ジャスティス・リーグの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

ジャスティス・リーグ2017年製作の映画)

Justice League

上映日:2017年11月23日

製作国:

上映時間:121分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「ジャスティス・リーグ」に投稿された感想・評価

yuka

yukaの感想・評価

3.7
そこまでマーベルファンではないのですが、、、
正直アベンジャーズもどこまでみたかわからず、はじめにスーパーマン死後の世界から始まったのでびっくりしました(スーパーマンいつ死んだの!!!)
ですが、個性的なキャラクターとその一人一人の力を発揮したアクションシーンは見ていておもしろい!
マーベルシリーズはふわっとでも知っていたら楽しめる作品でした。
あと個人的には挿入歌のシグリッドのeverybody knowsにハマってよく聴いてます
スーパーマンやバッドマンを見たことがないわたしでもとても楽しめた。

女子キャラってなんとなく弱くて足手まといなイメージがあってあまり好きではないけど、ワンダーウーマンは強くて優しくて最高。
あと、フラッシュも完璧にこなせないけれど頑張ってる感じが「ふふっ」となれて和んだ。
マンオブスティール、BvS、スーサイドスクワッドと比べたらまともで普通に楽しめる映画。
フラッシュがいることで上記3作のようなDC映画シリーズにありがちな画面も雰囲気も暗く見づらいということはなく、適度にコミカルで見やすくなっている。

ストーリーは単純明快で仲間が集まる過程もわりと単純。そのため集まった感が薄い。さらにボスの印象も薄い。設定だけは盛り盛りのくせにそこまで強敵の印象はなく、最後もあっさりで、ボスとのバトルよりスーパーマンvsジャスティスリーグのほうが緊張感があった。

やはり、どうしても同じアメコミヒーロー集合映画のアベンジャーズと比べたらいろいろ物足りなさを感じる。
特に今回のジャスティスリーグは、監督が途中からアベンジャーズを撮った監督に変わったせいか、コミカル要素も取り入れたりアベンジャーズ寄りの路線になっていたので余計にアベンジャーズを意識してしまう。

とはいえ、決してだめだめ映画というわけではなく良いところもあり、フラッシュはキャラも戦闘シーンも良かったし、スーパーマンのめちゃくちゃな強さも見ていて爽快だったし、ワンダーウーマンも美人でかっこいい。

今のMCUのようにシリーズ何本も見ないとついていけないということはないので、アメコミヒーロー集合系映画が気になっている人にうってつけの映画。
donutrider

donutriderの感想・評価

5.0
ガル・ガドットの絵力厳つい。

ヒロインは見た目大事、ジャンパーのヒロインもどうにかして欲しい。。
Kota

Kotaの感想・評価

3.3
東京コミコン2018にてエズラミラーのサイン貰ってきました。フラッシュやクリーデンスのポスターを持参する人が横行する中、敢えて“ウォールフラワー ”のポスターを持っていったら、「わぉ、僕も大好きな映画だよ!」と言って無限大のマークを書いてくれたあと「we are infinite」と目を見て言われたから妊娠しそうになった(笑)。時間がかなり押していたのにも関わらずのサービス精神にマジで惚れたよ。あと、顔小さい鼻高いファッション凄いオーラパナイ。

興奮冷めやまぬ中、フラフラの状態でエズラのフラッシュ目当てで未見だったこちらを鑑賞。超速移動がカッコいいのは元より、ちょっと抜けてて愛くるしいキャラがどツボだった…あぁ神々しい。映画としては後半のCGとかめちゃくちゃ適当だし、チームになる動機がグダグダだし、ベンアフレックのバットマンボイスが凄く感に触るけど、いいんだフラッシュが最高だから、もうエズラには一生ついて行くと決めたんだ。まだ手が震えてる。
本日東京コミコンにてエズラに会ってきました😭😭😭
あなたの演技って最高!って言ったら
『Thank you!! I am deeply proud of receiving the words from you.』
的なこと言われてハグしてくれました😭

