngsmの感想・評価

3.8
ポイント鑑賞

脚本家が一緒だからもちろんそれを念頭において製作したのだろうけど、リブート版のX-MENシリーズからイデオロギー的な対立&ブロマンス要素を抜いて、「君の名は」要素を加えて、ティムバートンの世界観で映画にした、みたいな話

ただ、イマイチこの世界のルールがわかっていないので、最後は「えっ、それありなの?」ってなった。それがありなら、途中の葛藤なんなの?ん〜

あと、ジュディ・デンチの使い方雑では?

電話のシーンとラストの戦闘シーンは良かった〜

基本的に、平凡な主人公が実は才能ある人って話あんまり好みではないけど、ポイント鑑賞で見る分には何の不満もなかったです。

このレビューはネタバレを含みます

"僕のおじいちゃんも君らみたいだった?"
"あなたみたいだったわ"

奇妙な世界にハマってしまった!エマかわいい、オリーブ美人。吹替の声優も豪華!リセットのときの音楽も良い!ティムバートン一瞬出てた。笑
ペレグリンは毎日リセットして、ホロー倒してみんなの行動把握して、、、大変だ、、、
途中でなんで車椅子のおじいちゃん死んじゃってたのかがわからんかった、、、
最後はハッピーエンドで終わってスッキリ!続編期待しちゃうし他のループの奇妙な子たちも観てみたい!原作も読みたい!
ゆき

ゆきの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

キャラクター、ビジュアル、オープニング、エンディングはティムバートンの悪夢が体験できるようで最高

タイムリープの話が説明不足のうちに絡んできて悪役と対決の部分で悪役が説明しちゃうよく分からない展開
Natsu

Natsuの感想・評価

3.9
ティム・バートンによる、ほんわか系X-MENみたいな感じでした。

どのキャラクターも可愛くて、愛着が湧くのだけれど、ちょっぴり不気味で恐ろしい。
心なしか映像も青白い…

ストーリーの起承転結がはっきりしていたので、SF、ロマンス、ファンタジーと色々な要素を含みつつも、取っつきやすい雰囲気でした。

ただ少し間延びする感じがしたのと、能力を使いきれていないような子どもがいたので、少し残念でした。
ゆき

ゆきの感想・評価

4.0
キングスマン以上にイカれたサミュエル・L・ジャクソンが見れて良かった。
ファンタジーで面白かった
ココ

ココの感想・評価

-
ティムバートンの世界観はやっぱり良き。
とても好きな世界観だった
mau

mauの感想・評価

3.6
ティム・バートンっぽい色とか奇妙な能力とか大好きな人には堪らない映像(ง ˘ω˘ )ว
ただ話が駆け足な気がして謎が残る部分もあるので小説の方も読んで補完してからもう一回観ようかな~♡
>|