• Filmarksトップ
  • ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたちの感想・評価

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち(2015年製作の映画)

Miss Peregrine's Home for Peculiar Children

上映日:2017年02月03日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:127分
    監督
    ティム・バートン
    脚本
    ジェーン・ゴールドマン
    キャスト
    エヴァ・グリーン
    エイサ・バターフィールド
    サミュエル・L・ジャクソン
    エラ・パーネル
    ジュディ・デンチ
    テレンス・スタンプ
    アリソン・ジャネイ
    キム・ディケンズ
    クリス・オダウド
    ルパート・エヴェレット
    オーラン・ジョーンズ
    あらすじ
    ジェイクは、幻想と現実が交錯するなか、時を超えた謎の手がかりを見つけ、「奇妙なこどもたち」の秘密の隠れ家“ミス・ペレグリン(はやぶさ)の家”を発見する。そこで暮らす子供たちと知り合い、彼らの不思議な能力を知ったジェイクは、彼らが1940年の9月3日を毎日繰り返していることとその理由を知る。だが、目に見えない危険が迫っていることに気づく。 一方で、ジェイクには解明しなければならない疑問があった。誰が現実に存在し、誰を信じられるのか、そして自分がこの世界に送り込まれた役割とは何なのか。真実が明らかになったとき、永遠に続く1日と奇妙なこどもたちに大きな変化が訪れる…。

    「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」に投稿された感想・評価

    ポイント鑑賞

    脚本家が一緒だからもちろんそれを念頭において製作したのだろうけど、リブート版のX-MENシリーズからイデオロギー的な対立&ブロマンス要素を抜いて、「君の名は」要素を加えて、ティムバートンの世界観で映画にした、みたいな話

    ただ、イマイチこの世界のルールがわかっていないので、最後は「えっ、それありなの?」ってなった。それがありなら、途中の葛藤なんなの?ん〜

    あと、ジュディ・デンチの使い方雑では?

    電話のシーンとラストの戦闘シーンは良かった〜

    基本的に、平凡な主人公が実は才能ある人って話あんまり好みではないけど、ポイント鑑賞で見る分には何の不満もなかったです。
    子どもたちが魅力的だった
    ストーリーはツッコミどころ(タイムループの設定意味不明)多いけど、衣装や背景が良かった!
    おもしろいい!思ってたより怖かったけど…
    エヴァ・グリーンの美しさ!
    何気に双子が一番強いのでは…
    なんかグーニーズを思い出します。
    ティムバートンの魅力がつまったキャラが大暴れする、楽しい映画です。
    ペレグリンが若干弱いかなー。
    ツタヤで本作を手に取った瞬間、幼き自分を思いだし、(ネバエンディングストーリーやオズの魔法使いを見た時の感動)またあのメルヘンを感じたいと思えた(汗)
    いざ観賞・・メルヘン感じれた(嬉)!!

    万人向けの映画ですので、変態には物足りない所もありますが、主役意外のキャラがとても魅力的で素敵でした!
    特にエヴァ・グリーン!彼女じゃなきゃ、魅力半減の映画でしたね!
    やはり、映画のキャスト大事ですねー!
    >|