そんなエズラミラー待機列に並んでる時に鑑賞したジャスティスリーグ
もう観るのは5度目くらいだけど、やっぱりフラッシュことバリー・アレンがかっこいい…
でもアベンジャーズと比べてしまうと、どうしてもアッセンブルの姿が映えない(笑)
ストーリーは大好き!個々のヒーロー達が協力して大きな敵を倒すっていうのは大好物です
ミキ

ミキの感想・評価

3.8
ファンタビ見た後だと、笑ってるエズラミラー君が見たくなるので。笑ってるー!可愛いー!お友達出来て良かったねー!😃✨
とにかくフラッシュとダイアナとお魚は友達おじさんが可愛いので頭撫でたくなる。みんなでピザパして…
Aya

Ayaの感想・評価

3.3
今日エズラくんに会うので、そういえば見てない!と思ってフラッシュの部分だけ高速で見たのですが・・・エズラくんめっちゃ可愛い!!

それにひきかえ

完全に横並びの絵図がダサい・・・

家帰ってちゃんとみようと思いますが、みんなの評判通りな気がする・・・

このレビューはネタバレを含みます

まじで酷い。
ストーリーも無理がすごいし端的すぎる。
映像に関しては色合いをどれを元にしたいのか分からずただただカラフルになり、キャラが背景から浮いて見えたり、丸々場面が変わったように感じる。いい意味でも悪い意味でもMCUと違い現実味がなく、それによる没入感、高揚がない。
唯一よかったのはキャラデザイン位。
せっかくのミズラ君とベンアフなのに残念。
ただデスストロークは楽しみ。
観よう観ようと思いつつも中々観る機会を作れなかった映画のひとつ。

アメコミの中でもマーベルが少年ジャンプのような存在に対して、DCは少年マガジンのような感じだと思っています。

この映画を一言で表すのなら「闇鍋」。いろいろと詰め込み過ぎ、真っ暗で何が具材なのか、はたまたその具材は必要なのか?薄味もあれば濃い味もあって、それら要素がてんこ盛りです。

非常に味がよく、万人ウケする具材こと、ワンダーウーマン姐さん。ガル姉さんの健全なお色気にノックアウトです。ああ素敵。

噛めば噛むほど味が出るような、そんないぶし銀なバットマン!本人も「(俺の能力は)リッチだ」と皮肉りますが、本当は誰よりも洞察力が凄く、リーダーシップを発揮する、ジャスティスリーグにとっては精神的な支柱と言っても過言ではないでしょう!前任のクリスチャン・ベールにはない、中年の色気も素晴らしい!ケツアゴすらバットマンに必要なのでは?と思います。

今回のコメディリリーフ!フラッシュがいい味出してるんです!良くも悪くもDCはゴッサムな雰囲気がしてて、登場キャラが辛気臭いのが特徴!そんな中でフラッシュは場を和ませる箸休め的な存在。フジッコのお豆さんと言えるでしょう。彼の能力「超速」の描写がね、また周りがスローになる中で本人だけが通常より動き!これ。カッコいい。

サイボーグやアクアマンは・・・うん・・・少し唐突過ぎるからね、何というか・・・うん。サイボーグは活躍したね!ブルース・ウェインやアルフレッドのお株を奪うハッキング技術!・・・まぁ、サイボーグだし。あ・・・!サイボーグ、単独で空飛べるよ!・・・うん、まぁサイボーグだし・・・彼は今後に期待だね!

・・・アクア・・・マンは・・・うん。銛を持ってたね。うん・・・。ほかは・・・うん。身体がムキムキだね!・・・うん・・・単独映画、大丈夫かな・・・?w

そして、やはりスーパーマンのチートクラスの強さよ!すんげー強い。ブルースが切り札として考えるのはよく分かる!

他のキャスティングも割と豪華なんだよなぁ、ホント。

いかんせん話を盛り込みすぎ。ステッペンウルフが敵とはなぁ。ダークフォースが次の敵なのか⁉︎グリーンランタンの加入はあるのか⁉︎

など話は尽きませんが、割と楽しめる佳作です!
しかしながら、マーベルに押されてるよなぁ・・・。やはり、マガジンの感じがするんだよなぁ・・・