ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたちの作品情報・感想・評価

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち2015年製作の映画)

Miss Peregrine's Home for Peculiar Children

上映日:2017年02月03日

製作国:

上映時間:127分

3.7

あらすじ

ジェイクは、幻想と現実が交錯するなか、時を超えた謎の手がかりを見つけ、「奇妙なこどもたち」の秘密の隠れ家“ミス・ペレグリン(はやぶさ)の家”を発見する。そこで暮らす子供たちと知り合い、彼らの不思議な能力を知ったジェイクは、彼らが1943年の9月3日を毎日繰り返していることとその理由を知る。だが、目に見えない危険が迫っていることに気づく。 一方で、ジェイクには解明しなければならない疑問があっ…

ジェイクは、幻想と現実が交錯するなか、時を超えた謎の手がかりを見つけ、「奇妙なこどもたち」の秘密の隠れ家“ミス・ペレグリン(はやぶさ)の家”を発見する。そこで暮らす子供たちと知り合い、彼らの不思議な能力を知ったジェイクは、彼らが1943年の9月3日を毎日繰り返していることとその理由を知る。だが、目に見えない危険が迫っていることに気づく。 一方で、ジェイクには解明しなければならない疑問があった。誰が現実に存在し、誰を信じられるのか、そして自分がこの世界に送り込まれた役割とは何なのか。真実が明らかになったとき、永遠に続く1日と奇妙なこどもたちに大きな変化が訪れる…。

「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」に投稿された感想・評価

そよ号

そよ号の感想・評価

3.5
楽しかったけど途中で寝落ちしそうになってしまった…
ティムバートン作品はビジュアルはキャッチーだけど演出の緩急があまりないので、何度もくり返し見てこだわりをしみじみ味わうのが実はいいのかも
でも終盤のアクションシーンなんかはとてもワクワクしながら見ました
UMI

UMIの感想・評価

3.8
ティムバートンが作る世界観すごく好きなんだけど今回のはだいぶ攻撃的だったんだなぁとびびりながら見てた、、、ビビりながらしか見れなかったから端々に散りばめられた大事なことを拾うのに時間かけてもう一回観たい映画だなぁって思う。
エイサの演技好きすぎることに気づいた、透明でまっすぐなのに絶対消えない薄まらない感じがすごい好き!
チョ子

チョ子の感想・評価

4.2
やっと観れました〜

ティムバートン大好きなので
ずっと観たかったんだけど
勿論面白いし、雰囲気やら何から何まで自分のツボすぎてずっと楽しかった。

出て来る子達が皆可愛いし
それぞれの能力の見せ場もあって
良かっただけに、もう少し個々のキャラについて説明なり活躍の場があればもっと嬉しかったのに…

後半の戦うシーンは、もうちょいハラハラ展開があっての頑張ってトドメをさすのかと思いきや…でちょっと残念。
主人公がなんか変身したりするんかと思いました…名前が虎がどうのとか言ってたじゃん?フリかと思ったよ…(笑)
骨達の頑張りはシュールで笑えて良かった

最後のまとめがアッサリ在り来たりな感じだったのもちょい残念だったなあ〜
だってあのモンスターなんか一匹最後の方に復活してように見えたんだけど気のせいなの??
結果それで良いの?って感じ
普通にこの子達の日常を淡々と観てるだけでも私は満足だったのかもしれない

ティムバートン史上最も奇妙は
ちょっと言い過ぎ感あるけど
ファンタジー好きは絶対楽しめると思うし
私は好きな方だなと思う。
陽向

陽向の感想・評価

3.6
エヴァ・グリーンがかっこいい
ティム・バートンの不思議な世界観が良かったです
骸骨がスタイリッシュに戦うもんだから笑った
umi

umiの感想・評価

3.7
記録
Rinka

Rinkaの感想・評価

3.5
主人公がループの外にいる時の無色感、ループに入った時の有色感、といった色彩の違いを感じた。もちろん、意図的にそうしていたのかはわからないし、私個人の意見です。

なかなか不気味なキャラクターも登場しましたが、それを感じさせない。ホローと戦っているシーンもどことなく可愛さを感じた。ザ、ダークファンタジーといった感じ。

このレビューはネタバレを含みます

最初の方はいきなりシーン変わって場面転換しても同じループ最中のなかだったから、まだよかったけど最後の方とか時系列的とかもはっきりせずにシーンが変わるから理解しにくかった
ちか

ちかの感想・評価

3.8
ペレグリン役の方が綺麗。
個性のある人物がたくさん
出てきて観ていて楽しかったです。
>|