M.K.

肌の隙間のM.K.のレビュー・感想・評価

肌の隙間(2004年製作の映画)
1.6
もっと昔の映画かと思った。
たぶん何かのメタファーとか感情の振り切りとか…良い悪いの問題ではなく自分には合わなかった。好きなジャンルではある気がするけどなんとなく。
自閉症というものに対して知識がないせいもあるのかな。
両方泣きながらセックスするっていうのは印象的だった。
皆さんのレビュー見るまで相関関係もよく分からなかった。
注釈ばかりの映画もイヤだけど分かりにくいのをあまり美徳にされるのも困るかな。
菊とギロチンに期待!