ジャスティス・リーグの作品情報・感想・評価 - 416ページ目

ジャスティス・リーグ2017年製作の映画)

Justice League

上映日:2017年11月23日

製作国:

上映時間:121分

ジャンル:

3.7

あらすじ

2016年に公開され全世界で大ヒットした『バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生』で映画史上最も激しい超人どうしの戦いが描かれ、スーパーマンの無私無欲な行動、そして彼の死により地球の安全は守られた。しかし世界が悲しみで包まれるなか、再び地球に壊滅的な危機が迫っていた─。表の顔は大富豪でプレボーイだが、陰ながら街を守るため孤独に悪と戦ってきたバットマン(ブルース・ウェイン)、人類に失望しそ…

2016年に公開され全世界で大ヒットした『バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生』で映画史上最も激しい超人どうしの戦いが描かれ、スーパーマンの無私無欲な行動、そして彼の死により地球の安全は守られた。しかし世界が悲しみで包まれるなか、再び地球に壊滅的な危機が迫っていた─。表の顔は大富豪でプレボーイだが、陰ながら街を守るため孤独に悪と戦ってきたバットマン(ブルース・ウェイン)、人類に失望しその身を隠し、たった 1 人で生きてきたワンダーウーマン(ダイアナ)。“最強の男”スーパーマンと共に戦った2人は新たに迫る脅威に対し、人類を守るため“特別なチカラ”を持った超人を探し出し<究極のチーム=ジャスティス・リーグ>を結成する準備を始める─。

「ジャスティス・リーグ」に投稿された感想・評価

RYCK

RYCKの感想・評価

4.7
やはり楽しみにしてただけあって最高だね。自分はmarvelよりDC派なのかな。5点にしなかった理由はフラッシュをドラマで見てるからキャラが違うのがなんか嫌なのとアクアマンがもっと活躍してほしかった。バットマン以外超人なのにバットマンだけちょい弱いのが気になる。その反面スーパーマンが最強すぎてよくバットマンVSスーパーマンでまともにスーパーマンと戦えたなと思えるくらい強い。これからのDCの展開が楽しみ。
まー

まーの感想・評価

3.2
相変わらずバットマンが…。
まぁ、彼だけ人間ですからね。
そりゃアザだらけにもなりますよ。
リーダーっぽいポジションにいるものの、正直いなくても何とかなるんじゃ…とか思ってしまったり。

まぁ、でも今回はフラッシュがわりと中心になってて、他のメンバーと絡むシーンも楽しかったです。
中でもエンドロールのシーンまで持ってくるくらい、あの人との絡みが良かったですね。
個人的にはアクアマンに期待してたので、もっと見せ場作って欲しかったです。

もっと長ければ、こことかあそことかもっと色々あったんだろうなって物足りない気持ちにもなりつつ、このくらいがちょうど良かった気がします。
セリ

セリの感想・評価

2.6
アクアマンに至っては活躍ゼロ。ワンダーウーマンにひっぱだかれるバットマンがみっともなくて恥ずかしくなった。みんなで集まる意味
Quietboy

Quietboyの感想・評価

3.6
一切の知識もないんですが、見ました!
細かいところはなんだかわかんなかったですが、楽しめました!

DCって何かわかんないし、マーベルと何が違うのかもわからんし、
バットマンとワンダーウーマンは知ってるけど、どういう人なんかもさっぱり、
そもそもジャスティスリーグってバットマンVSスーパーマンの続編だったことすら知らないで見てしまいました。

なんか超人たちが力を合わせて頑張るみたいなのがなんとなく面白そうだなーってのが観賞理由です。自分としてはかなり冒険した感じだったので、新鮮ではありました。

そんな感じで見た奴のレビューなので、多めに見ていただきたいです。

バットマンはただの金持ちで、他の人達と違って特集能力とかは別にないみたい。なんか知らないけど、超人たちを招集してなんとかっていう宇宙人的なハエ的な敵を倒したいっぽい。
ワンダーウーマンは超強くて太ももがかなりエロい。アマゾン族の人。
アクアマンは海の神?
サイボーグはそのままサイボーグ、
フラッシュは瞬間移動できる、戦闘経験はない。
スーパーマンはなんでか知らんが死んだっぽい。

