ジャスティス・リーグの作品情報・感想・評価

ジャスティス・リーグ2017年製作の映画)

Justice League

上映日:2017年11月23日

製作国:

上映時間:121分

3.8

あらすじ

2016年に公開され全世界で大ヒットした『バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生』で映画史上最も激しい超人どうしの戦いが描かれ、スーパーマンの無私無欲な行動、そして彼の死により地球の安全は守られた。しかし世界が悲しみで包まれるなか、再び地球に壊滅的な危機が迫っていた─。表の顔は大富豪でプレボーイだが、陰ながら街を守るため孤独に悪と戦ってきたバットマン(ブルース・ウェイン)、人類に失望しそ…

2016年に公開され全世界で大ヒットした『バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生』で映画史上最も激しい超人どうしの戦いが描かれ、スーパーマンの無私無欲な行動、そして彼の死により地球の安全は守られた。しかし世界が悲しみで包まれるなか、再び地球に壊滅的な危機が迫っていた─。表の顔は大富豪でプレボーイだが、陰ながら街を守るため孤独に悪と戦ってきたバットマン(ブルース・ウェイン)、人類に失望しその身を隠し、たった 1 人で生きてきたワンダーウーマン(ダイアナ)。“最強の男”スーパーマンと共に戦った2人は新たに迫る脅威に対し、人類を守るため“特別なチカラ”を持った超人を探し出し<究極のチーム=ジャスティス・リーグ>を結成する準備を始める─。

「ジャスティス・リーグ」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます


あれだ、後編みたいな感じかな。
あれあれ、BvsSの。

正直あの人が目覚めてからの方が
インパクトありすぎて前半の
ほとんど覚えてない

圧倒的パワー、スピード

超神速やん、敵がめちゃくち弱く感じたわ

超人全員がかりでも勝てないやん

フラッシュのスピードを目で追えてたの凄すぎ、本人からしたらめちゃくち怖そう
かもこ

かもこの感想・評価

3.5
そりゃあ歴代のDCヒーロー集めた幕の内弁当みたいな作品なので、面白くはあるんですが、やっぱりMARVELのユーモアのセンスには負ける。完全に個人の好みの話だけど。(最近だとマイティ・ソーの最新作の面白さが断トツ)

DCは筋金入りの王道で根本が真面目なヒーローが多い印象。MARVELはやっぱ、それぞれ癖があって厄介な奴ばっかだけど、ここぞというときの結束力や、信念や生き様がすき。
洋介山

洋介山の感想・評価

4.0
DCEUらしく気になるところはあるものの、ジョス・ウェドンの匠の技で121分で終わるのが寂しいくらいキャラがすごく魅力的に描かれており(でも悪役は…)、MCUとの比較なんかに負けずに長く続いて欲しいシリーズ。

ヒーローのマスクオフが大好物の自分にとってはベンアフバットマンのマスクオフが堪能できて最高。
スーサイドスクワッド2でバットマンを降板する噂のベン・アフレック、BvSの「ピエロに悩まされた過去」に続いてペンギンの話題、ラストのあのキャラも登場したし、単独作が観たいけど望み薄かも。。。

そして他のキャラもガル姐さんのワンダーウーマンは言わずもがな、エズラフラッシュのチームの末っ子感がたまらん。可愛い。
fmtk

fmtkの感想・評価

4.0
ドストエフスキー!
ARB

ARBの感想・評価

3.3
個人的にはユニバースものは内容はどうであれ興奮するところはいっぱいあってよかったんだけど、うーん、あの1ぴきにてこずるくらい弱いのかとスーパーマン、、いらなかったwww次回作に期待。エンドロールのあとはよかった。
Ham

Hamの感想・評価

4.5
映画館で鑑賞

いや~、DCはこれでいいのだ。
さおり

さおりの感想・評価

3.2
みんな言ってるけど、まじでスーパーマンだけでいいじゃん?でもアクションシーンは楽しめた!
もっとアクアマンが活躍できる場は無かったのかってくらい影薄かった…
ヒーロー大集合のお祭り映画。初見時、2回目の鑑賞くらいはちょっと盛り上がったものの、後でいろいろ考えるとこれやっぱう〜ん…という感想になった。

