ジャスティス・リーグの作品情報・感想・評価 - 438ページ目

ジャスティス・リーグ2017年製作の映画)

Justice League

上映日:2017年11月23日

製作国:

上映時間:121分

ジャンル:

3.7

あらすじ

2016年に公開され全世界で大ヒットした『バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生』で映画史上最も激しい超人どうしの戦いが描かれ、スーパーマンの無私無欲な行動、そして彼の死により地球の安全は守られた。しかし世界が悲しみで包まれるなか、再び地球に壊滅的な危機が迫っていた─。表の顔は大富豪でプレボーイだが、陰ながら街を守るため孤独に悪と戦ってきたバットマン(ブルース・ウェイン)、人類に失望しそ…

2016年に公開され全世界で大ヒットした『バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生』で映画史上最も激しい超人どうしの戦いが描かれ、スーパーマンの無私無欲な行動、そして彼の死により地球の安全は守られた。しかし世界が悲しみで包まれるなか、再び地球に壊滅的な危機が迫っていた─。表の顔は大富豪でプレボーイだが、陰ながら街を守るため孤独に悪と戦ってきたバットマン(ブルース・ウェイン)、人類に失望しその身を隠し、たった 1 人で生きてきたワンダーウーマン(ダイアナ)。“最強の男”スーパーマンと共に戦った2人は新たに迫る脅威に対し、人類を守るため“特別なチカラ”を持った超人を探し出し<究極のチーム=ジャスティス・リーグ>を結成する準備を始める─。

「ジャスティス・リーグ」に投稿された感想・評価

エムズ

エムズの感想・評価

4.0
IMAX3D
あまり期待してなかったが一応見ておかないと思って、チョトナメテーター 良かったわ
でもスーパーマンなんだろうけど、やっぱりワンダーウーマン登場シーンあがるし持っていくなぁ
見終わっても明るくなるまで座っていて!

このレビューはネタバレを含みます

チームが揃い、やっとエンジンがかかったDCEU。

マーベルのような数の多いチームものじゃないので、分かりづらくないというか、ゴチャゴチャしてなくて、シンプルなのは良い。
でも初登場キャラの薄さというか、物足りなさというか。


今後シリーズが続けば、キャラが立つというが、見てる側の愛着が出るというか。

とはいえ、全員揃った時はアガるよね。

だが、アクションがどうしてもアガらない。

あと、全体のビジュアルが個人的にまったくハマらなく。
特にヴィラン側のビジュアルはまったくダメ。

物語も薄く、全体的に薄味感が。

敵がスーサイドスクワッドのようなビジュアル最強キャラだったら絵的には盛り上がる。

唯一、ワンダーウーマンは最高だった。

最後に、スーパーマン復活がこんなにも盛り上がらないのはかなり問題だと思うのだが。
パッと復活しちゃって。

映画内の展開がこうも簡単に進んじゃうと、深みというか、テンション上がらないというか。

もっと後でもよかったような。
でもそれだと、敵が倒せないし。

なんだか詰んでる感しかしない。
ラストのスーパーマン、フラッシュの徒競走は無くていい。
ほんといらない。

ルーサー出てきたのは、個人的に嬉しかったよ。
だい

だいの感想・評価

4.5
チームの大切さを感じ所々のおもしろさ最後のバットマンを助けたところに感動

井口と
なびい

なびいの感想・評価

3.5
自分のDC知識が足りなかったなと後悔…
もっとみんなの背景を知りたい!他の作品を観たい!と思えるきっかけになった!
どうしてもマーベルと比べてしまって申し訳ないけど、あっちはコメディ要素があってわいわいがやがやしてるけどJLは落ち着いた雰囲気でみんなの格好良さと可愛さを兼ね備えてる感じ。あとスーパーマンの最強さが際立ってたね。
不器用な友達作りの話で微笑ましい気持ちで見れた。
欲を言うともっと個々の才能がフル発揮してほしかったかな~…最後海に移動するとかじゃないからアクアマンが勿体ない気がした……これは個々の映画でのお楽しみ?
ニレ

ニレの感想・評価

-
チームが結成されるまでの過程が描かれたDC作品。marvelとはまた違ったアメコミヒーローの姿が描かれている。フラッシュが大人の中に混じっていい空気を作り出していて、柔軟で愛おしさが溢れるキャラ。marvelでいうならスパイダーマン。一番親近感の溢れるヒーロー。フラッシュ主演映画も楽しみ!今回は結成がメインだったが、エンドロール後には敵の姿も描かれており、今後の展開にも期待!
SICKBOY

SICKBOYの感想・評価

4.0
公開日にIMAX3D で鑑賞

結論から言うと 楽しかったです!

DCUniverse映画は「マン・オブ・スティール」「バットマンVSスーパーマン」など暗くてダークな感じが多く、マーベルと比べて大人向けっぽいんだけど、物語でやってる事は割とどうでも良くてバカっぽいというイメージを私は持っています笑
ですがDCアメコミを海外から買うぐらい個人的にDCは大好きで、暗めの感じも割と好きでした。

それも今年の「ワンダーウーマン」で明い感じになりました。
そして今作も明るく楽しい映画でした!

