ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたちの作品情報・感想・評価

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち2015年製作の映画)

Miss Peregrine's Home for Peculiar Children

上映日:2017年02月03日

製作国:

上映時間:127分

3.7

あらすじ

ジェイクは、幻想と現実が交錯するなか、時を超えた謎の手がかりを見つけ、「奇妙なこどもたち」の秘密の隠れ家“ミス・ペレグリン(はやぶさ)の家”を発見する。そこで暮らす子供たちと知り合い、彼らの不思議な能力を知ったジェイクは、彼らが1943年の9月3日を毎日繰り返していることとその理由を知る。だが、目に見えない危険が迫っていることに気づく。 一方で、ジェイクには解明しなければならない疑問があっ…

ジェイクは、幻想と現実が交錯するなか、時を超えた謎の手がかりを見つけ、「奇妙なこどもたち」の秘密の隠れ家“ミス・ペレグリン(はやぶさ)の家”を発見する。そこで暮らす子供たちと知り合い、彼らの不思議な能力を知ったジェイクは、彼らが1943年の9月3日を毎日繰り返していることとその理由を知る。だが、目に見えない危険が迫っていることに気づく。 一方で、ジェイクには解明しなければならない疑問があった。誰が現実に存在し、誰を信じられるのか、そして自分がこの世界に送り込まれた役割とは何なのか。真実が明らかになったとき、永遠に続く1日と奇妙なこどもたちに大きな変化が訪れる…。

「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」に投稿された感想・評価

ユタ

ユタの感想・評価

4.1
ナチスに爆撃される直前の1日をループし続けている奇妙な子供達が住む児童養護施設。
なぜ主人公は◯◯できるのか。ホローが狙っているものは何だったか。
色々深読みでき、大人が見ても充分楽しめるものでした。とても面白かった。監督の思いに胸があつくなりました。


世界を子供達が救うのかどうか(その結果の部分)が大事なのではなく、
”奇妙である事そのものが問題解決の助けになれるかどうか”が大切だ、というようなことを監督が語っていたけど、まさにそこがテーマな気がした。

この作品は、
奇妙であることを恐れるな、君たちは未来を変えられる、
そんな監督から子供達へのメッセージなのだと思う。
cinnamon

cinnamonの感想・評価

4.0
不気味でおもしろい
かめ

かめの感想・評価

3.5
主人公の男の子が魅力的。
奇妙でコミカルな部分もあるファンタジー。主人公の世界はブルーで曇った色に対してミス・ペレグリンのいる世界は色鮮やかな美しい空間。
みんなで力を合わせて悪を倒す単純な話だが時間軸の事を考えると少し混乱する人もいるかも。
奇妙なこどもたちの特徴はとても素晴らしい。
私たちの現実もそれぞれ違う他者をうがった見方をせず当たり前のように見れたらいいのに。
ShoheiKuze

ShoheiKuzeの感想・評価

3.0
【参考記録】
5.0最高
4.0好きな映画
3.0良作
2.0凡作
1.0駄作
Shiho

Shihoの感想・評価

3.6
ティムバートン作品好きだけどあんまハマらなかったけどなんだかんだ面白かった
ただこれは子供向けとはあまり言えない怖い
Lisa

Lisaの感想・評価

-
記録用
ゆかち

ゆかちの感想・評価

5.0
ティムバートン様( ´•̥̥̥ω•̥̥̥` )♡暗い怖い、ホラー系は苦手でほぼ見ないのですがティムバートンの描く世界はどれもこれも本当に好き。怖さとグロさの中にもしっかりユーモアと可愛さと愛が詰まってて、映像も綺麗で儚くて目が話せない。今作も見た人誰もが監督名当てられそうなくらい独特な世界観で最高としか言えません!
私も能力欲しいよ〜〜!!エマの水中で空気操るのかっこよすぎて痺れる〜♡洋館はセットと思いきや、庭も込みで実在するおうち。ときめくしかない…!大きくなった人参欲しい!

監督が超一瞬カメオ出演してて、いやあれは絶対そう!!って思ってあとで調べたらほんとに本人で、発見できたのが超嬉しかった♡愛!!♡笑
>|