ジャスティス・リーグの作品情報・感想・評価

ジャスティス・リーグ2017年製作の映画)

Justice League

上映日:2017年11月23日

製作国:

上映時間:121分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「ジャスティス・リーグ」に投稿された感想・評価

誠治

誠治の感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

この手の作品の中では一番面白かったな。
電気君(ヒーロー名不明)の明るさ(マーベルならスパイダーマンのポジション)もあり、全体的に陰鬱にならずにカラッとしたイメージで個人的には好み。
ヒーローにも悩みはあるのは分かるが、他の作品はそればっかりなので少し辟易していた。
にしても、スーパーマンの強いこと!
バットマンの弱いこと!
ワンダーウーマンも相変わらずお美しいし、人数も多過ぎずキャラクターの全てに目が行き届く所もいい。
打倒、アベンジャーズ!
アベンジャーズと比べてしまうのは私だけか?
ジャスティス・リーグを見る前にワンダーウーマンを観ていたので、ワンダーウーマンからの流れが良い感じでした。
バットマン・ワンダーウーマン・フラッシュ(ドラマ)を観て、DCコミックって展開暗い・闇が深いなって思ってたけど、今回は楽しかった…!

ルーキーヒーローって感じのフラッシュとサイボーグの若いコンビが良かった。
特にフラッシュのオタク感が笑えた。

↓後日IMAXでも鑑賞
IMAXでみるとアクションかっこよさ3割増になるのでおすすめ…!!!
スーパーマンの死後、ワンダーウーマンとともにヒーローチームを作るために人材集めに奔走していたバッドマン。
そんな中、地球に新たな脅威が迫り…といった話。

DC版アベンジャーズといったところ。しかしながらマーベルほど心踊らない。
ワンダーウーマンは単体作品もあるし魅力的なキャラクターだけど、それ以外は魅力が弱い。彼女とスーパーマンの強さは同等なんて意見も目にしたけど劇中の描写を見る限りでは圧倒的にスーパーマンが強い。
ここまでの規模の戦いになると能力のないバットマンでは手に負えないのではないか…なんて考えてしまう。

唯一の救いは上映時間が短く、あっさり観れるところ。大作だからと言って長けりゃいいってもんじゃなく、意外とここ重要。
Nabkov

Nabkovの感想・評価

3.5
初っ端の不安感、つまらなさ、絶望感に比べて、後半になればなるほど盛り上がった。なんでこんなことになったんだろう、と思うけど、ここまで盛り返す映画も珍しいと思う。DCの新しいシリーズはどれも面白くないと思ったが、意外に悪くない。アクアマンも期待できそうだ。

まぁ期待すべきはスーパーマンというチートキャラの出ない映画なのかもなぁ。飛んで、光線出して、音速超えて、凍らせる、なんて何考えてんだってレベル。ヘンリー・ガヴィルは悪くないんですけどね。

今までのDCのシリーズに辟易してる人は、ちょっと趣向を変えてドラマだって思えば良いのかもですね。まぁ、バリーはエズレだし、アローも出ないけどね。
kawaida

kawaidaの感想・評価

3.3
思ってたより大分良かった。

けど、アベンジャーズに追いつくにはほんと今後に期待するしかないです。
Dグッチ

Dグッチの感想・評価

2.5
このシリーズは、毎回期待するんだけど、毎回裏切られる。
合わないのかな・・・
miho

mihoの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

ドストエフスキー✋🎶

まさかのフラッシュがいちばん見せ場あったのでは
キャラ的にトムホランドのスパイダーマンと若干かぶるが

ヒーロー祭映画なのにかなり序章な感じで、キャラ立ちがないというか物足りず
アクアマン魚と喋ってくれないし
初の活躍シーンが排水溝?て地味、、
前作から感じてたけどバットマンの場違い感が際立ってきた
人間なんだから離れて見てなよ、危ないよ‥
バットマンはバットマンで見たい
ガルガドットさんは安定のかっこよさだけど
バットマンとの男女の空気とかいらないよ

あとポスタービジュアルもっとかっこよくしてあげて
誇大広告になってないという良さはあるけども
>|