本能寺ホテルの作品情報・感想・評価

本能寺ホテル2017年製作の映画)

上映日:2017年01月14日

製作国:

上映時間:119分

3.2

あらすじ

時は1582年。天下統一を目前に控えていた織田信長(堤真一)は蘭丸(濱田岳)、大塚(田口浩正)ら少数の家臣団と共に京都・本能寺に滞在している。冷酷非道なお館様を前に、戦々恐々とした日々を過ごす家臣たち。そんな時、風変りな女(綾瀬はるか)が一人、寺に迷い込んでくる。噛み合わない会話を繰り広げているが、その女・繭子は400年後の未来から来たと言う。泊まっていたホテル(本能寺ホテル)のエレベーターが1…

時は1582年。天下統一を目前に控えていた織田信長(堤真一)は蘭丸(濱田岳)、大塚(田口浩正)ら少数の家臣団と共に京都・本能寺に滞在している。冷酷非道なお館様を前に、戦々恐々とした日々を過ごす家臣たち。そんな時、風変りな女(綾瀬はるか)が一人、寺に迷い込んでくる。噛み合わない会話を繰り広げているが、その女・繭子は400年後の未来から来たと言う。泊まっていたホテル(本能寺ホテル)のエレベーターが1582年と繋がっていると・・・。 繭子は自身も訳のわからぬまま信長と小姓・森蘭丸との交流を深める中で、次第に信長の人間性に惹かれていく。やがて繭子は、1582年の迷い込んだその日が「本能寺の変」が起きる前日である事に気づき—

「本能寺ホテル」に投稿された感想・評価

親分

親分の感想・評価

3.0
プリンセス トヨトミを観た人であれば 監督・脚本 同じだから それほど期待しない。
結論から言えば・・・ やっぱりね。。 のレベル。
本気でやる気さえあれば 和製版インフェルノみたいなものでも作れそうなものだと思うが そこまで情熱を持って心血注いじゃおう! なんて監督や脚本家は日本には いないんだろーな。

中2の娘が観たいと言うので
歴史に興味を持つ入り口になればと思い鑑賞。
観終わってから 本能寺の変のこと、その後の織田家のこと、などなど 娘から質問があった。
それだけでも 価値はあったかな?

オレ個人的な満足度は 綾瀬はるか だけ。
ぱーる

ぱーるの感想・評価

3.8
織田信長は、有名な戦国武将であり、
多くの作品で様々な描かれ方をしますが
今回の作品は私が思い描いた信長そのものでした。
無慈悲で鬼のような性格の信長ですが
どこか大将としてついて行きたくなる。
上に立つものとしての格好良さがある。
そんな信長を描いた素敵な作品でした。
森蘭丸もいい役でした。
poohhtann

poohhtannの感想・評価

3.3
歴史として
これはありえないでしょう
っていうところもありますけど

ユーモアがあって
この映画の織田信長の描き方は好きでした


戦国時代という 遥か昔に生きていた人の
人柄を私たちは文書からしか読み解くことしかできなくて
それが真実かなんかわからないからこそ
歴史上の人物っていうのは
違う人が描けば 絶対違う人物像、その人のイメージする人になるわけで
そういうのを鑑賞して 自分の思うその人物とのギャップを考えるのはとても面白いです

綾瀬はるかが 相変わらずいい味を出してくれてました やっぱり大好きな女優さんです
わたし

わたしの感想・評価

3.2
綾瀬はるかが可愛かった
深みとか感動とかはあまりない笑

可愛くてカッコよくて綺麗な、気軽に観れる作品。

綾瀬はるか、好きです。
スズ

スズの感想・評価

3.7
けっこうよかった
woodyduffy

woodyduffyの感想・評価

2.7
普通に面白い
堤真一の信長は合っているし、綾瀬はるかも演技が上手
のりか

のりかの感想・評価

2.5
別に面白い!!て感じじゃなかったけど、昔の感じとか京都の感じとか趣深くて良かったですね。
honoka

honokaの感想・評価

3.5
綾瀬はるかだから成り立つ。
>|