ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたちの作品情報・感想・評価

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち2015年製作の映画)

Miss Peregrine's Home for Peculiar Children

上映日:2017年02月03日

製作国:

上映時間:127分

3.7

あらすじ

ジェイクは、幻想と現実が交錯するなか、時を超えた謎の手がかりを見つけ、「奇妙なこどもたち」の秘密の隠れ家“ミス・ペレグリン(はやぶさ)の家”を発見する。そこで暮らす子供たちと知り合い、彼らの不思議な能力を知ったジェイクは、彼らが1943年の9月3日を毎日繰り返していることとその理由を知る。だが、目に見えない危険が迫っていることに気づく。 一方で、ジェイクには解明しなければならない疑問があっ…

ジェイクは、幻想と現実が交錯するなか、時を超えた謎の手がかりを見つけ、「奇妙なこどもたち」の秘密の隠れ家“ミス・ペレグリン(はやぶさ)の家”を発見する。そこで暮らす子供たちと知り合い、彼らの不思議な能力を知ったジェイクは、彼らが1943年の9月3日を毎日繰り返していることとその理由を知る。だが、目に見えない危険が迫っていることに気づく。 一方で、ジェイクには解明しなければならない疑問があった。誰が現実に存在し、誰を信じられるのか、そして自分がこの世界に送り込まれた役割とは何なのか。真実が明らかになったとき、永遠に続く1日と奇妙なこどもたちに大きな変化が訪れる…。

「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」に投稿された感想・評価

ngsm

ngsmの感想・評価

3.8
ポイント鑑賞

脚本家が一緒だからもちろんそれを念頭において製作したのだろうけど、リブート版のX-MENシリーズからイデオロギー的な対立&ブロマンス要素を抜いて、「君の名は」要素を加えて、ティムバートンの世界観で映画にした、みたいな話

ただ、イマイチこの世界のルールがわかっていないので、最後は「えっ、それありなの?」ってなった。それがありなら、途中の葛藤なんなの?ん〜

あと、ジュディ・デンチの使い方雑では?

電話のシーンとラストの戦闘シーンは良かった〜

基本的に、平凡な主人公が実は才能ある人って話あんまり好みではないけど、ポイント鑑賞で見る分には何の不満もなかったです。
飛行機の中で。いきなり見たらしばらくよくわからない笑
なは

なはの感想・評価

3.4
最後そうなるんだ!ってなった。海の上でみんな仲良く生きてろ!!
悲報!エヴァ・グリーンは脱ぎません!


子どもたちとハロウィンパーティーを開くと、締めは映画というのが定番になっています。
去年はなぜか「ジュラシックワールド」を観たんですが、今年は本作をチョイスしてみました。
「所謂ファンタジーなんだろうなあ」と、あまり内容を知らずに観はじめて、ハロウィンぽくはないかも・・・などと思っていたらサミュエル・L・ジャクソンが美味しそうに目玉を食べたり、気持ち悪いモンスターと骸骨軍団がバトルしたりと、意外とハロウィンにピッタリで良い意味で裏切られた気分。
結果的に、我ながらナイスなチョイス!

監督はティム・バートン。
お得意のダークさも垣間見えますが、ティム・バートンにしては割とストレートなお子様向け仕様ですね。
しかし、彼らしく、気味の悪いパペットが殺し合うような場面もあったりしますよ。

主演は「エンダーのゲーム」のエイサ・バターフィールド。
この人は、何気に同じような感じの役が多いですな。
タイトルになっているミス・ペレグリン役はエヴァ・グリーン。
出てくれば脱ぐようなイメージがありますけれど、本作では脱ぎようがなかったみたいですね。
ハヤブサに変身するところで一瞬だけでも全裸になったりしてくれたら、さすがエヴァ・グリーン!と賛辞を惜しまないのになぁ。
まぁ、子供と観たからハードに脱がれても困るんですがね(苦笑)
敵となるミスターバロン役はハリウッドが誇る便利屋さん俳優であるサミュエル・L・ジャクソンで、いつもと何も変わらずに飄々と演じておりますね。


同じ一日を永遠に繰り返している秘密の家。
そこでは、常人には無い様々な能力をもつ「奇妙な子どもたち」が世間の目から逃れて暮らしていました。
(「X-MEN」と似ている設定ですな〜)
主人公のジェイクは祖父の遺言から彼らの家の存在を知り、家のある島へとわたります。
そこでジェイクはミス・ペレグリンや子どもたちと出会い、自分が彼らにとって重要な能力をもつ事を知るのでした。
やがて、不死身の身体を欲してミス・ペレグリンを狙うミスターバロンの脅威が迫ってくる・・・というストーリー。


奇妙な子どもたちは、透明人間だったり、身体の中に蜂を飼っていたり、降霊術で死体を操ったり・・・と、各々が様々な異能を持ちます。
おもちゃ箱をひっくり返したようなクライマックスのバトルは賑やかで楽しいですぞ!
子どもたち一人ひとりにキチンと活躍の場を与えているのが良いです。
唯一、予知夢をプロジェクターみたいにスクリーンに映しだせる少年だけは存在感が薄かったな〜。なにせバトルでは役に立たないし。
ジェイクが子どもたちと初めて出会うシチュエーションに説得力をもたせる、それだけのために用意されたキャラクターに思えちゃいました。

SFやホラー、青春ラブロマンスの要素まで組み込んであるにしては、お話は整理されて分かりやすいです。
ただ、時間(ループやリセット)や敵の設定がやや雑かもしれませんね。

正直に言えば、ジェイクと両親の関係性の掘り下げが足りないと思ったり、そもそも双子の能力が一番使えるので彼らを前面に立たせれば良いんじゃね?とか、あんなに長く◯◯していた◯がエンジンに火を入れただけで使えるなんて都合良すぎ!とか、色々と変なところもあるのですが、うちの子どもたちはすこぶる面白かったみたいで翌朝も興奮さめやらず・・・というわけで、この評価です。


セル・ブルーレイ3Dにて
かわいいファンタジー系かと思ったが、結構頭を使うストーリーでした

バカすぎて途中で訳わからなくなってしまった…

登場人物はダークファンタジーなかわいい子たちばかり
子供向けかと思いきや子供の頭では理解しづらい難易度。時系列とかループとか。ティムバートンのなんか灰色がかった暗くてキモ怖い感じ出てて良かった。とあるシーンでの主人公のクロスボウの腕前ゴミクズやった。ほんで主人公はお父さんお母さんのこと捨てたんかな🤔🤔🤔🤔謎!
Mio

Mioの感想・評価

-
記録 -

最初ワクワクして観てたけど
少し怖かった。何が起こるのか
最初怖かった。ダークファンタジー?らしい?

ティム・バートン、
シザーハンズの監督だったけどなんだか
今回は ガラッと違う印象だった。

能力を持った子どもたちは
みんな可愛かった。包帯の双子の動きが
とってもキュート。
eriina

eriinaの感想・評価

3.0
奇妙な話なのかと思ったら、ハラハラする場面や家族愛の話も含まれている内容で、とてとおもしろかった
>|