本能寺ホテルの作品情報・感想・評価

本能寺ホテル2017年製作の映画)

上映日:2017年01月14日

製作国:

上映時間:119分

3.2

あらすじ

時は1582年。天下統一を目前に控えていた織田信長(堤真一)は蘭丸(濱田岳)、大塚(田口浩正)ら少数の家臣団と共に京都・本能寺に滞在している。冷酷非道なお館様を前に、戦々恐々とした日々を過ごす家臣たち。そんな時、風変りな女(綾瀬はるか)が一人、寺に迷い込んでくる。噛み合わない会話を繰り広げているが、その女・繭子は400年後の未来から来たと言う。泊まっていたホテル(本能寺ホテル)のエレベーターが1…

時は1582年。天下統一を目前に控えていた織田信長(堤真一)は蘭丸(濱田岳)、大塚(田口浩正)ら少数の家臣団と共に京都・本能寺に滞在している。冷酷非道なお館様を前に、戦々恐々とした日々を過ごす家臣たち。そんな時、風変りな女(綾瀬はるか)が一人、寺に迷い込んでくる。噛み合わない会話を繰り広げているが、その女・繭子は400年後の未来から来たと言う。泊まっていたホテル(本能寺ホテル)のエレベーターが1582年と繋がっていると・・・。 繭子は自身も訳のわからぬまま信長と小姓・森蘭丸との交流を深める中で、次第に信長の人間性に惹かれていく。やがて繭子は、1582年の迷い込んだその日が「本能寺の変」が起きる前日である事に気づき—

「本能寺ホテル」に投稿された感想・評価

京都の街並を壊すかのような雰囲気の謎のホテルにアゴしゃっくれ女が宿泊する。しかも、勝手にタイムスリップし、戦国のヒーロー、信長にケンカを売ってしまう。

曲者っ!そのアゴ、手討ちにいたすっ!

ビシュッ!キーンッ!ポキッ…
名刀がっ、わしの刀がーっ!
堤真一がハマり役
buppi

buppiの感想・評価

1.0
観てるこっちが恥ずかしくなる台詞のオンパレード
Sayon

Sayonの感想・評価

3.8
タイムスリップものあんまり好きじゃないんだよなーと思いながら見始めたけど、まず最初のシーンから、映像が綺麗すぎてびっくり!
カメラワーク一つひとつが私のツボだった。

ラストの織田信長の想いを、セリフに頼らず表現していて、それでも理解できるくらい、いつのまにか信長様ファンになってた。
Pico

Picoの感想・評価

2.5
こういう女子いるよね、的な映画。

タイムスリップ設定は必要か?
堤真一さんのムダ遣い。

ホテルの他のお客様が何かと面白い。
Takakura

Takakuraの感想・評価

3.5
綾瀬はるかのびっくり顔?を見る映画
思ったより内容うっすくて、歴史観なし。
最初の倒錯するシーンはリンクしてるのかわかりにくかったと思うのですが。。

綾瀬はるかは人をイライラさせる演技の天才。
うめ

うめの感想・評価

3.7
ぶりぶり〜ぎっちょううぅぅぅ〜
って言いたくなるねw
ただタイムスリップするだけかと思いきや行ったり来たりするとこが新鮮やなって思った。
ペコ

ペコの感想・評価

-
一瞬で観終わった
蘭丸、キュート!
>|