ジャスティス・リーグの作品情報・感想・評価 - 438ページ目

ジャスティス・リーグ2017年製作の映画)

Justice League

上映日:2017年11月23日

製作国:

上映時間:121分

ジャンル:

3.7

あらすじ

2016年に公開され全世界で大ヒットした『バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生』で映画史上最も激しい超人どうしの戦いが描かれ、スーパーマンの無私無欲な行動、そして彼の死により地球の安全は守られた。しかし世界が悲しみで包まれるなか、再び地球に壊滅的な危機が迫っていた─。表の顔は大富豪でプレボーイだが、陰ながら街を守るため孤独に悪と戦ってきたバットマン(ブルース・ウェイン)、人類に失望しそ…

2016年に公開され全世界で大ヒットした『バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生』で映画史上最も激しい超人どうしの戦いが描かれ、スーパーマンの無私無欲な行動、そして彼の死により地球の安全は守られた。しかし世界が悲しみで包まれるなか、再び地球に壊滅的な危機が迫っていた─。表の顔は大富豪でプレボーイだが、陰ながら街を守るため孤独に悪と戦ってきたバットマン(ブルース・ウェイン)、人類に失望しその身を隠し、たった 1 人で生きてきたワンダーウーマン(ダイアナ)。“最強の男”スーパーマンと共に戦った2人は新たに迫る脅威に対し、人類を守るため“特別なチカラ”を持った超人を探し出し<究極のチーム=ジャスティス・リーグ>を結成する準備を始める─。

「ジャスティス・リーグ」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

期待値が低かったのもあるが、それなりに面白かった。

バットマンってあの中だと本当に普通の人だな…。お金だけあって物でどうにかしてる人っていうね。あとは明らかに超人のレベル。
その中でもスーパーマンは一人だけチートだな…。

さて…ストーリー全般ですが最初の方は良かったけど後半が少し雑かな。
スーパーマン登場しなくてもどうにかできただろうし、因果関係が弱い展開はちょっと微妙だな。
Part2中止にならないことを祈りたい。
バットマンやワンダーウーマンなど、DCコミックのスーパーヒーローが集結!
アベンジャーズとは上手く差別化をはかり、ビジュアル重視の魅力的な大作に仕上がっている!
過去作のテーマ曲やビートルズソングなどアガるしかないサウンド!
120分と短い上映時間もGOOD!
バットマンやワンダーウーマン等のDCコミックスのスーパーヒーローたちがチームを組んで悪と戦う「ジャスティス・リーグ」が始動した。
本作では、スーパーマン亡き後の世界で、巨悪な闇が台頭して地球侵略の為に動き出す。
この巨悪を率いるのが悪の将軍ステッペンウルフで、彼は軍団を率いて最強の邪神を復活させようとする。
それに対し、単独のスーパーヒーローでは太刀打ち出来ないと考えたバットマンは、様々な能力を持つ超人たちをスカウトしていく。
この「ジャスティス・リーグ」は、先行して映画化されたマーベル・コミックのスーパーヒーローたちがチームを組んで活躍する「アベンジャーズ」の後塵を拝したような感じだが、本作はDCコミックスのスーパーヒーローらしいキャラ立ちと、その個性豊かなキャラたちの連携プレーの戦いの妙で「アベンジャーズ」と一線を画そうとする。
そして私が観た劇場では何度も客席がどっと沸いたが、随所にユーモアやギャグが鏤められていて楽しい。
特に今回から正式に加入したフラッシュのおとぼけ系というか、癒し系オタクというか、その憎めないキャラが魅力的だ。
更にフラッシュや、今年ブレイクしたワンダーウーマンの魅力に影響されてか、バットマンも人間味溢れるキャラになって共感を覚える。
この作品でのラスボスとの決戦や、その後の展開は新鮮味はないが、定番というか、王道というか、お決まりの結末とも言えると思う。
闇で世界を覆う巨悪に対し、希望の光を灯そうとする「ジャスティス・リーグ」の今後の戦いが「アベンジャーズ」と差別化を図りながら、どう展開されるのか楽しみだ。
待ってました!期待以上の興奮!
やはりヒーローが集まるとワクワクです!

これまではダークな世界観であったが、今作は結構笑わせてくれましたね(^^)フラッシュのキャラが効果的でした!

