本能寺ホテルの作品情報・感想・評価

本能寺ホテル2017年製作の映画)

上映日:2017年01月14日

製作国:

上映時間:119分

3.2

あらすじ

時は1582年。天下統一を目前に控えていた織田信長(堤真一)は蘭丸(濱田岳)、大塚(田口浩正)ら少数の家臣団と共に京都・本能寺に滞在している。冷酷非道なお館様を前に、戦々恐々とした日々を過ごす家臣たち。そんな時、風変りな女(綾瀬はるか)が一人、寺に迷い込んでくる。噛み合わない会話を繰り広げているが、その女・繭子は400年後の未来から来たと言う。泊まっていたホテル(本能寺ホテル)のエレベーターが1…

時は1582年。天下統一を目前に控えていた織田信長(堤真一)は蘭丸(濱田岳)、大塚(田口浩正)ら少数の家臣団と共に京都・本能寺に滞在している。冷酷非道なお館様を前に、戦々恐々とした日々を過ごす家臣たち。そんな時、風変りな女(綾瀬はるか)が一人、寺に迷い込んでくる。噛み合わない会話を繰り広げているが、その女・繭子は400年後の未来から来たと言う。泊まっていたホテル(本能寺ホテル)のエレベーターが1582年と繋がっていると・・・。 繭子は自身も訳のわからぬまま信長と小姓・森蘭丸との交流を深める中で、次第に信長の人間性に惹かれていく。やがて繭子は、1582年の迷い込んだその日が「本能寺の変」が起きる前日である事に気づき—

「本能寺ホテル」に投稿された感想・評価

親分

親分の感想・評価

3.0
プリンセス トヨトミを観た人であれば 監督・脚本 同じだから それほど期待しない。
結論から言えば・・・ やっぱりね。。 のレベル。
本気でやる気さえあれば 和製版インフェルノみたいなものでも作れそうなものだと思うが そこまで情熱を持って心血注いじゃおう! なんて監督や脚本家は日本には いないんだろーな。

中2の娘が観たいと言うので
歴史に興味を持つ入り口になればと思い鑑賞。
観終わってから 本能寺の変のこと、その後の織田家のこと、などなど 娘から質問があった。
それだけでも 価値はあったかな?

オレ個人的な満足度は 綾瀬はるか だけ。
tamago

tamagoの感想・評価

2.9
タイムスリップ系のファンタジー
綾瀬はるかと濵田岳かわいい
nana

nanaの感想・評価

3.0
素敵な織田信長。
ogcfc

ogcfcの感想・評価

2.5
20180211/BS
Thomas

Thomasの感想・評価

3.2
綾瀬はるか見たさに鑑賞も内容的には一度で充分だけど、綾瀬はるかの可愛さは鉄板だし、堤真一の信長は似合ってた。

ストーリー云々よりも劇中の名言がとても印象的。
『やりたいことに大きいとか小さいとかない。
やりたいか、やりたくないか、やるか、やらぬかだ』
綾瀬はるかが出ているだけで点が甘くなるのですが、これはちょっとなあ。よくありがちな、ゆるゆる邦画という感じ。

タイムトラベルもののよさもあまり感じられず、戦国時代と現代っ子の対比もイマイチ。堤真一は好演していたが、信長をちょっと美化しすぎなのも気になった。逆に明智光秀はかんぜんなる悪役。

CGは邦画クオリティで雑。ただ戦国時代のビジュアル的な再現にはけっこうお金かけてると思った。
ミステリー物かと思ったら…って感じでした。でも個人的にはああいう過去と未来がリンクしてコミュニケーションがうまれるみたいな構造は結構好きです。それにしてもアレだと光秀若すぎだろう…。
あこ

あこの感想・評価

3.6
笑えるところが多かった
>|