ジャスティス・リーグの作品情報・感想・評価 - 416ページ目

ジャスティス・リーグ2017年製作の映画)

Justice League

上映日:2017年11月23日

製作国:

上映時間:121分

3.8

あらすじ

2016年に公開され全世界で大ヒットした『バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生』で映画史上最も激しい超人どうしの戦いが描かれ、スーパーマンの無私無欲な行動、そして彼の死により地球の安全は守られた。しかし世界が悲しみで包まれるなか、再び地球に壊滅的な危機が迫っていた─。表の顔は大富豪でプレボーイだが、陰ながら街を守るため孤独に悪と戦ってきたバットマン(ブルース・ウェイン)、人類に失望しそ…

2016年に公開され全世界で大ヒットした『バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生』で映画史上最も激しい超人どうしの戦いが描かれ、スーパーマンの無私無欲な行動、そして彼の死により地球の安全は守られた。しかし世界が悲しみで包まれるなか、再び地球に壊滅的な危機が迫っていた─。表の顔は大富豪でプレボーイだが、陰ながら街を守るため孤独に悪と戦ってきたバットマン(ブルース・ウェイン)、人類に失望しその身を隠し、たった 1 人で生きてきたワンダーウーマン(ダイアナ)。“最強の男”スーパーマンと共に戦った2人は新たに迫る脅威に対し、人類を守るため“特別なチカラ”を持った超人を探し出し<究極のチーム=ジャスティス・リーグ>を結成する準備を始める─。

「ジャスティス・リーグ」に投稿された感想・評価

tetsu子

tetsu子の感想・評価

3.7
前回のバットマンVSスーパーマンの悪夢の続きだと思い試写会に行きました。
期待をいい意味で裏切ってくれました。
伏線も回収されスッキリした気持ちで帰れています。

フラッシュいいね
YutoK

YutoKの感想・評価

5.0
それぞれのメンバーに個性を活かす活躍シーンがあって良かった。
原作シリーズを見ていなくても、解説ありの分かりやすい作り。
思ったよりギャグが所々にあり、楽しくめれる。
これから個人の映画も続々出るし、見に行かなきゃ。
filmonster

filmonsterの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

フィルマークスの試写会にて鑑賞

今までのDCシリーズの中ではよくできている方だと思います。ただキャラクター一人一人の背景を知っていないと少し「?」な部分もあると思います。DC大ファンの私は詰まるところはありませんでした。

よかった部分は、ユーモアに溢れていた映画で、単純に楽しめました。特にバリーアレンが暴れてました笑

不満な部分としては、それぞれのキャラクターの強みがあまり描かれていなかったこととグリーンランタンが出演していなかったことです。
前者はこれからのDC映画で明かされていくと思いますが、なんかヒーローものではなくコスプレした超人たちの戦いを見せられただけの感じもしました。ブルースの頭脳やアーサーの魚と話す能力などのそれぞれを特徴付けるものがあまり出てきませんでしたね。人類が強く救いを求めている描写や救った後の歓喜も特に描写されておらず、あれれと思うところはありました。

後者は完全に個人的なものですが、やはり集団には問題児が必要だと思います。グリーンランタンがその役目を果たしていると思うので、彼がいないのは物足りなかったですね。

以上の理由と比較的楽しめたのでこの評価です。
kaz

kazの感想・評価

3.6
楽しかった(^。^)
ガドットは綺麗だし、スーパーマンはやっぱり最強だし。
新たなキャラクター達も思いのほか良かった。
笑いのポイントも多々あって飽きずに楽しめました。
sakiyon

sakiyonの感想・評価

3.5
面白かった。
ホラーが苦手だったから星は少ないけれど、アクション集大成でスカッとした。

ヒーローが集結したシーンは鳥肌モノ。
強いってほんとにカッコいいし無敵だ。
11.16.17 @Scotiabank Theater Vancouver AVX3D
11.28.17 @Scotiabank Theater Vancouver
MDVL

MDVLの感想・評価

-
思ったよりジョス・ウェドンの手が及んでいるのかも。DCヘヴィネスは鳴りを潜め、ライトテイストやユニークさが強まった。
見やすくなったのは良いことだけど、これまでのDCらしさが好きだった者としてはちょっと寂しいかも。
今作こそがジャスティスの誕生。
867

867の感想・評価

-
シリーズ観てなくても楽しめた!
フラッシュがいいキャラしてる!
深谷守

深谷守の感想・評価

3.0
いかにもハリウッドらしい大味なアクション大作。スーパーヒーローがてんこ盛り。すごい勢いで戦うが、それぞれが宇宙人だったり、サイボーグだったり、神話の人だったりするので、これが同列に闘う無理はあるが、そんなことはどうでもいいバカバカしさ。
これでもかというCGの連続にテクノロジーの発達を実感させられる。

このレビューはネタバレを含みます

完成披露にて。
思ったより笑えるところが少ないし、ややどっちらけ展開。
思い入れの強いキャラクターがいる方向けの作品なのかね、と納得するしかなかった。
比較はもはやアベンジャーズではなく、パワーレンジャーになりました。
それでもチームで戦うよさが私には伝わらず、、、
スーパーマンさんひとりで、あきまへんのん?