ストーリーは、強敵出現→仲間集め→いざこざ→歩み寄り→一致団結という平凡な作りですが、一通りの要素をテンポよく描き初心者入門的な作品となっています!MCUは好きでもDCは…という方も楽しめると思います。

困っている人がいたら助け、敵がいたら倒す。MCUに比べこちらの方がいかにも典型的なヒーロー像に近い気がします!

新メンバーの3人は必要最低限の紹介に留まっており、まだまだ本領発揮ではない印象でした。それでも個性を生かしたバトルもあり、それぞれ単体作へ旨味を残しつつ繋げる辺りのバランスとしては良かったのではないでしょうか。
MCUにおけるアベンジャーズとは真逆のアプローチ法ですが、全員集合という興奮度MAXからのスタートなのでかなりの手腕が求められそうです。

最初にも言ったように、バットマンVSスーパーマンに比べかなりエンタメ要素の高い映画になっています。
関係性が築かれていく様は単純に面白かった!特にフラッシュはすでにポジションが確立されましたね(^^)DCにはなかったコミカルヒーロー!あれは女性ファンが増えそうです!

個人的にはやっぱりワンダーウーマンですよ!美しいったらありゃしない(*'ω'*)そして強い!冒頭から魅せてくれます!ジャスティスねーさんから目が離せません!

ここまで超人揃いだとバットマンがね。なんとかチームの精神的な支えとして頑張ってくれ〜!

今作の宣伝について、私が知らなかっただけなのか、ポスターやCM(ナレーションはしょーもなかったけど)からあまりネタバレしていませんでしたね。より本編を楽しめた感じだったので上手いことやってくれたなと思いました!

以下ネタバレありです!

















スーパーマンはラストで復活と勝手に予想していたのですが、中盤で復活して戦ってくれました!
それにしても強い!強すぎる!
ステッペンウルフが可哀想なくらいボコられてた!
あと緑のひとも今後出てきそうですね(^^)
HajimeO

HajimeOの感想・評価

3.9
良いと言わざるを得ない。

ただマンネリ感が出始めてるから、真面目なシーンで飽きちゃう。とこはある。キャラ祭りはどこまで続くのか。

でもいまだにファンタスティック4的なクソキャラがしゃしゃり出てきてないのがさすがw。

今回のはガルガドットの脚が気になってしゃあない…、正直。

ただ格闘シーンは見応えあり。暴走した超人は愛ですんなり、今回も、ハルクも然り。
Ohu

Ohuの感想・評価

3.1
至って普通の出来でした。何というかこう、全編通して高揚感みたんなもんがないんですよね..あの人の復活劇とかも予想通りアッサリしてて、盛り上がりに欠けるし。ぶっちゃけ本作はアクアマンとワンダーウーマン目当てでしたが、意外とフラッシュが明るくて良かったです。スピンオフ作品もそれなりに当たりそう。サイボーグは能力が分かりづらいし、何より格好良くない。メンバー同士のいざこざもチラッとあったけど、MCUの二番煎じ感がハンパなかった。なんだかんだでやっぱりザック・スナイダーが一番ダメでしたね。娘さんの悲劇でジョス・ウェドンに引き継ぎがあったりしたけど、次回作こそは他の人に撮ってもらいたいところ
kottan

kottanの感想・評価

4.3
ダークさが若干薄まり、壮大さとバラエティさを前面に出してきた。バットモービルの進化ぶりが凄いが、基本孤独が似合うバットマンは少し損な役回りになってしまった気がする。ワンダーウーマンは相変わらず凄い存在感だが、アクの強いアクアマンも負けていないし、何処までも明るく重くなりがちな雰囲気を和らげるフラッシュの存在が効いてる。が、こういう作品は祭り。これでいい、上等上等!まだまだ序章だし、次も期待している。
DC映画につきものだった深刻さはなりを潜めて見やすく、キャラの配分もそつなく、優等生的な仕上がり。これを良しとするかは感想別れると思うけど、僕はダイアナさんの良いお母さん振りが堪能できてたまらんです。
komblog

