くり

ジャスティス・リーグのくりのレビュー・感想・評価

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)
3.4
過去二作とワンダーウーマンは未観賞。

どうしてもアベンジャーズと比較してしまい、アクションシーンのお祭り不足感は否めない。

アベンジャーズと違って個々のスキルが明確に差別化されてる(速さ、力、水、機械、金)点を戦い方に活かして欲しかった。

原作の戦い方とか知らないけどアクアマンが水で相手を飲み込んだり、サイボーグが車を操作して武器にするシーンがあっても良かったと思う。
全員がほぼ突進するだけの単調な戦い方でボスに挑むので飽きが来る。

1番残念なのは被害者である地球人側に焦点をほとんどあてなかった事で地球のピンチ感が伝わらなかった。

好きなとこはスーパーマンの想像以上なスーパーさ。彼が出てるところが常にあつかった。フラッシュのスピードに目でついていってるのかっこよすぎ。