ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたちの作品情報・感想・評価

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち2015年製作の映画)

Miss Peregrine's Home for Peculiar Children

上映日:2017年02月03日

製作国:

上映時間:127分

3.7

あらすじ

ジェイクは、幻想と現実が交錯するなか、時を超えた謎の手がかりを見つけ、「奇妙なこどもたち」の秘密の隠れ家“ミス・ペレグリン(はやぶさ)の家”を発見する。そこで暮らす子供たちと知り合い、彼らの不思議な能力を知ったジェイクは、彼らが1943年の9月3日を毎日繰り返していることとその理由を知る。だが、目に見えない危険が迫っていることに気づく。 一方で、ジェイクには解明しなければならない疑問があっ…

ジェイクは、幻想と現実が交錯するなか、時を超えた謎の手がかりを見つけ、「奇妙なこどもたち」の秘密の隠れ家“ミス・ペレグリン(はやぶさ)の家”を発見する。そこで暮らす子供たちと知り合い、彼らの不思議な能力を知ったジェイクは、彼らが1943年の9月3日を毎日繰り返していることとその理由を知る。だが、目に見えない危険が迫っていることに気づく。 一方で、ジェイクには解明しなければならない疑問があった。誰が現実に存在し、誰を信じられるのか、そして自分がこの世界に送り込まれた役割とは何なのか。真実が明らかになったとき、永遠に続く1日と奇妙なこどもたちに大きな変化が訪れる…。

「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」に投稿された感想・評価

ユタ

ユタの感想・評価

4.1
ナチスに爆撃される直前の1日をループし続けている奇妙な子供達が住む児童養護施設。
なぜ主人公は◯◯できるのか。ホローが狙っているものは何だったか。
色々深読みでき、大人が見ても充分楽しめるものでした。とても面白かった。監督の思いに胸があつくなりました。


世界を子供達が救うのかどうか(その結果の部分)が大事なのではなく、
”奇妙である事そのものが問題解決の助けになれるかどうか”が大切だ、というようなことを監督が語っていたけど、まさにそこがテーマな気がした。

この作品は、
奇妙であることを恐れるな、君たちは未来を変えられる、
そんな監督から子供達へのメッセージなのだと思う。
不思議な国のアリスっぽくて好き
Tiara

Tiaraの感想・評価

4.5
キモ可愛いTバートンワールド
トラウマ的な恐怖や残虐シーンは少ない
こどもたちの異能ぶりも優しく
ループの概念もファンタジー濃いめ
佳織

佳織の感想・評価

3.7
ちょっと人形とか目玉とか怖いモンが出てくるけど話はおもしろかった。
俳優、女優を全然覚えられないあたしでもあっ!ってなる人がいろいろ出てた。
ティムバートン映画では1番好き‼︎面白い!
ジャン

ジャンの感想・評価

3.0
ティム・バートン版x-men

固有名詞が多いので初見で名前とキャラを完璧に把握するのは難しいかも

内容はいかにもって感じで好きだけどやや設定が難解すぎるかな?
めっちゃファンタジーじゃけど、ストーリーが面白くて楽しんで観れた。設定も映像も好きやった。
きたむ

きたむの感想・評価

3.8
臆病な少年が、不思議な力を持つ子どもたちと出会い、みんなを助けるために奮闘するお話。

話が進むにつれて成長していく少年をみて、非常に勇気をもらえる作品。

ダークファンタジー系ではあるけど、そこまでダークではない。
ただ、悪い意味ではありません。物語の展開はしっかりしていて、キャラクターや演出など、ティムバートンの作品らしいなぁと感じる映画。
Alabama

Alabamaの感想・評価

3.5
ダークなキャラ良い。
遊園地でのホローと骸骨のファイトがSO COOL!
冒険ものっぽいストーリーじゃなければ良かったのに。
>|