rodem

ジャスティス・リーグのrodemのレビュー・感想・評価

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)
3.5
今年の100本目はこの作品を選びました
一言で言えば「物足りない」これに尽きると思います
ストーリーも映像的にも尻すぼみで
ザック・スナイダー監督が途中降板したことが
モロに影響してるとしか思えない出来に
正直がっかりです
まぁ面白いのは面白いのですが
前作であれだけ持ち上げた救世主の登場も
なんか盛り上がりにかけていて
あっさり終わってしまう感じです
スナイダー監督がマンオブスティールから
丁寧にダークな雰囲気を造り出してきてのに
この作品は一気に軽い作品に成り下がっていたのにも失望です
DCシリーズのリアリティーを追求した
シリアスでダークで重厚な作風が好きだったのに
これじぁアベンジャーズの焼直しじゃないか!
唯一の救いは…
ガル・ガドットのキラースマイルでした

あと過去の3勢力共闘のシーンの時に
スパルタのレオダニスがいたと思う