ザックスナイダーのやむを得ない降板の後、DC上層部より「もっと明るく、もっと短く。コミカルなシーンも挟むように」と指示があったという。つまりはこの頃流行りのMARVEL映画に寄せろということで、これで中途半端な出来にならない方がおかしいというもの。

結果の一つとして、シーンごとの印象の薄さがある。新キャラであるサイボーグ、フラッシュ、アクアマンのバックグラウンドが会話シーンでさらっと説明される点はBVS(これ自体は好きじゃないけど)的な感覚からすればちょっと軽いし、あの人が復活するシーン、暴走劇として観れば『アベンジャーズ』のハルクのあれに遠く及ばなく、目覚めのシーンで言えば『エイジ・オブ・ウルトロン』のヴィジョン爆誕シーンのが見栄えした。まぁ人間の生死、尊厳を問う問題はザックがやったところであんまり上手く出来なかったと思うけど、追加撮影をヒシヒシと感じてしまう画的な見窄らしさは残念。悪役のステッペンウルフさん、虫みたいな部下も演出のせいか貧相に見えたし、やつらを一体一体薙いだりするシーン素直にカッコ悪くね?ラストの戦闘とそのオチは好きだったりするんですけど。

でもこの作品を経て、制御不可能な力を持つ(故に窮屈や孤独を強いられていた)人型モンスター達が仲間を得、その活躍を人々が讃えるまでになったのは観ててグッときたし、二作に渡って眉根に皺を寄せてきたスーパーマンが初めて朗らかに笑える作品に纏まった点は大変良かった。たまに見返したくなる位には楽しんだが、今後もこの調子で行くの?という不安は大きい。
え、こんなんでいいの?

去年映画館に観にいきました。
評判結構よかったので、期待して行きました。

DCEU作品は個人的に少し苦手なものが多くて、今まで何度も映画館にて真面目なシーンでも肩をプルプル震わせて笑いをこらえているぐらいでした。

特に『ス○サイド・スクワ○ド』は友人と鑑賞したのですが、映画館であんなにも笑いをこらえたのは初めてでした。
呆れながら横向いたら友達が口抑えて肩プルプルさせてたので、それ見てまたボクも肩プルプル震わせるという、もう無限肩プルプループに陥ったぐらいです。

むしろそういう意味で楽しめました。


しかし『ワンダーウーマン』は面白かったし、今作はもうそんなことないだろうと、期待して鑑賞。
結果、今回は1人で肩プルプル震わせてしまいました。


え、ほんとにこんなのでいいんですか?w
ボクってそんな厳しく映画観ない人だと自分で思ってるんですけど、これは普通に絶賛されてる意味がわからなかったです。

だってスーパーマンがWWWwwwwww
やばいでしょあいつWWWwwwwww

BvSであんな危機みたいな感じで死んでいったのに、あんな感じでいいの?www
後始末これでいいの?wwwwwww
ファン納得なの?www


しかもめっちゃキレてるやんWWWwww
なんやねんこいつw

正気取り戻しかたもなんかすげぇ微妙。
ほんとに戻ったの?w


正直笑わせに来てるのかと思いましたよ。

エズラミラーのフラッシュが可愛いとかもう言ってられないぐらいあいつが全部持ってきましたよ。


しかも生き返った瞬間強すぎんだろーがWWWwww
お前一人でいいだろーがwww
ジャスティス・リーグいらねーだろーがwww
少しぐらい分けてやれやwww


死んでた分取り返すように強さ見せつけてきあがんのwww


そんな感じで…w
結局この作品でも肩をプルつかせてしまうという結果に終わりました…w


ボクがおかしいのかもしれないけど、もう楽しみ方180度変えて今度から肩プルつかせに映画館行こうと思います。


去年鑑賞。
>|