ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたちの作品情報・感想・評価

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち2015年製作の映画)

Miss Peregrine's Home for Peculiar Children

上映日:2017年02月03日

製作国:

上映時間:127分

3.7

あらすじ

ジェイクは、幻想と現実が交錯するなか、時を超えた謎の手がかりを見つけ、「奇妙なこどもたち」の秘密の隠れ家“ミス・ペレグリン(はやぶさ)の家”を発見する。そこで暮らす子供たちと知り合い、彼らの不思議な能力を知ったジェイクは、彼らが1943年の9月3日を毎日繰り返していることとその理由を知る。だが、目に見えない危険が迫っていることに気づく。 一方で、ジェイクには解明しなければならない疑問があっ…

ジェイクは、幻想と現実が交錯するなか、時を超えた謎の手がかりを見つけ、「奇妙なこどもたち」の秘密の隠れ家“ミス・ペレグリン(はやぶさ)の家”を発見する。そこで暮らす子供たちと知り合い、彼らの不思議な能力を知ったジェイクは、彼らが1943年の9月3日を毎日繰り返していることとその理由を知る。だが、目に見えない危険が迫っていることに気づく。 一方で、ジェイクには解明しなければならない疑問があった。誰が現実に存在し、誰を信じられるのか、そして自分がこの世界に送り込まれた役割とは何なのか。真実が明らかになったとき、永遠に続く1日と奇妙なこどもたちに大きな変化が訪れる…。

「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」に投稿された感想・評価

machida

machidaの感想・評価

4.1
ナチスに爆撃される直前の1日をループし続けている奇妙な子供達が住む児童養護施設。
なぜ主人公は◯◯できるのか。ホローが狙っているものは何だったか。
色々深読みでき、大人が見ても充分楽しめるものでした。とても面白かった。監督の思いに胸があつくなりました。


世界を子供達が救うのかどうか(その結果の部分)が大事なのではなく、
”奇妙である事そのものが問題解決の助けになれるかどうか”が大切だ、というようなことを監督が語っていたけど、まさにそこがテーマな気がした。

この作品は、
奇妙であることを恐れるな、君たちは未来を変えられる、
そんな監督から子供達へのメッセージなのだと思う。
本当は劇場で観ようと思ってたのにずいぶん時間か経ってしまった。
面白かった!いろいろな能力を持つ子供たち、平凡に見えても自分だけにできることがあった主人公ジェイク。バトルシーンもかっこよく、好きな要素ばかりだった。

でも、安全なのは分かるけど同じ1日を繰り返すのは嫌だなあ。面白くなさそう。そりゃ飽きて危険な考えに走る人も出てくるでしょうよ。

子供たちの能力とビジュアルがとってもはまった!双子の素顔が怖かわいい。

原作はシリーズらしいのでいつかチャレンジしたい。
ka2yoshi

ka2yoshiの感想・評価

3.5
記録
2018/05/23
え君

え君の感想・評価

3.7
非日常への導入が“茂みを抜ける”というのがいい。『となりのトトロ』や『ブルーベルベット』もそうだが、子どもの頃のワクワク感が思い出させる。

沈没船の浮上と遊園地での戦闘シーンが白眉。キャラデザや能力のバランスも絶妙で全てがファンタジー。

ループの設定の活かし方もいい。落ちてくるリスを戻す“仕事”、過去の祖父との電話など、楽しい。
a493

a493の感想・評価

3.4
映画館で鑑賞

内容は特に覚えてないが世界観が面白く引き込まれる作品だった。

X-MENっぽい感じもGOOD!
りさこ

りさこの感想・評価

3.9
なんか気になってて公開前からずーーーっと見たくて、ひっさしぶりにDVD借りれたから速攻見ました。

この人絶対ドリーマーズの人だ……って思ったらそうでした。ペレグリン。私はイーノックの捨てられた子犬のような顔に心を打たれました。そんなヤキモチばっかり妬いてないで私がお世話してあげるからほらほらって言いたくなります。

この前安売りしてたDVD大量に買ってどれも駄作だったから余計に感動してしまった。もう、ある意味純愛!純愛ストーリー!私も仲間に入れて!!!
shi0ri

shi0riの感想・評価

4.0
ループした世界と本当の世界の
区切りが分かりにくくて、
理解しようとするほどわからなくなる。
何も考えず観るとすごく楽しい。
グロいシーンが多いのに、
奇妙で不思議に昇華しているのが
ティムバートンのすごさ!
mya

myaの感想・評価

4.3
個人的にはすごく好き
それぞれの個性を合わせるとなんでもできるね!
>|