ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたちの作品情報・感想・評価

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち2015年製作の映画)

Miss Peregrine's Home for Peculiar Children

上映日:2017年02月03日

製作国:

上映時間:127分

3.7

あらすじ

ジェイクは、幻想と現実が交錯するなか、時を超えた謎の手がかりを見つけ、「奇妙なこどもたち」の秘密の隠れ家“ミス・ペレグリン(はやぶさ)の家”を発見する。そこで暮らす子供たちと知り合い、彼らの不思議な能力を知ったジェイクは、彼らが1943年の9月3日を毎日繰り返していることとその理由を知る。だが、目に見えない危険が迫っていることに気づく。 一方で、ジェイクには解明しなければならない疑問があっ…

ジェイクは、幻想と現実が交錯するなか、時を超えた謎の手がかりを見つけ、「奇妙なこどもたち」の秘密の隠れ家“ミス・ペレグリン(はやぶさ)の家”を発見する。そこで暮らす子供たちと知り合い、彼らの不思議な能力を知ったジェイクは、彼らが1943年の9月3日を毎日繰り返していることとその理由を知る。だが、目に見えない危険が迫っていることに気づく。 一方で、ジェイクには解明しなければならない疑問があった。誰が現実に存在し、誰を信じられるのか、そして自分がこの世界に送り込まれた役割とは何なのか。真実が明らかになったとき、永遠に続く1日と奇妙なこどもたちに大きな変化が訪れる…。

「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」に投稿された感想・評価

み

みの感想・評価

2.5
微妙
アリスインワンダーランド等のティムバートンの作品はダークファンタジーと言う感じがしており、正直食わず嫌いをしていました。
しかし、この作品と出会って考え方を変えなければいけないと痛感させられました。
まるで自分が主人公になったような錯覚に陥り、周りの登場人物ももしかしたら居るかもしれないと思わされました。
おそらく、現実からファンタジーへの移行の仕方がとても自然なためだと思います。それはまるで、昔のドラえもんの映画と同じような雰囲気を感じました。
ファンタジー好きの方には是非とも見て欲しい作品です。
これからティムバートンの作品見なきゃw
不思議ではなくて奇妙
というかホラー
双子がトラウマになりそうなくらい怖かった
モ

モの感想・評価

3.3
面白いけど難しかった
主人公のジェイク少年。
幼い頃から祖父の不思議な物語を聞いて育つ。

とある日、祖父の家へ行く。
祖父瀕死。
『島に行ってエマーソンを見つけろ・・・』
それが最後の言葉だった。

ジェイクは祖父の遺品からヒントを見つけ、
ケルン島へ向かう。

そこで不思議な家と子供達に出会う・・・

・・・的な作品。

ティム・バートンらしいファンタジー映画で、
子供達個々の能力がまた面白い。

前半は割りかし、しっとりした作風。
それはそれで良かったが、
後半のパキっ!としたファンタジーアクションな感じが楽しかった。
翔海

翔海の感想・評価

3.4
9月3日を繰り返す奇妙な子供たち。

予告とかを見て意欲はそそられたが、結局レンタルで見ている自分もいる。ティム・バートンの作品はハマるものとハマらないものがはっきり分かれるが今回は後者だった。
子供たちの能力の個性が強く、双子の能力はチート並。笑
ダークファンタジーであり、子供から大人まで楽しめる作品になってます。
aoi

aoiの感想・評価

3.5
可愛らしくて、ドキドキして、ワクワクした!
yudai

yudaiの感想・評価

3.5
敵の終わり方呆気なさ過ぎて笑える。
ループがちょっと複雑で理解に苦しんだ。
>|