何もわからん奴が見ても、ジャスティスリーグのメンバーの超人たちのキャラクターが掴める良い構成でした。バットマンとワンダーウーマン以外は本作が初登場らしいから当然なんでしょうけど。
ワンダーウーマン超スゲえ!ってマジアガリますし、アクアマン来てくれたー!ってなるし、フラッシュがこのメンバーを和ませてくれて、本当居てくれてよかったって思いました。

戦闘シーンは、今まで一人で闘って来た彼らが初めてチームで闘う訳で、個人の能力を十分に活かしてて、素晴らしかった。

ということで、まあ楽しめたんです。



しかし、やっぱこれはシリーズものだから本作だけ見ても作品の本質は理解できてないんでしょう。前作までの話知ってたらやっぱもっともっと楽しめたんだろうなぁと思います。
ジャスティスリーグ面白かったから、バットマンシリーズとか、DC映画も見てみよう!ってなんなきゃいけないんだろうけど、ごめん、見ないと思います、、、

正直だるいんですよ。
映画1本見る為に、他にも何本も見なきゃいけないのが!
バットマンシリーズだけで何本あんのかもわからんし、スーパーマンシリーズまであるし、ワンダーウーマンも見ないといけないし、そこまでしなきゃいけないのか!っていうか、
そりゃあもちろん、バットマンシリーズ、スーパーマンシリーズ、大好きな方からしたら見てて当然で、絶対見た方がいいんでしょう。
そもそもDC映画に限らず、マーベルも、スターウォーズもそう、シリーズものは全部そうなんだけど、それ1本見んのにどんだけ前作見てなきゃいけないの?っていう、ふらっと映画見に行って何も知らない奴が選べないじゃないですか!
シリーズものだけじゃなくて、連続ドラマやアニメの映画化したやつ、前後編分けるタイプの邦画の後編の方とか、もう見る以前のハードル高すぎて見る気なくすんですよ。
そりゃあ一定の人気があるから続いてるんでしょうが、とりあえず「映画」を見たいっていうだけの奴には優しくないんですよ、今の映画はだいたい。
今やってる映画だってだいたいそんな感じですよ!
原作のある映画も、いちいち原作読んだからどうとか言ってみないといけないみたいな感じになってるし、
この監督の作品はなんとか〜って、原作なくても監督の他の映画もいろいろ見てなきゃいけないみたいな感じもあるし!

いや、そんなことはないんだけど、全然ないんですけど、
ただ純粋に面白そうって映画見りゃいいんです。そんな当たり前のことがなんだか難しいことみたいになってる感じがするんですよ最近。

映画オタクしか映画見てないんじゃないか?ってくらいに映画がどれもマニアックというか。
予備知識たっぷり入れ、予習完璧じゃないと本当に楽しめないってやばいんじゃないかなと無駄に心配になってきてしまいました。

好きな映画ですら何見たらいいかわかんない、レンタルビデオの棚の前で何を借りればいいかわからず何時間も立ち尽くす…
みたいな未来が怖くて、こんな感じになってしまいました。


そもそも何もわからないジャスティスリーグ見に行っちゃった理由が、
映画館、フォーラムのプレミアム会員の継続が今月末までだったからなんです。本音は。

東北地方の映画館なんで有名ではないんですけど、フォーラムのプレミアム会員って、おそらく全国的にみてもかなりすごいんですよ。
年会費1万円で招待券が11枚もらえて(うち1枚は平日のみ使用可)、招待券全部使ってしまってからも会員証提示で常時千円で見れます。つまり映画1本あたり909円。
こんだけでもすごいんですけど、更にやばいのがスタンプカードで、
これはプレミアム会員でなくても誰でも無料で作れるんですが、
1本見るとスタンプが一つもらえて、第1ステージは6回見たら1本無料、次は第2ステージに上がると5回見たら1本無料になり、第3ステージでは4回で1本無料になります。今はもうないんですが、ちょっと前までは更に第4ステージもあり、3回で1本無料だったんです。