フラッシュ・サイボーグ・アクアマンの3人の新キャラがかなり良くて、それぞれのキャラを短い時間の中でわかりやすく紹介し、魅力を引き出す事が出来ていたと思います。

そして なんと言っても フラッシュの存在が大きい! フラッシュのおかげでユーモラスで笑えるシーンが増えました。フラッシュ最高です👍

それぞれのキャラ同士の関係も良くて 今後のDC映画が楽しみになりました。

ただツッコミ所もありましたが、そこは小さな事です笑

ただ重大な欠点があり
それは 悪役のキャラの弱さです。
DC映画の「ダークナイト」のジョーカー、
「ウォッチメン」のオジマンディアスなどは 個人的に素晴らしい悪役でした。
DCユニバース1作目の「マンオブスティール」のゾッド将軍は好きでした。 ですがそれ以降の3作(スーサイド・スクワッドを含む)の敵役はキャラがかなり弱いと感じております。
そして今作の悪役 ステッペンウルフもそうで 結構どうでも良いキャラでした。

マーベル映画では良い悪役が多いです。ロキはもちろん。今年の「ガーディアンズ2」のエゴ。「ホームカミング」のバルチャーなど かなり魅力のあるキャラクターでした。 そこはマーベルと比較した時のDCの課題点だと思います。

その理由としてDCは最強キャラが多いという点が挙げられます笑
スーパーマンがいる時点で 敵はそれなりに最強なキャラや神様系でないと同じ舞台に立てませんから、
スーパーマン、ワンダーウーマン、Drマンハッタン等のおかげで 敵役もパワーバランスが崩れがちですので 感情移入しづらいのかもしれませんね。


しかし、あまり作品の出来の良さをアベンジャーズと比較するべきじゃないのかもしれません。
マーベルはキャラ単独の映画を先に出してから全員集合の「アベンジャーズ1作目」を出しました。
「ジャスティスリーグ」は新人が3人もいて今作以降にキャラクターごとの映画を出していく様なので テンションの上げ下げに違いが出てくるのは当然かもしれないので...

ですが 今作は個人的にはかなり満足で シリアスっぽくユーモラスでもあって楽しかったです。

最後に言いたいのは
ガルガドットのワンダーウーマンは今回も最高過ぎました。
きょん

きょんの感想・評価

3.2
アベンジャーズと似てきちゃったんじゃないか?
個人的にはバッドマンはノーラン監督のクリスチャン・ベイルの印象が強いので、ベン・アフレック演じるバッドマンにはいまだに違和感。
ワンダーウーマンのガル・ガドットは強くて美しくてはまり役。
Uji

Ujiの感想・評価

4.5
ザック・スナイダー監督によるDC実写化シリーズ第三弾。
かなり期待して行きました。
だって、大好きなバットマンに、最強&綺麗のワンダーウーマン。超高速のフラッシュに、新キャラが2名。さらにスーパーマン復活の噂があるのに、期待せずにいられません!

観終わった直後の感想は、凄かった!!の一言。
観たこともない映像とアクション。それぞれの個性を活かしながら、チームで戦うシーンは鳥肌がおさまりませんでした。

ストーリーは単純明快で分かりやすい。最後まで一気に走った感じです。笑えるジョークも結構あり。
まぁ、良くも悪くもザック・スナイダーの魅力満載でした。

ラストは、クリストファー・ノーランっぽい締め方。どこまで噛んでたのかな?
NaokiNoda

NaokiNodaの感想・評価

4.5
ついに始動したジャスティスリーグ!!
いやぁおもしろかった。こういうとあれなんだろうけど、アベンジャーズの1を観た時のあの興奮が再び味わえた感じ。正直、それ以上だったかも!

映像もいい感じで、特にワンダーウーマンの登場は例の音楽もあってやっぱりいいなぁ。あと、気のせいかもだけど、地面とか壁にぶつかるところが重力感というか、ガツッとなるのがうまく言えないけどすごくいい。重さが伝わってきて、技の威力とか効いてる感がすごい!

このチーム見て思ったけど、ワンダーウーマンのお母さん感やばいw
あと、バットマンが子供と接するのにがてなお父さんって感じだった。もちろんいい意味で。

アベンジャーズといい、こういう作品大好きなので続編も期待!!次は、グリーンランタンくるのか!?

ちなみに、より楽しむにはやっぱり以前の作品も鑑賞してから行くとよいと思います!!
ちゃんぽん麺は具沢山で美味しいよ〜。ヒーロー&ヒロインがテンコ盛り盛り‼︎

今夏ワンダーウーマンのガルガドット女史に完璧に打ちのめされkockout!された日本代表オヤジのリベンジマッチ‼︎

前夜土曜日深酒もせず調整バッチリで初回上映はIMAX3Dにてガルガとの再戦である。オヤジもフィルマのフォロワーの皆さんの事前情報で仕上がりは最高だぞ。

オープニングというゴングが鳴るやいなや…ききききき君はなんでそんなに綺麗なんだ…存在が罪だよ。彼女の登場の度、その美貌にダウンし続けるオヤジ。

立て‼︎立つんだ‼︎オヤジ‼︎

その後も目ヂカラ、私服シーンでの胸元、コスチュームでのド定番になりつつある健康的な太腿に防戦一方。うーん、どこを取っても完璧だ‼︎隙がない。なさ過ぎる。

白組代表バットマンも完全に喰われており、ワンダーウーマンの独壇場の映画でした。ラストはパート2を匂わすエンディングであり、日本代表🇯🇵オヤジのガルガへの3度目の挑戦に期待したい。

⭐︎教訓⭐︎究極の美は時に罪つくりである。見惚れすぎて内容が記憶に無い……