komblogの感想・評価

2.0
アメリカで酷評されて興行収益もヤバイらしい、噂に違わずksつまらない超劣化版DC版Avengers😩

基本的にAvengersと要素的にも似通っているはずなのに、なんでこんなに面白くないのか不思議🤔

考えて思ったのは、以下の3点、

1. 途中で監督が変わった関係で、2幕からのテンションが違う
2. キャラが多すぎて戦闘がくっちゃクチャで何が何やら
3. キャラが多すぎて、感情移入ができない

まー、#1はザック・スナイダーからジョシュ・ウィドンになっているけど、まーそんなことはよくあることで、「あと引き継いだ奴が、綺麗にまとめろや?」って話だし、#2は、ぶっちゃけ最近のこの手の映画は大体そうだし、Avengersもそうだった。#3だってAvengersと根本的な環境は一緒のはず。なのになんでつまらないのか❓

多分最大の問題は…誰も前日譚であるところのBatman vs Supermanを覚えていないからだと思う❗️だってつまんなかったもん、アレ‼️少なくとも俺はそうwww

たくさんキャラが出てくる映画では全てのキャラに感情移入できないのはしゃーない。今回の場合、アクアマンの扱いが酷いとか、サイボーグの父子の関係性ないがしろ問題とか批判はあるんだけど、バットマンとスーパーマンに感情移入できれば、とりあえずこの二人の関係性が話のキモではあったはずなので、なんとかドライブできたはず…

しかーし❗️多分この映画を見ている9割型の人は「この人たち前作でどういう関係でしたっけ?」って思いながらうろ覚えで見ているので、この二人のドラマとかノー説明で映画を始められると、ショージキよくわからないので、感情移入できないということになっている気がする。

特に、今回の話は、バットマンを軸にしようとしていた形跡があって、バットマンが他のキャラと違って特殊能力がなく、かつおっさんである、という点の悲哀を軸に観客側のおっさんの心をつかもうとしていた形跡があるんだけど、これをやったせいで、バットマンのアクションが極端に地味になり、見せ場があんまない上に感情移入もできないキャラになったため、スーパーマンパイセンの出番が少ないこともあって客的には誰を中心に見ていいかいまいちわからない映画になった気がする…Avengersはその点基本キャプテンアメリカとアイアンマンの二項対立が初めからあったからねぇ。

まー、他にもただの異星人のスーパーマン強すぎ問題とか、敵がはじめましてな感じでショボいとか、言おうと思えばイチャモンつけられそうな気はするけど、それも別にLokiというキャラの問題ではなく、トム・ヒドルストンという役者が良かったというところもあるので、やっぱりこの映画の不幸は前作のBatman vs Supermanがつまらなかったということに尽きる気がするw

俺が監督なら、この映画を2時間で納めずに、もう30分使ってでも「前回までのあらすじ」的なことをするかなぁ〜🤔その結果映画が長くなってみるの苦痛になってでも話の軸であるバットマンに感情移入できる構造にすべきだったと思う。

この映画で本質であるべきだったのに、ティザー製作陣がある種の笑いのネタにしてしまったBatmanの「スーパーパワー」。それに伴う悲哀とそれに相反するスーパーマンという神の相対感をもっと明示できれば、他の神、人間、非人間?キャラでも対立軸ができて、敵どうこう関係なくチームの不協和音からの融合というドラマが作れたんではないかなぁ〜😩

ワンダーウーマンが思いの外当たってしまって、そっちの印象が強くなったこととか、ベン・アフレックのハービー・ワインスティーン問題とかもあって、色々不幸な作品と言えないこともない。

唯一の救いはワンダーウーマンの脇の下、太もも、ハンケツ的なものが見えて、その点は今回もラッキーエロポイントがそれなりにあったのでそこが見せ場❓🤔ただし、映画「ワンダーウーマン」よりはやっぱり少ないので、点の押し上げ要素としては薄いし、俺くらいの変態でないと注目しないと思うので、点はこんな感じw

ワンダーウーマンのエロシーンが見たいなら、映画「ワンダーウーマン」がオススメ‼️
正直アクションそこまで好きになれないんだけど、あ〜〜ただただ楽しい
フラッシュかわいい、エズラまんまでほんとかわいい
みんながそれぞれ過去に暗いものを抱えていて、ちゃんとそれを悲しんでいる姿があって、でもやっぱりトラウマってパワーになるから力が爆発する

彼らが集まる意味が本当にある