つまり、プレミアム会員でスタンプカードを使うと、10000円で12本見れます(平日限定招待券はスタンプ対処外の為)。
この時点で1本あたり833円です。
第3ステージまでフルで貯めたら、15000円で19本見れるので1本あたり789円になります。
更にやばいのがダブルスタンプデー。毎月15日なんですが、プレミアム会員限定で毎週火曜もです。プレミアム会員でダブルスタンプデーにだけ映画を見た場合、10000円で14本、1本あたり714円、更に二枚目のスタンプまでフルで貯めると15000円で22本、1本あたり681円になってしまうのです。

普段当たり前に使ってたんですが、冷静に考えると結構やばいと思います。
なんかフォーラムの宣伝みたいになってしまったんですが、そこまでしてもらって、見たい映画(っていうか見れる映画)があんまりなくなっちゃうのが、なんかつらいなと思ってしまったんです。
こんだけしてもらって、いい環境で新作も見れるわけだから、何も文句言えないんですけどね。シリーズ全作見ないと話になんないような映画ばっか作られてる現状って、映画業界自体の間口を狭めてるだけなんじゃないかとしか思えないんです。


長くなってしまったんですけど、俺はフラッシュが一番好きでした!
アクアマンは単独映画ができるっぽいですが、また見るかわかんない!
itottm

itottmの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

アメリカの1番のヒーローっつったらやっぱりスーパーマンだよなぁ、と久々に再認識しました。
元犬

元犬の感想・評価

3.1

このレビューはネタバレを含みます

いい加減アメコミ映画のパワー秘めたキューブ設定やめませんか。っていういつもの突っ込みは置いといて、皆良いキャラで面白かった。チーム組み始めると陽のあたらないキャラが出がちだけれど、ジャスティスリーグはそういうこともなく皆いきいきノビノビしてました。どうしてもMARVELと比べてしまうし、デップーっぽいのとかお喋りスパイディ風のフラッシュ君とか、兄上みたいなアクアマンとか、あれ似てんな!な既視感は正直否めないの..。結局地球の面々とパワー馬力が違うクリプトン星人ナイスガイ(スパマン)が一番強いっていう。
まあ、あれよね。皆孤独を抱えていたから、仲間ができて幸せそうでイイと思うの
yukino

yukinoの感想・評価

-
フラッシュの部屋でBLACK PINK流れたのなんか嬉しかった(笑)フラッシュ好きすぎる
「またもや、もう一歩。」

全く期待してなかった本作。因縁のマーベルっぽいオープニングからスタートいたします。

今回、DCの中では一番良作だったと思います。
ただ、大好きなザック・スナイダーの良さも薄れていたように感じました。

悪い点は単純。無駄なカットの多さでヴィランが雑魚にしか見えない。

DCの大好きな、映画の初っ端に見せるヒーローの挨拶代わりのカット。格好はいいんだけど、スースクの時も結局いらないサービスカットが入ってる。とりあえず、バットマンとダイアナのはいらんやろな。

全体的に評判の悪いJL誌を映画化した感じ。
名刺代わりのシーンに、適当な集合、雑魚を征伐。まあこんな感じ。
ただやっぱりいっぱいいるとアガるんですよね。笑

ただBVSのダイアナ登場シーンほど燃えるシーンはダイアナのスカートの中のお尻ラインが見えるところくらい。

キャラは立ってるから面白いんだけど、フラッシュはス○イディにしか見えんし、アクアマンはサ○ファ○くんにしか見えない。
敵もウ○トロンの動作っぽくて既視感が・・・・

やっぱりマーベルのかませ犬感が否めない。
でも、徐々に上がってるのは事実で、クロスオーバーばっかしてないでコツコツ、単独作ってください。
最後のデップーのパクリ元のキャラが出てきてくれたんは単独やってくれるのかな???頼むからやって欲しいよ。

頑張れ!!!DC。
マーベルもダークナイトも独自の味で乗り越えてくれ。

それでは。
2017.11.25 TOHOシネマズ新宿 IMAX3D
TUNAHEAD

TUNAHEADの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

vsスーパーマンが良かった。フラッシュの「あれ、光速なのに反応できてる?」的な。