• Filmarksトップ
  • ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたちの感想・レビュー

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち(2015年製作の映画)

Miss Peregrine's Home for Peculiar Children

上映日:2017年02月03日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:127分
    監督
    ティム・バートン
    脚本
    ジェーン・ゴールドマン
    キャスト
    エヴァ・グリーン
    エイサ・バターフィールド
    サミュエル・L・ジャクソン
    エラ・パーネル
    ジュディ・デンチ
    テレンス・スタンプ
    アリソン・ジャネイ
    キム・ディケンズ
    クリス・オダウド
    ルパート・エヴェレット
    オーラン・ジョーンズ
    あらすじ
    ジェイクは、幻想と現実が交錯するなか、時を超えた謎の手がかりを見つけ、「奇妙なこどもたち」の秘密の隠れ家“ミス・ペレグリン(はやぶさ)の家”を発見する。そこで暮らす子供たちと知り合い、彼らの不思議な能力を知ったジェイクは、彼らが1940年の9月3日を毎日繰り返していることとその理由を知る。だが、目に見えない危険が迫っていることに気づく。 一方で、ジェイクには解明しなければならない疑問があった。誰が現実に存在し、誰を信じられるのか、そして自分がこの世界に送り込まれた役割とは何なのか。真実が明らかになったとき、永遠に続く1日と奇妙なこどもたちに大きな変化が訪れる…。

    「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」に投稿された感想・レビュー

    ユタ
    ユタの感想・レビュー
    2017/02/12
    4.1
    ナチスに爆撃される直前の1日をループし続けている奇妙な子供達が住む児童養護施設。
    なぜ主人公は◯◯できるのか。ホローが狙っているものは何だったか。
    色々深読みでき、大人が見ても充分楽しめるものでした。とても面白かった。監督の思いに胸があつくなりました。


    世界を子供達が救うのかどうか(その結果の部分)が大事なのではなく、
    ”奇妙である事そのものが問題解決の助けになれるかどうか”が大切だ、というようなことを監督が語っていたけど、まさにそこがテーマな気がした。

    この作品は、
    奇妙であることを恐れるな、君たちは未来を変えられる、
    そんな監督から子供達へのメッセージなのだと思う。
    ぽて
    ぽての感想・レビュー
    29分
    5.0
    ちょっとのエグさとマイノリティでも救われる幸せなお話💕
    衣装も時代がかっていて良かった☺️
    原作が読みたくなる映画でした😍
    3io
    3ioの感想・レビュー
    14時間
    3.5
    When Jacob discovers clues to a mystery that stretches across time, he finds Miss Peregrine's Home for Peculiar Children. But the danger deepens after he gets to know the residents and learns about their special powers.

    This is the world of Tim burton.
    It might be a bit difficult to understand for children because of the Loop thing, but it's got many exciting scenes that children can enjoy. Especially the scene of the battle at the theme park. I liked it.
    An adventure heartwarming story.
    みお
    みおの感想・レビュー
    18時間
    4.0
    ティムバートンの不気味な感じすきだぁ〜。
    モンスターはこわかった…。笑
    hana
    hanaの感想・レビュー
    1日
    4.1
    映画館でみたからか迫力があって楽しめた
    shu
    shuの感想・レビュー
    1日
    4.5
    ティムバートンの世界観すごく良い
    てぃらみす
    てぃらみすの感想・レビュー
    1日
    3.4

    このレビューはネタバレを含みます

    こういう書き方は失礼かもしれないけど、ティム・バートン監督作としてはストーリーもかなり面白い方に入るのでは??
    少々グロテスクであることを除けば、奇抜なキャラクターもそこまでいなかったし(※あくまでもこれまでのティム・バートン監督作と比べれば、ですけど)世界観に入りやすかった気がします。

    話は前半はかなり間延びしてた印象。
    でも後半のまさかの大規模バトルは、わくわくしながら観ました!!
    個人的には空気を操れるあの女の子が好きでした。あの能力いいなー。可愛い靴履けなくなるけど。笑

    エヴァ・グリーン様は美しかった…!!ティム・バートン監督の作品とは相性がいいと思うので、あと1作品くらいタッグを組んでほしいです。
    tak
    takの感想・レビュー
    1日
    3.0
    ティム・バートン史上、最も奇妙の煽り文句で自分の中でハードルが上がってしまって、奇妙さを期待値ほど感じられなかった。得体の知れない世界観を期待してしまったせいかな。説明されてしまってるからかも。設定的にもっと面白くなる気がしたなあ。
    >|